コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

いけだたかし 『34歳無職さん(1)』(~続刊)

34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)34歳無職さん 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2012/02/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る


先月勤め先がなくなった

再就職先など気遣ってくれる口もないではなかったが
まあいろいろ思う所あって一年間何もせずにいようと決めた


そんな34歳無職の女性(一人暮らし)の、
特売の前の日に卵を買ってしまったり、ゴミだしを忘れたりボロ掃除機を買い替えようか悩んだり、そんなめちゃめちゃふつーの、きまじめにつづく毎日をつづる不思議本。

タイトルはじめて見たとき、とっさに「10年後の自分」を思い浮かべたのは、さあ何人。。
と、それは(こわいので)置いといて。

仕事がないとこれぐらいしか定期イベントがないというゴミだしすらも、寝坊で出しそびれたり、長い昼寝から覚めて体内時計は昼のまま、近所の人から夕刻に「こんばんは」とあいさつされたり。
合間合間に、「こうして真人間の資格を失っていくのか・・・」とプチ自虐が入ったり。
そんなことを考えた後、本屋さんで申し訳程度に社会参加(本購入)したり。

仕事をしていなくても
色々おっくうになる時はある


逆のきつさというか。
自分で決めた無職という立場で、ああでもなくこうでもなく、だからといってどうなりたいということもないままに、毎日地味に、けれどじつは壊れた掃除機は補強したり、100円ボールペンは最後の最後まで使い切ろうと奮闘したり、うまく特売の品を買う方法を考えたり、包丁を研いだりと随所きまじめに生活している無職さん。
なまじきまじめに生活されるので、無職と聞いて浮かんだ、自堕落だとか、焦りだとかのキーワードがぼやけて意味を結ばないというか、なんかどれもあるんだけど、どれもちがうというか。
じゃあ何もないの、というと、やっぱりそうでもない。

不安になったりしないの?

・・・んー

まぁ不安もなくはないけど・・・
それよりか

なんとなく世間に申し訳なくは思う


いっしょに外食した友人から聞かれて、ぽつり。
それでも選んだ1年間の無職を、それに伴う苦楽すべて引き受けて、きっちりと責任もって経験してる気がします。
変な言い方ですが、まじめに無職をするという意思を持つのも、けっこう大変なのかも。

んー
うまいっ


コンビニで逃したおでんを自宅で手作り。ついでにビールとあわせて至福の一杯。
なんてことない無職さんの日常のひきこもごも、じみたいろいろ。
思いもかけずちょっとのぞいてみたら、なぜかなんともいえない気持ちになりました。

いけだたかし 『34歳無職さん(1)』 MFコミックス (メディアファクトリー)
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。