コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

飛鳥井千砂 『はるがいったら』

はるがいったら (集英社文庫)はるがいったら (集英社文庫)
(2009/01/20)
飛鳥井 千砂

商品詳細を見る


ハル ―――。行はどうするつもりだろう?
この間の行との会話を思い出す。「もういつ死んでもおかしくない」と行は言った。
ハルに会える最後のチャンスかもしれない。
この部屋に、尿の吸収シートを敷き詰めるところを想像した。
無理ではない。
 (2章「ハルを迎えに」)

いつのまにかもう何度も読み直していて思うのは、何度か噛みしめてじっくり味が出てくる本です。

めちゃくちゃ好き、というわけではないんですが、いつのまにか手元にはずいぶん長くあるなぁという感じです。
老犬介護、というめずらしい場面を扱いながら、じつは・・・という、ちょっとめずらしい物語。

園(その)と行(ゆき)は、両親の離婚を期に離れて暮らす姉弟。
けれど姉弟で性格はぜんぜんちがい、社会人で、自他ともに対し完壁主義であるが、婚約者のいる幼なじみと不毛な関係を続けている姉、園。
対し、弟の行は、「冷めた」性格というか、何事もそんなもんだろうと抗わない、けれどそんな自分の性格に、こんなのでいいのか?ってなったり、進路や、ときに友だち関係に悩んでいる高校生。
そして、今は弟、行の部屋にいる、姉弟とともに生きてきた、今では寝たきりの老犬ハル。
ある日、病弱の行が入院し、ハルは行の部屋から園のアパートに移ることに。
傍らにいる、あるいは傍らにいた老犬ハルの介護の合間、ふたりが抱える問題は表出し、ふたりを悩ませる。
そんなふたりに訪れた転機は―――。

主人公である2人の姉弟、それぞれの一人称で語られる物語です。

姉の園は自分にも他人にも完全主義で、(心の中での)同僚のファッションチェックや、母親に作ってもらった弁当に文句をつける同僚に対しての、それはちがうでしょう?という指摘とかが、けっこういつも頭をめぐっている。
それと同時に、自分に対しても、例えば一日のスケジュールは必ず遵守したり、摂取カロリーは自分で設定した範囲内に必ず収めるとか、行曰く「自分を追い詰める」し、「自分の決めた行動の内容が大事だから守るというよりも、何かを決めて、それをしっかり守るために頑張るという、行為そのものが大事」。

弟の行は姉の園とはちがい、園曰く「若いのに落ち着きすぎ」、「熱くならない、怒らない、泣かない」、そんなところがあり、本人もそれが気になっている。
我慢している、というわけでもなく、ほんとに自分でも「冷めている」というようなそんな性格なのだけど、それがなんだかちがうような気もして、それはそれでそんなものかと思うけれど、やっぱりなんだかな、というような。

そんなふたりに、それぞれの抱えることに直面せざるをえない出来事が生じる。
園に対する正体不明の人物からの誹謗・中傷。じつは何のためなのかもわからない、幼なじみとの関係。
高校3年の行が直面する、進路の問題。その選択をめぐり(というより、進路に対する行の気持ちをめぐり)、仲の良い、信頼できる女子友達との、初めてのケンカ。

それぞれ問題と向き合う、対峙するふたりの隣にいるのは、寝たきりのハル。
元捨て犬で、春に子どもだったふたりに拾われたから、ハル。
今は自分で起き上がることも排泄することもできないハルが、それでもふたりのそばにいるし、いなくても、いる。

私にはハルがいる。そう思っていた。どんなに他人から嫌われても、ハルは必ず私を受け入れてくれる。
今だって変わらないはずだ。ハルの体を撫で続けた。
 (6章「シンプルイズベスト」)

ハルが死んでしまったら、今のこの不自然な気がする部屋毎日帰って来ることになるんだな。そして俺のことだから、すぐにそんな状態にも慣れてしまうんだろうな。 (8章「お隣さん」)

そんなことを時折思いつつ、ふたりは悩み、もがき、そして物語は動き始めます。
(ふたりが対峙する問題や悪意にも、なにかしらの難しさがにじんでいるのがまたきつい、けれどふたりは進んでゆく、その過程がリアル)
人間って・・・・・・どうしてこう妬ましいんでしょうね。

と書きつつも、物語にハルが登場するシーンはそんなに多くはないし、出てもたいていは眠ったまま。
でもときどきその名前が出てくるときに、ほんの些細なことだけど、園と行のなかにいる。
いないのに、いる。うちにも犬がいるからなのか、この気持ちは入り込みすぎずシンプルに、けれどすごく掬ってる気がします。(ハルの介護にしても)

そして終盤。
タイトルにあるようにハルはいってしまい、少しずつ変化したふたりと、いつのまにか集まっていた何の必然性があるのかわからないような妙なメンツに見送られる。
そのとき、涙腺とかじゃなくて、なにか奥底を刺激したり、しみこんだりします。

「どこかが行き過ぎで、何かが足りない」 (出版社/著者からの内容紹介より) 

だれかが抱える生きにくさ。
それならどうしたらいいって、それでだれかに出された答えだってもしかして、「どこかが行き過ぎで、何かが足りない」代物なのかもしれません。
ならば自分で、けれどだれかなにかの想いにつながりながら、進んでいくのかもしれませんね。

さらーっと読もうと思えばそれでもおもしろく読めるのでしょうが、そんな読み方はしてほしくない本。
人それぞれ抱える世界観がちがうのでしょうが、どこかで一度でも噛み締められれば、たとえば何度目かに読んだいつか、どこかでしごく極上の物語になるんじゃないかなと思っています。

それにしてもこの表紙、どうしてこうもぴったりなのか。
単行本持ってましたけど、おかげで文庫まで即買いしてしまいました。

飛鳥井千砂 『はるがいったら』 集英社文庫
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。