コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

森絵都 『つきのふね』

つきのふね (角川文庫)つきのふね (角川文庫)
(2005/11/25)
森 絵都

商品詳細を見る


花や木に憧れるのは、人間がいやになったからじゃない。
あたしは、あたし自身がいやになったんだ。


中学生のさくらは、植物や花が羨ましくてしかたない。
所属してた万引きグループとの確執や、同じグループにいた親友莉利(りり)へ、けしてわざとではないけれど、犯してしまった裏切り。
莉利はさくらを見ようともせず、近くにいるのはそんな離れてしまったふたりを心配して、下手な世話を焼き、あげくふたりを尾行までして原因を探ろうとする変わり者男子、勝田くんだけ。
そんなふうにしてつかれきってしまうさくらには、唯一の拠りどころがあった。
とある事件をきっかけに知り合った、こころの病気をもつ、けれどこころやさしい青年、智さん。
智さんは部屋でいつも「人類を救う宇宙船の設計図」を書いていて、さくらが来ればおいしいミルクコーヒーを淹れてくれる・・・。

けれどそんな智さんも、やがて静かに精神を病んでいき、親友莉利には薬物や、売春斡旋の疑惑が。さくらと勝田くんはなんとか事態を収容しようとするけれど、そんな中、近所では連続放火事件が発生。
うずまくあらゆる疑惑を抱えながら、それでも懸命に走るさくらたち。
そしてその結末は・・・・・・。

じつは再読なのだけど、なんていうか、あまりにむきだしの迫力があるもんだから、
終盤はもう読むのが止まらなかった。

大事で大好きで、失いたくない親友だった莉利は、かつての自分の裏切り行為のせいで遠くにいってしまったまま、近くにいても、もう目を合わせることもできない。

幼馴染ではある勝田くんはとにかく探りたがりやで、尾行や聞き込みまでして情報を仕入れようとするし、ときに土足でさくらの気持ちに踏み込むようなことまでしてしまう。

他人のSOSに敏感で、かつてそんなさくらを救ってくれた。けれど自分のSOSには気づかない智さんは、だんだん、そしてどんどんさくらたちの想いの届かない場所に行ってしまう。

いろんなものが壊れてゆく、それか遠くに行ってしまう。
染み入る、侵食するようなこわさ。さくらでなくても、ほんとうにこわい。

とりかえしのつかないことっていうのはたしかにあって、
それは特別でなく、いろんなとこに転がっている。
たぶん大きな、真っ赤な口を開けて。

なにかが壊れてしまうことだって、そうなのかもしれない。
けれどこの物語には、こんな言葉が備わってる。

人より壊れやすいこころに生まれついた人間は、
それでも生きていくだけの強さも同時にもっているもんなんだよ


もちろん小説は現実じゃないけれど、
こんな言葉くらい、本気で信じてみていいと思う。

そんでもって「尊いもの」を、いっこずつ見つけて、大事に大事に、持ち続けたらいい。
そうやって、生きていければいい。

正直ちょっとドラマチックすぎるようなところもあるけれど。
けれどそんな想いがとどまりきれずに、どんとあふれたような一冊。
だからそのぶん、じつは必殺の物語かもしんない。

現実じゃ、もちろんないけれど。
でもそれはけして嘘なんかじゃないから。

たまにはこころして、
こんなあふれる勢いの中に、飛び込んでみたいって思う。

壊れやすいけれど、それだけの強さをもつ物語。
今まで読んだ森さんの作品の中で、一番好きです。

森絵都 『つきのふね』 角川文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

森絵都 『リズム』

リズム (講談社青い鳥文庫)リズム (講談社青い鳥文庫)
(2006/06/15)
森 絵都

商品詳細を見る


考えるだけでゾッとする。
いやだ、いやだ。
変わらないものが、あたしは好き。
風みたいに、空みたいに、月みたいに、
変わらずにいてくれるものが好き。
どこにいても、いつになっても、なにが起こっても、
変わらずにいてくれるもの。
ずっとこのまま・・・・・・。 
(『リズム』より)

中学生になったさゆきは、ロック歌手を目指すいとこの真ちゃんをひとり応援しながら、新しい学校にもともだちにも慣れて「ほっ」としていた。
けれどそんなおだやかな毎日に、何やら不穏な気配が。

