コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

木地雅映子 『氷の海のガレオン/オルタ』

氷の海のガレオン/オルタ (ピュアフル文庫)氷の海のガレオン/オルタ (ピュアフル文庫)
(2006/11)
木地 雅映子

商品詳細を見る


もう何度読んだかわからないくらいです。

ヤングアダルト文学において、今もなお『伝説』とまで評される1冊。
半信半疑でしたが、一度読めば頷けます。

自らを天才と信じて疑わないひとりのむすめがおりました。斉木杉子。十一歳。―わたしのことです。(『氷の海のガレオン』 表題作)

想像してください。あなたは今、小学校一年生。六歳の女の子です。(『オルタ』 書き下ろし)
2作品収録。

どちらの作品においても、『学校』が大きなテーマ。

『ガレオン』では自分を天才と信じる(信じなければならなかった)斉木杉子、そしてその家族。
『オルタ』では、おそらく自閉症である娘さん、オルタちゃんと、「わたし」と夫。
それぞれの視点から『学校』というものが語られています。

ひとまずひとつずつ。まずは『ガレオン』。

『子どものメイン社会=学校』において自らをつらぬくことで、異端者として見なされる杉子。兄、周防。弟、スズキ。
時折杉子が呼びかけるのは、自宅の庭に生えた一本のナツメの大木「ハロウ」。

「おかしいのは、あたしたちなの、それとも日本中がおかしいの」。また三人でパパをじっと見つめた。
「さあね。」とパパは言った。「たぶん俺たちだろ。少数派だもん。」


言葉というものに対して誠実で、だから曖昧にすることができず、あげく孤立し、講談社現代新書や、シャガールの画集を持って学校に向う。
そんな杉子がハロウのもとで流した涙の意味を、思い知らされます。

もうひとつの収録作品、『オルタ』。

著者の木地雅映子さんが、『オルタちゃんのお母さん』として書いた、実際のお話。
おそらくは自閉症の娘と、いつまでも執拗に娘をいじめる男の子。
おそらく、客観的に、そして同時にこれ以上にないほどにその当時の心境を綴ったお話。
たとえば、こんな文章。

オルタには、もうわかっています。自分は学校では、決して守られることとはなく、先生は本当は、傷つけられている自分より、傷つける貴大くんの方を、ずっと心配しているのだと。
大人には、その理由がわかります。今、優先的に手を差し伸べなければならないのは、確かに、貴大くんの方なのです。


そして、オルタちゃんを通じてみた、『学校』というもの。そして、いなくなってしまった子どもたち。

(あなたを、この国の形代になんか、させやしない)

この一言が、どう響くでしょうか。

私の拙い説明ではこのふたつの物語を十分に伝えることはできません。
だからできましたら、みなさんの目で一度確かめてほしいのです。

『氷の海のガレオン/オルタ』は誇張でも何でもなく、この時代に暮らす私たちに、きっと必要な本です。

木地雅映子 『氷の海のガレオン/オルタ』 ピュアフル文庫
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。