コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ヤマシタトモコ 『ドントクライ、ガール』

ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)ドントクライ、ガール (ゼロコミックス)
(2010/07/09)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


ライフ・ゴーズ・オン。がんばります。

表題作、ドントクライ、ガールと読み切り、「3322」収録。
なんていうか、こんなに不意打ちでツボに入った体験は初めてです・・・。
なんだこの落差。。大馬鹿&シリアスの超二刀流。
勤務の前日に読み始めたのが運のつき。あまりにツボって読み返しすぎて、大幅に睡眠時間削られました。(4時起きなのに)

ドントクライ、ガール・・・
おバカな両親のせいで、その親の知人宅に居候するはめになった女子高生、たえ子。
居候を快諾し、出迎えてくれたのはイケメンで気のいい、だけど裸族の男・舛田。
舛田のハイパー天然裸族スタイル生活を前に、たえ子の17年間かけてつくりあげた価値観は玉砕しまくり。
それでも猛然と舛田スタイルにツッコミを入れまくるたえ子だったが、舛田の友人らしい友人・一見まともなパティシエの陣内(ただし、台詞にやたらモザイクがかかる)も参戦し、事態はますます混迷を極め・・・・・・。

究極のイケメン変態2人にキレのいいツッコミをぶちまけては玉砕する(2人ともものともしないため)たえ子を遠巻きに応援したくなること必至の超おバカ話。シリアスな話でもあるはずなんだけど、なんせ常に裸族の舛田がいるもんだから、どこがどうシリアスなのかわかんないという。。

おまえは本当に服を着ろ(中略) あとそっちのおまえは(中略) 何かの比喩表現のつもりか
あと本当に服を着ろ!!
ケンカのときはこっちこそ言いすぎてすいませんでした
今後ともよろしくですこん畜生!!


せめてパンツをはけ・・・


変態バカ2名に囲まれてとうとうプッツンしたたえ子の長い長いツッコミ爆弾も爆笑ものでしたが、さらにツッコミのしすぎで燃え尽き、オーバーヒートしたたえ子を涙ながらに抱きしめるために、脂汗流して服を着る舛田がもーツボでした。

涙ってどういうときに流れるものだっけ?
まあいいか。

がんばります。


終盤の(たぶん後ろに虚無が見える)たえ子の独白。
泣くに泣けないこの状況。あーもうがんばってください・・・(遠い目)としか言えない、これ。。
たえ子姐さん、お疲れ様です。

3322・・・

学校に行きたくないと言ったら、父親が困った顔で、「知り合いのところで暮らして」みることを提案してきた。
さぞやいやな熟女が出てくることだろうとうんざりしてた哉子(かなこ)の前に現れたのは、
「山中に隠居」している2人の若い女性、ドッグブリーダーの瑤子。会社を辞めて、瑤子をあてにして来た千代子。
「仲良いんだね」ふとそう言った哉子に千代子は言う。

・・・でも瑤子は人間よりも動物のほうが好きなんだから
・・・・・・ね


とっさに感じた感情にうまく名前をつけられない哉子。
そしてある出来事を境に、千代子は、そして瑤子も、哉子から離れていく。

どうして

どうして大人は秘密ばっかり


傷つけまいと秘密をつくるほど言葉がわからなくなり、いつか口にできない感じられない言葉は、絶えずこの身を蝕むように押さえつける。そんな中“秘密”に触れた哉子が、親元に戻る日がやってきた・・・。

残酷だなあと思った。けれどラスト、哉子はやっと自分の気持ちの名前を手に入れる。
気持ちを知ることは、秘密を知ることは、たぶんきっと、自分を知ること。

・・・それにしても、こんな毛色の正反対の2作を並べるってすごい度胸?だなーと思ったけど、ありだよなとも思います。

かたや変態2名、かたや触れられない奔放さ、厳しさをもつそれぞれの大人。
自分のペースでひたすらつきすすみ、自分の判断だけで隠し、ときに自分を傷つけて、そのうえそれ以上に他人を傷つけて見失ったりするけれど、ここにいる大人は、目の前で傷つくものを見捨てることはしないし、できない。

・・・やさしいのだろう、たぶん。

言い切れないけど、最後は、そんな気がしました。

特に舛田は、服さえ着れば・・・・・・。
(そんな舛田相手に、「イニシアチブとったどー」と内心つぶやけるまでになったたえ子姐さん、さすがでした。グッジョブすぎて、めちゃ笑いました)

ヤマシタトモコ 『ドントクライ、ガール』 リブレ出版 ゼロコミックス
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ヤマシタトモコ 『BUTTER!! バター!!(1)』(~続刊)

BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)BUTTER!!!(1) (アフタヌーンKC)
(2010/07/23)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


「大丈夫 支えてるから」
「ほら 行け!!」


運動センスゼロなのに、今度は社交ダンス漫画です。
前に読んだ『HER』がすごく好きだったのと、今更だけど自分はヤマシタさんの絵が好きみたいです。あとは中村明日美子さんとか。
というか最近仕事帰りに必ず本屋で散在するくせができてしまい(ぶちストレス・・・。向いてないのかも)、けがの功名でこんないい本にも会えたり、財布がますます軽くなったりしている小津です。