「真ちゃんのパパとママ、離婚するかもしれない」

大好きな真ちゃん一家、第二の家とまで慕った一家が、バラバラになる。
危機を感じるさゆきに追い討ちをかけるように、変わらないはずのものが、目の前で変わってゆく。
そうして変化に追いつけず、戸惑い、取り乱すだけのさゆきを、真ちゃんは海へと連れ出して・・・・・・。

「リズム」後のさゆきの物語、「ゴールドフィッシュ」も併録。

おお、青い鳥文庫!
小学生のとき以来だわー!!(たしかユゴーの「ああ無情」だったよな)
なんて懐かしさに浸りつつ、ブックオフで見かけたので即買い。
森絵都さんのデビュー作というのもあるけれど、じつは前からずっと気になっていた本なので。
ま、それはさておき。

読んでるとなんだか、懐かしい気持ちになった。
それはたとえばこんな文章を見つけたとき。

ねぇ、あれは夢だよね。
ひどすぎる悪夢だよね。
でも、もし夢じゃなかったら・・・・・・。
そしたらあたし、このままずっと眠りつづける。
 

変わること、変わらないこと。
どちらかしかないってはっきり信じてたころがあったような気がするけど、今はもう思い出せない。
主人公のさゆきは、今まさにその間にいて、もがきながら懸命に向き合っている。
私もかつてそんなことを思っていたんだろうかと、考えてみても思い出せなかったけれど。
そしてもうひとつ。
揺らぐこと、揺らがないこと。
どんなときでも自分らしく、いれること。
使い古されたような言葉だけど、やっぱりすごく大事だと思う。

「周りの雑音を気にすると、思うように歌えなくなる」というのは、
ロック歌手を目指す「真ちゃん」の言葉。
そのこともよくわかってるつもりなのだけれど、けれど「思うように歌うこと」はむずかしく。

さゆきよりずいぶんと年上なのに、ぜんぜん変わらない自分に気づきながら、
けれど淡々と読みすすめてると、こんな言葉にぶつかった。

「そう、さゆきだけのリズム。それを大切にしてれば、まわりがどんなに変わっても、さゆきはさゆきのままでいられるかもしれない。」

「あたしは、あたしのままで・・・・・・」
「いられるよ、きっと。」 


私は周りからは「マイペースだ」って見られることが多いけど、それでもやっぱり揺らぐことは多くて、それでときどきくらりとする。
信念、決意、揺るがないもの。
そんなものを持てるのならば持ちたいけれど、けれど私はまだそこまで強くはない。

とってもシンプルで、いっそ「簡単」といってもいいくらいの何気ない言葉だけど、なんだかそんな思いを、ひょいと掬い上げられた気がした。
それで何が変わるとか変わらないとか、そんなことは別にして。

変化や周りがこわいのは、やっぱり中学生のさゆきに限ったことでない。
「変化に対応できないのは幼いこと」なんて、白状してしまうとそんなふうにも思っていた時期もあったけれど、やっぱり私はそんなふうにはなれてない。(それがいいかわるいか、というのも、また別の話なのだろうけど)

続く「ゴールド・フィッシュ」は、学年も上がり年数も経ち、一気に現実の色が濃く、息苦しくなってくるさゆきたちの物語。

ここでも変化は容赦なく訪れ、そして変化に戸惑い、もがくひとたちがいる。

大人でも子どもでも、必要ならばたくさんのひとに読んでほしいなと思う、そんな1冊。
即効性なんてなくても、ずっと覚えておける言葉が、見つかるかもしんない。

森絵都 『リズム』 講談社 青い鳥文庫
コンテントヘッダー

森絵都 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』

アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
(2005/06/25)
森 絵都

商品詳細を見る


「やさしい本」だなーと、読み終えるたんび、思う本。
森絵都さん作品の初読本は「永遠の出口」で、次にこの本を読んで完全に森さん作品のファンになりました。

シューマン、バッハ、サティ。素敵なピアノ曲にあわせて贈る、3話収録の短編集。

子供は眠る  ロベルト・シューマン〈子供の情景〉より ・・・
「ぼく」こと恭、智明、ナス、じゃがまる、章くん、いとこ同士の少年5人の夏が始まった。
そんな中ぼく、智明、ナスの3人はある思いを胸に秘めていた。宿泊するのは章くんの別荘 → 章くんの機嫌を損ねたら、もう別荘には来られない。「我慢」を誓う3人だったが、章くんの度重なる横暴な態度、そして何より、毎夜半ば強制的に参加させられる、クラシック鑑賞・・・。しだいに章くんへの反感が高まる中、ついに事件は起こった。

