コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

豊島ミホ 『陽の子雨の子』

陽の子雨の子 (幻冬舎文庫)陽の子雨の子 (幻冬舎文庫)
(2010/04)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


「この人、あなたと同じくらいの年からウチに居るの」
起きてしまった事故についてたんたんと読み上げるアナウンサーのように、雪枝さんは言った。
「あたし、この人に飽きたの」「だから、この人のこと玩具にして、夕陽くんと遊ぼうかと思うんだけど、どう?」とも、すらすら言った。


雨の日や、そんなときに足元にうごめく灰色の点々が怖い。
そんな中学二年の夕陽が出会った24歳の雪枝。彼女の家には、4年前に彼女に拾われた十九歳の聡がいる。
雪枝に隷属する聡と対面し、その関係に疑問を抱くものの、なお雪枝に関わることを選んだ夕陽。
そして夕陽がいることで、今までの雪枝と聡の不可思議な関係が、少しずつ方向を変え始めるものの・・・。

摑まれたというかなんというか。
べつにザクザク読んだわけでなくスローペースで読みながらも、久々に本を一気読み。
こんなの豊島さんしか書かないよなーと思うと同時に、こんなの豊島さんしか書けないよなーという気がすごくすごくして、休筆が残念です。

中学生男子が知り合ったお姉さんはじつは19歳の元家出少年を住まわせている。

普通に考えればありえないような話で、ともすれば犯罪ものの雪枝の行為ですが、雪枝が飼っているのは聡だけでなく、雪枝自身のうすぼんやりしたつかみどころの無い絶望。
そんなことに気づかないようにしてでも関わることはできたし、実際15歳の聡はそうした。
そうして雪枝と聡の不可思議な関係は出来上がり、4年もの間その生活が続いたまま。
けれど4年後、雪枝に誘われ、関わりを選んだ夕陽には、それが見えてしまう。

「小さな子特有の淋しさ」。それは、「お遊戯室の端で壁にもたれて、みんながはしゃぎまわるのを黙って見ている子のような」、「かまって欲しいのに、かまってと言う相手も見つけられない。ただあきらめて立っているだけの・・・・・・」。

そして、その淋しさに隷属という形で甘んじている聡に夕陽が静かに放つ問い。
それに直面し、混乱するままに夕陽を攻める聡は、けれどある日雪枝の家から姿を消す・・・。
そして始まる、雪枝の語る雪枝の物語を(迷いながらでも)聴いた夕陽は・・・。そして聡は・・・。

自分を自分たらしめてくれるもの、それを求め続けること、利得があるようでいてしている依存に見ないふり、あまりにもちがう世界に踏み込むとまどい、関わっていいのかという迷い。

ある意味人の醜さが詰まってて、同時に人の折れなさがどこかにころんと転がったまま。

ひとつひとつ綺麗でないパーツがけれど重なり重なり、最後にはひとつの像を結びだす。
その像がどうみえるのか、それは読んでいるひとそれぞれなのでしょうね。(豊島さんのあとがきから察するに、そんなに評判は良くなかったようですが・・・)

大げさといえば大げさですが、少なくとも雪枝、聡、そして夕陽のこれからに続くこのひと時に立ち会えたという気がして、さわやかには程遠いですが、不恰好でもしっかりと力のこもった物語という感じです。

たとえ話ですが、沈んでるときにはお邪魔にならないけど劇薬にもなりえるような、豊島さんらしいというか、じつはむき出しの物語です。

豊島ミホ 『陽の子雨の子』 幻冬舎文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

豊島ミホ 『やさぐれるには、まだ早い!』

やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/12/02)
豊島ミホ

商品詳細を見る


今目の前にある光に、思い出の小さなきらめきは呑まれてしまう。
それこそが幸福のパワーなんだろうけど。
 (「初恋の時効」)

久々に、記事を書けるくらいにはなりました。
もしかしたら今年はもう更新しないかもと自分でも思ってたけど(というか読めるかどうかという感じでしたけど)、なんだろ、ダウナーなんだけどなんかいい本でした。
東京都と首都圏の一部で配布されてたフリーペーパー『L25』に連載されてたエッセイを単行本化。
ちょっと寄り道して、昨日の某書店にて。

あ、豊島さんのエッセイ出てるー。。と思って、どれどれー。。とあとがきを見てみる小津(じつはまだちょいとダウナーなのです)。

そして感想→ ・・・・・・オーイ。。豊島さーん。。。

長くなるから書かないけど、なんだか自信ない・・・自信ないよう・・・て感じが力な~く伝わってくるような。。
なんか意外なことに、「売り上げの悪さなんかに絶望」するらしいけど。
「地味」だとか、「ない」ものづくしだってこんなあとがきじゃあ拍車をかけちまうんじゃと、本気で心配になった。。(実際、一度は本棚に戻した。単行本の新刊を買うってのには慎重になる性質)