高校入学を果たし、念願の携帯と部活に入ることになった元気女子・夏。
さあいよいよ念願のダンス部へ!カッコいい男子とヒップホップダンスを踊り「マイメン」「シス」と呼び合える仲へ!
と、入部届を出し元気よく部活に初顔だしをすると、そこはダンスはダンスでも、全国でもほとんどないという社交ダンス部。
あっけにとられる夏だったが、副部長(実質部長の超クールビューティ)・二宮和美にエスコートされ初めての社交ダンスを体感し、想像以上にハードなその体験に、すっかり社交ダンスの虜に。
あらためて入部を決意した夏だったものの、同学年の入部生は個性派ぞろい、そして何より男女ペアの社交ダンス、その相方が、超ネクラのひねくれ男子で・・・・・・。

・・・「社交ダンス」というと優雅でいっけん退屈にも思えるかもしれませんが
本気でやれば十分ハードなスポーツです


と二宮副部長のいうとおり、ステップや回転のテクはもちろん、音を聞く、相手の呼吸をよむ、エスコート等、身身体と五感をすべてフル活用して臨むこの“スポーツ”は、ヒップホップダンス目当ての夏や、いっしょに入部した宝塚ファンのイケメン男子はもちろん、猫背矯正のために入ったメガネ女子のこころもいつの間にかぐっと掴んで離さない。二宮副部長とのダンス、早い回転の中で思わず「バターになっちゃいそうです!!」と叫んだ夏はもう、社交ダンスの思いもかけない魅力に出遭えたことがとにかくうれしいばかり。けれどそんな中。

興味ね・・・・・・

ひとり震え声で浮いているネクラ男子、端場(はば)。
もともと本意どころか別の男子からの嫌がらせで入部させられた端場は、動揺と不機嫌とイライラを部活内でもぶちまけて、社交ダンスにも周囲にも「・・・必至かよ。ウケる」等々、斜に構えて敵意まるだし。

みっともないね 端場くん

そんな端場の態度が許せない夏は、ペアだというのに早くも端場に対して臨戦態勢。
端場だって根っから社交ダンスをバカにしているわけではないのに、会話べたで強がりで、そしてたぶん怖がりで、斜めにかまえたまま体勢も立て直せず、嫌がらせの張本人の影にもおびえながら、ずるずると部活に出続けるだけの毎日。

端場くん ダンスって楽しいと思わない?

そんな端場をさらにどん底に叩き落とす事件まで起こるのですが、そこから脱する場面がめちゃめちゃ好きです。
嫌がらせを愉しめるようなやつの愉しさに、たとえそいつの目の前で冷や汗だらだらな状態でも、仲間と踊れる楽しさが負けるいわれはないですし。
実際に社交ダンスをされてる方にこの漫画がどう映るのかも気にかかりますが、ここはなんか、すごく背中押してもらえた気がする。夏にも、社交ダンスにも、端場くんにも。

いい具合にサッパリしてて、すんごく読みやすいし、そして何よりおもしろいです。
新しい物語に会うっていうのは、ほとんど新しい世界を知るきっかけとおんなじなんだなーって感じる逸品。
それと月並みですが、ほんとの仲間っていいですね。そんな大好きな仲間にさえも近づけない自分もいたりしますけど、それでも。
非常勤のほうの給料出たら、3・4巻を買いに行きます。

ヤマシタトモコ 『BUTTER!! バター!!(1)』 アフタヌーンKC
コンテントヘッダー

ヤマシタトモコ 『HER』

HER (Feelコミックス)HER (Feelコミックス)
(2010/07/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


女は醜くて 
男は愚かだ

でもそんな醜さを
そんな愚かさを
――愛さずにいられるわけがないのだ
ぼくらは


「オンナたちの本音を描く 可憐で獰猛な全6編の連作オムニバス」

どこにでもありそうな宣伝文句に、
表紙から見ればなんだかポップでフランクな印象なんですが、
意外とえぐります。そういうのが、すごい巧いです。

特に白髪のレズビアンの写真家と女子高校生の話と、ワンナイトを繰り返す地味女の回は好きです。
とりあえず全話さらっといきますね。

ケース1・・・
あたしはそんな彼女たちをさしおいて世界中の男から愛されるような靴をはきたいのです

自分のほうが美しいし素敵な靴をはいている
けれどあなたがあたしを好きになったらあなたを選ぶ準備はできていた男子から選ばれなかったし、
後輩男子からはこわい靴をはいているとぬかされる
選ぶ準備はできているのに、あたしだけが選ばれない
そんなあたしに、最後のほうで近づいたのは・・・・・・

スマートなのに率直です。好かれたい、愛されたい。
モテルックには反吐が出るけど、実際問題選ばれないといううまくいかなさ。
そんなあたしに現実ってのは限りなくやさしくなくて、でも時々ちょっとおもしろいことをするんですね。

