コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

杉浦日向子 『4時のオヤツ』

4時のオヤツ (新潮文庫)4時のオヤツ (新潮文庫)
(2006/06)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


四時って、半端だ。午前にせよ、午後にせよ。
深夜でも、明け方でもない。昼間でも、夜でもない。
夜明け前、そして、黄昏れ時。そんな、半端な時間に、ふと、口寂しくなる。


読みかけの本をナオさんちに忘れてきてしまい、
手持ち無沙汰なのでバイトの帰り、大雨の中、古本屋で購入。

4時のオヤツ、というなんだかそれだけでおもしろそうな、
こってりふんわりしたおかしみたっぷりのタイトル。
そんでこんな美味しそうなカバー写真なんて撮られた日には、こりゃあ少々金欠気味でも、買わずにゃいられませんでしょう!(あんただけだ)
 
たい焼き、豆かん、クリームパン。 
シベリア、せんべい、桜もち。
まんじゅう、サバラン、草餅に、ザッハトルテに佃もち。

33のオヤツをはさんだショートストーリー33編と、
33のオヤツをはさんだ写真を納めた、すごく美味しく、可愛らしい一冊。
こんな本が手元に一冊あると、なんかすごく安心できそうな気がする。

もうひとつ見所は、そんなオヤツ片手に、片隅に、語り合うひとたちのショートストーリー。
親子だったり、恋人だったり、友だちだったり、お客だったり。
いろんな間柄のひとたちの間に、ちょこんといるオヤツたち。
そんな中で一番好きなのは、逃げ出した飼い犬を探す父娘のお話でした。(『清正の酒饅頭』)
泣きそうな小さな娘と、なだめながら父親が包んでもらう、屋台の酒饅頭。
小さな娘の大きな心配と、やさしくのんびりなだめすかせる父親の会話。 

「あの、お饅頭二人前お願いします。それからすいません、この辺で迷い犬、見かけませんでしたか。(略)」
「クミコ、拾ってきたんです。育てたのはお母さんだけど。名前はチャボです。噛みません」
「あと、お土産に十個包んで下さい」
「チャボ、あんこ好きだったね。あんまんとかさあ。ばかだねえ、いれば分けてあげるのに。どこいるんだろ。家出なんかして。家、嫌いになっちゃったのかなあ。ゆうべ、お母さんのエナメルの靴、ぐちゃぐちゃにして、叱られたからかなあ」
「そうじゃないよ。ガールフレンドのとこだよ。おなかすかして、じき帰ってくるよ」


こんな感じでふらっと出てくる会話にオヤツのあんばいが、もうたまらなく、いい。
なんか夕焼け小焼けが似合いそうな、とっぷり暮れた昭和の空気。
(物心つくころには平成だったけれど、この空気感はどうしても「昭和!」としか思えない。不思議)

それでいて、ゆるやかばかりでもない。
だって33ものだれかの日常だから、どきりとするような言葉も、ぞくりとする瞬間もある。

「希望なんかアテになんないよ。希望って、所詮、マレなるノゾミじゃない。めったにないノゾミなんか。宝くじじゃあるまいし、そんなモンに、いちいち一度きりの人生、賭けてらんないよ」
「でも、それが大人になる事だったら悲しすぎる」
 (『仙台・賣茶翁のみち乃くせんべい』)

「なにもそんなに力まなくても。ねえ、お代わり貰えるかな。なんにもせ、末世の東京で、こうして、ひなたくさい土の実りを味わえるなんて、ずいぶんそうとう、しあわせってもんじゃないのかな」
「むりにしあわせと思い込むこたないよ」
「しあわせと思おうよ。で、とりあえず酔おう」
 (『小布施堂の栗鹿ノ子』)

著者の杉浦さんは、46歳で下咽頭がんで逝去してしまったそう。
「最後まで前向きで明るく、人生を愉しむ姿勢は変わらなかった」とも。

こんなひとになれるものか、となんだか読後、つくづく思った。

杉浦日向子 『4時のオヤツ』 新潮文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

杉浦日向子 『一日江戸人』

一日江戸人 (新潮文庫)一日江戸人 (新潮文庫)
(2005/03)
杉浦 日向子

商品詳細を見る


時代劇や落語でお馴染みのベランメエ集団「江戸ッ子」ですが、その実態は、意外と知られていません。

江戸人は生涯アルバイター?、江戸の奇人変人の数々、将軍さまの意外に「こんな暮らしはごめんだよ」的な日常、天下の悪法「生類憐れみの令」の意外なご利益、江戸人の蒸し暑い夏の過ごしかた、ちょっと可笑しな怪談話から、お手軽絶品江戸料理、etc・・・。
読んでびっくり、江戸ってこんなにおもしろかったの?!(いや、マジで)

とあるサイトさんでものすごくオススメされていたので気になって、そのくせ「江戸時代ってどーせ侍ばっかでしょーが、ホントにそんなのおもしろいの?」って思いっきり斜めに構えながらも、試しに読んでみたらとっても面白かったです。
文章だけでなく(説明文という感じではぜんぜんなくて、そこらで立ち話してるような軽くて気楽で、可笑しい文章)小洒落たイラストつきなので、パラパラ見ているだけでもおもしろいです。

つかれたらちょっと1日、この本1冊だけ持って江戸で遊んでくるのいいかもしれませんね。

ところで、「江戸の三男」(娘たちだけでなく男も惚れる男)とは、火消しの頭、力士、与力のことだったそうです。

火消しの頭、あーこれはまあわかる。
力士、うん、これもなんとなくわかる。
与力。って、あれ、与力さんってお役人じゃなかったけ?
お役人でありながら江戸人に愛される、そのわけは?

読んだらわかります。
「あーそれならそうだろね」って、きっちり納得できます。

とにもかくにも、月見さんみたく斜に構えず、一度手にとってみることをオススメします。
なんかね、江戸人さんたちの元気に触れて、つかれがほんのちょっと、軽くなる気がします。

杉浦日向子 『一日江戸人』 新潮文庫(小学館文庫版もあり) 
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。