それでもけっきょく買って、けっきょく一気読みした今なら言えること。
「あとがき」は、ホントに後に読むのが吉。。
紆余曲折しましたけど、うちはこの本けっこう気に入ってます。

かつて「底辺女子高生」だった豊島さんのここ最近。
日記に職業、捨てらんない物、プレゼント一考、彼氏の話、同棲問題、自分のいたらなさ、情けなさ、その他。
前半はけっこーポップに(十年パンツが発覚した彼氏さんに「おま、そのパンツで何人の女♯@*☆×■!」とつかみかかるくだりなんか、本気で爆笑したし、懐かしのKくん再登場!のくだりはちょいと色めきたった)、
けど後半はわりとヘビーかつダウナーに(同棲問題なんか、ずーんときた。。軽ーく使われがちな言葉だけど、そーいやここまで考えれてたっけ・・・)。

川上未映子さんのエッセイなんかも最近では読み始めて、まさに鬼才!奇才!!って毎度度肝を抜かれるような気分なんだけど、うーあーなーんか身にしみるんだよーってのはこっちのほう。五臓六腑って感じじゃなく、どっか片隅にじわっと。

私はただこのまんまの私で、他人に許されたいだけだ。そうして相手にもそのまんまでいてもらうような――言い方は悪いけれども、子ども同士の恋のようなものを、なるべく長く続けていたいだけなのだ。 (家庭の成分)

「使われる」ためなんかに生きてるんじゃない。みんなみんなそうだ。
それをこの歳まで知らなかった私は、多分自分だけじゃなくて、他人にもやさしくなかっただろう。
 (絶望とごはん)

成熟してる立派なひとがいれば、なんだそりゃ!あったりめーだろが!!て感じなんだろけど。うちはなんにもわかってない途中のお馬鹿ものですので、それも、わかったつもりになってたお馬鹿ものですので、あらら、いちいち立ち止まってしまうんです。

・・・・・・な、なんか久々なんに、ダウナー街道まっしぐら。。(いやいや、笑いどころってけっこう多いんだけど、と大慌てでフォロー。・・・愚行。。)
・・・でもこの本、ほんとに読めてよかった。

目線がなんとなしに近いというか同じくらい(同じってのは、そもそもありえないけど。というかこんなこと書くのがかなりあつかましいしおこがましいんだけど・・・)って感じられるひとが、うちなんかが気づけないようなことを、自分にも表せないようなことを、ちゃんとした文章で綴ってくれること。ほぼカタルシス?それを何て呼べばいいのかはわからないけど、必要だろって思う。
ルール厳守でお気に入りの煙草なんざ吸ってても、昔よりはマシにはなっても、自分だけでなにもかも反省できるなんてそんな大人じゃないんです、うちはまだまだ。

同時発売の『リテイク・シックスティーン』は実はもう読了済みで、そちらにもえらくいろいろ揺さぶられたのだけど、そんなことたちはまた後日。

ぐだぐだっていうか、なんか全体的にくたくたしてますが、今回はこれまで、デス。
といって、『やさぐれるには、まだ早い!』のかもしんない。さて?
読んでくださった方、ありがとうございました。

豊島ミホ 『やさぐれるには、まだ早い!』 ダ・ヴィンチブックス
コンテントヘッダー

豊島ミホ 『日傘のお兄さん』

日傘のお兄さん (新潮文庫 と 17-2)日傘のお兄さん (新潮文庫 と 17-2)
(2007/10)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


可愛いだけじゃない。
女の子のむきだしの想いが胸をしめつける、まぶしく切ない四つの物語。
(裏表紙より) 

単行本、『日傘のお兄さん』の文庫化に伴い、大幅な加筆修正を加えた新版。
単行本を読んだのはずいぶんまえで、なんともなしに気に入っていたけどこれは文庫にはならんだろーなって思ってたらおもいもかけず文庫化されてて飛びあがって喜んだのです、私。
あーおかえり、なんかまた会えたんだねって感じ。
全4話収録。

あわになる・・・
事故に巻き込まれるという運の悪い死に方で死んでしまった私が、かつて好きだった同級生、タマオちゃんが結婚したことを知り、ふたりの家を訪れるお話。
大人になったタマオちゃん、隣にいるお嫁さん、タマオちゃんをモデルに描いた絵、色鉛筆、もう何にも触れられない手、もうタマオちゃんの目に映らない私。
丁寧語で静かに、淡々と語る私の気持ちが染み込んできて、どうしようもない気持ち(あえて言えば切ない)になる。ラストシーンは静かに泣ける。

日傘のお兄さん・・・
日傘をさしたロリコンお兄さんと私の、逃避行?(←すみません、上手い言葉が見つからないです)
幼稚園児の頃遊んでくれたお兄さんがある日突然迎えに来て、そんでふたりで電車に乗って・・・。
ってありえん!!ってホントにそうなんだけど、これはすんごく好きな話だったりする。
しかしこのお兄さん、単なるロリコンなのかやさしいお兄さんなのか、両方って気がするけどやっぱり私にはよくわからない。けど不思議と好きなんだよなー、この話。
単行本版より良い意味でソフトになった感じ。文庫版のお兄さんのほうが好きです。(どちらにしろダメお兄さんなのは間違いないけど)