ケース2・・・
たとえばわたしが年をとって ひとりでどれぐらいさびしかろうと ひっかかるまいこの男(ひと)だけには

美容師である自分の客は、毎度モテ自慢を繰り返す、その性癖で、職場ではビョーキ扱いされるような男。
相槌を打ちながらも、ぜったいにこの男にはひっかからないと思う。けれど。

もしかしてこのままひたすら働いていずれ一人で死ぬんじゃないか
そう思うと、見え見えのジョーカーに手が伸びそうになる不穏の気持ち。
そんな中来店した女性客は、あの男が妻にプレゼントしたというペンダントを飾ってて・・・

いろんな意味で、いろんな邪推であー危ない・・・ぐらつくぐらつく、こんな橋渡りなんかしたくないしジョーカーだってひきたくない。
けれど・・・ってところから抜け出すラストシーンが好きです。
にしてもこの男、自慢がほんとに気持ち悪い・・・・・・美容師さん、お疲れ様です。。

ケース3・・・
・・・だから安心しなさい 
・・・あと何万年生きたって悩まない日はないし
誰が隣にいても孤独じゃなくなる日は来ないから

・・・・・・安心?

隣の白髪の写真家のキスシーンを目撃して以来、レズビアンであるその女性が気になって仕方ない高校生処女。
とにかくフツーの枠内でいなければ排除される世界の中で息をしてるのに、そのひとはあたしの決まりとはなにひとつ一致しなかった光景の中でフツーの顔して生きている
フツーじゃないのはこわいこと。そのフツーを逃した高校生に彼女が言った言葉の意味は・・・

「貧しい友だちだね」とだけ言うような大人がいるのは、すごくおもしろいことなんだろう。
「あまねく世界の呪い」の中で、それを体得しながら、息をすることを生きることに変えてゆけたらいいのですけどね。

ケース4・・・
噛み砕きも吐き出しもできない飴玉のように
秘密はもう19年も口の中を転がっている

あのときのお母さんみたいな女の匂いとか
だからおしゃれもお化粧も
でも性欲はあんのよ
くそったれ

目が覚めて、隣には見ず知らずの男が寝ている。またやっちまった。でも繰り返す。
飴玉が口の中でじゃりっとなるときもあるけれど、飲み込まないし吐き出さない。くだらない切り札。
職場関係の女子に誘われるも断って、実家暮らしなのに一人酒というルートをたどってたまたま行き着いたのは、
なんとついこのまえのワンナイトの男が切り盛りしている店で・・・・・・

少なくとも本人にはシリアスな話なのに、重苦しくなくつるっと読めました。
とりあえずそこに行き着くまで、変なのに遭遇しなかっただけでもよかったですね。
それにしても。「娘に訪れるすべての幸福も災厄も母親に由来する」と、
この台詞、さりげなーくヘビーパンチですね・・・。

ケース5・・・
はじめから
はじめからキライでした
・・・嘘
とてもすきでした

知り合った彼氏の女友達は、可愛い可愛いと言われる、そういってもらわなければ何もない自分になにひとつないものをたくさん持っていて、裏表も悪気もなく、育ちの良い顔をして笑っている。
ずるいずるいずるいずるいずるいずるい・・・・・・
その気持ちはキライですきなぶん、とめどもなく、崩壊して目の前の女を呑み込んでいく・・・・・・

「女なんて全員きらい」

(誤解曲解その他を承知で、同じく、と書いておきます)キライだけどすき、すきだからこそキライ。すきとキライは表裏一体を経由してたどり着いた同一なんでしょうね。人間がちがっていいところもあるけど、それしか見えないならそりゃ盲目です。さすがにこんなファイトを吹っかけられるのはごめんですけどね。この前先輩と深夜までしたケンカは、めちゃくちゃおもしろかったですけど。

ケース6・・・
・・・女のひとってずるい ・・・超ずるい!

などと言ってしどもどしてる男子と、ニヤッとしてる女子の居酒屋帰りの帰り道の歩き話(ケース5に遭遇したうえで)。〆にとってもいい話です。(オチも好きです)

ああほんと、女は醜く男は愚か。そういう自分は醜く愚か。
だけれどもそれを愛せるようには、(個人的には)ならないだろうけどなってもそんなに悪くないかも。
なんかそれぞれそんな許しポイントがあるようなお話じゃないでしょうか。

・・・さて。まとめます?まとめましょうかね。

タイトル、HERは、じつは「Hate or Envy somebody. Rude gilrs, who must be loved」の略だそうです。
(ハーとも読まず、ヘル(地獄)の当て字か?と思ってた自分は、やっぱしアホなんだなーと思う今日)

女子さんターゲットなんて狭いこと言わないで、男子さんにもひろく読んでほしい話ではあるけれど。
わからなくてもわかってもいいけど(でもわかんねーですよね、人様のことですから。そんなこと、そういえば前記事紹介本にもありました)、読めないなんてのがいたらまず友達になれないような気がする。

とは言いすぎですが、人間ってめんどい生き物だよね、めんどいけど時々おもしろいよねって笑いあうひとがほしくなります。
なかなか好きです。かなり売れてるみたいですし、この際書店で見つけたら即お求めをオススメします(笑)

ヤマシタトモコ 『HER』 祥伝社Feelコミックス
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。