すこやかだから・・・
単行本版『すこやかなのぞみ』改題。
すこやかに育つ小学6年のあたしと、折りたたみナイフを持った1個下の転校生、ナツの物語。
マジメな話、これはホントにすこやかな話だなって思う。だからって単純なんて言葉はほど遠いけど。

ハローラジオスター
単行本版『バイバイラジオスター』改題。
都内の大学にすべて落ちて北国の私立大に入学した知世は、魔法の声を持つ影のある先輩、ノブオに出会う。けっきょく最後までノブオを手に入れることができないまま、就活に忙殺される知世が遭遇したのは・・・、というお話。
個人的には『バイバイラジオスター』の方が物語としては好きなのだけど、こちらは今の豊島さんワールド全開って感じで、やっぱり好きな話。
単行本版と文庫版の間に『檸檬のころ』があることを、読んでるとなんとなく意識する。

あとがきによれば、『日傘のお兄さん』は豊島ミホさん最後の作品になるかもしれなかったお話なのだそうです。
ご本人曰く「当然のように売れず、さしたる注目をいただくこともなく終わった」この本にまた会えたのは、ほんとによくわからない、不思議なこと。

ま、うれしかったからそれでいいんですけど。

豊島ミホ 『日傘のお兄さん』 新潮文庫

追記。

>『日傘のお兄さん』の記事に拍手をくださった方

本当に励みになりましたし、喜びのあまりイスから転げ落ちました。(実話)
こんな場所ですが、ふと思い出した時にでも、また立ち寄っていただけるとうれしいです。(^^)v
コンテントヘッダー

豊島ミホ 『檸檬のころ』

檸檬のころ (幻冬舎文庫 と 8-2)檸檬のころ (幻冬舎文庫 と 8-2)
(2007/02)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


私の高校生活は暗くて無様なものでした。卒業式のとき、もうここに通わなくて済むんだという事実に安心してボロボロ泣いたくらいです。(あとがきより)

そんな豊島ミホさんが、「地味な人なりの青春」をいつか書きたいとおもって書いた1冊。
とある田舎の高校を舞台にした、8つの物語。

タンポポのわたげみたいだね・・・「今日も私はお姫さまを起こせない。けれどもそれは、いつものことだ」。いつからか保健室登校になった友人サトと、「私」こと橘。サトの不在中に、橘の前に現れた、藤山君。――ごめんなさい、私は楽になりたいです。
こんな友達を持てたら、ふたりともしあわせだろうなって思った。

金子商店の夏・・・「けれど。やっぱり何かが違っていたのだ。スムーズに進んでいく奴らと、俺とでは。それを思い知る頃、俺はもう司法試験に三回落ちていた。」たしかに「痛い」話。それでもって、まるきし他人事、というわけじゃない。いつか!って思っても、どうにもならないこと。けれどそれでもって、この話を読んで思えた。

ルパンとレモン・・・「どこでどう間違えたんだろう、と思う」。いつのまにか開いた距離と、もう戻らないという確信。ありきたりかもしれないけれど、こんな気持ちをこんなに丁寧に掬ってくれる話って、そうそうない。

ジュリエット・スター・・・「絶対魔物だよ、あいつ」。恋愛禁止の下宿内で、「間違い」を防ごうと孤軍奮闘する「私」と魔物・珠紀、無愛想・林君。他人事だからいえるけど、こーいう魔物なら私は案外嫌いじゃないです。(好きでもないけど)

ラブソング・・・「ああ、どうしたんだ私」。音楽バカの女の子の恋。ひっちゃかめっちゃかでおかしくて、だけどけっこー切ない話。たくさん切なくなった後で、今度は思いっきり笑えばいい。

担任稼業・・・「教師なんて、本当にむくわれない。これだけやった結果が「ハゲ」「ムカツク」だなんて、うんざりだ」。・・・すみません、私もそんなこと思ってました。全国のむくわれない先生方、本当お疲れ様です。m(__)m

雪の降る町、春に散る花・・・「何でか、ふといろんなことにあきらめがついた」。「私」は離れ離れになる。18年間過ごしたこの家からも、佐々木君からも。卒業式の豊島さんじゃないけど、ボロボロ泣けそうになる。語り尽くされたようなストーリーでも、こんなに切なくするなんてすごい。

「豊島ミホは、ふつうをかがやかす達人である」という解説文に何度もうなづく私。
こんな素敵な作家さんって、そうはいないです。

(エッセイ、「底辺女子高生」を併せて読むことをオススメ。
「檸檬のころ」の原型みたいな、地味で素敵な思い出が、豊島さんのクールな文章で語られています。)

豊島ミホ 『檸檬のころ』  『底辺女子高生』 ともに幻冬舎文庫 
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。