読み出してすぐ、こりゃたまんねーよ!って恭たちに同情。
章くんの機嫌を損ねないため(来年も別荘に来るため)に少年3人の、いじらしいほどの気苦労の数々。
それに加えて、遊び疲れではてしなく眠たいのに、毎夜強制的に聞かされるクラシック音楽(しかも毎晩同じ曲!)。
当然いつもみんな途中で眠ってしまうのだけど、そうすると章くんの機嫌を損ねることになる。
なんてストレスフルな夏休み!私ならそれきり別荘なんて行きません(>_<)

けれど読了後、章くんがなぜクラシックを聞かせたがるのか、という根源的な理由がわかったとき。
あいかわらず横暴な章くんですが、ちょっといいやつじゃんこいつ、なんてなことを思いました。

彼女のアリア J.S.バッハ〈ゴルドベルグ変奏曲〉より ・・・
不眠症の「ぼく」が旧校舎の音楽室で出会ったのは、同じく不眠症だと言う謎の女の子、藤谷。
週に一度、木曜日、ぼくと藤谷、「不眠症同士でいろいろ話す」時間。
ぼくは藤谷の話す「まるで昼ドラや火曜サスのような、波乱万丈、てんやわんやの藤谷家」の様相に驚きながらも、同じ不眠症に苦しむ仲間を見つけたと喜び、毎週木曜日を楽しみにしていた。
けれどいつしかぼくの不眠症は治まり、やがて藤谷の重大な秘密も明らかになって―――。
こういってしまってはなんなのですが、表題作よりも大好きな話。
お互いに小さな秘密やウソを抱え込んで、それに気づいてお互いを責めて、それで仲たがいなんて悲しい結末にはならなくて、とっても素敵な恋物語になる。
「肯定することは否定することより難しい」。
ほんとにそうなのだけれど、こんな素敵な肯定の力が欲しいです。

アーモンド入りチョコレートのワルツ  エリック・サティ〈童話音楽の献立表〉より ・・・
「わたし」こと奈緒と君絵と絹子先生のピアノレッスンに突如乱入してきた謎のフランス人、「サティのおじさん」。(ちなみに、本名はステファン)
他の生徒や保護者には煙たがられながらも、やがて奈緒と君絵、絹子先生とサティのおじさんの、レッスン後の「ふしぎな大人たちとのワルツ・タイム」が始まる。

世界はあの広間のように、きれいにふわふわと揺らめいているべきなのに。
至るところからワルツが流れ、だれもが優雅にステップを踏んでいるべきなのに―――。


でもそんなふうにどんなに素晴らしい日々だって、ずっと続くわけじゃない。
次第に険悪になる絹子先生とサティのおじさん。中学生なのにサティのおじさんに結婚を申し込む君絵。なす術のない奈緒。
そんななか、一度は修復できたように見えた関係も、ある日再び崩れてしまう。
いなくなるサティおじさんと、刻々と近づいてくる発表会。
発表会で奈緒と君絵が選んだ曲は、「金の粉」と「アーモンド入りチョコレートのワルツ」だった―――。

とてもまっすぐな物語。読後、まずそんな印象を受けました。

それはたとえば、発表会での君絵のこんなセリフ。

「あたしはピアノは弾きません」
いつものようにどうどうと胸を張って言った。
「なぜならば、人間には向き不向きというものがあって、似合わないことをむりにやると、災いが起きるからです。だからあたしは、うたいます」


すげーなって、心底思いました。こんなまっすぐな、これは強さとでもいうのか。

そしてラストシーン。奈緒が思った、たったの一言が物語の終わりをまっすぐやさしく告げてくれます。

白状すると、私はバッハもシューマンも、それどころかワルツも全然知らないんです。
唯一聞き覚えがあるのが、「トムとジェリー」の中でトムがピアノを弾き、ジェリーがワルツを踊るという話の中で流れていた曲で、だから私がこの本を読みながら聞こえていたのは、テレビでトムの弾いていた名前も知らないピアノの音楽でした。

邪道だ!って気持ちになるかもしれませんが、それでも十分この物語たちは素敵でした。

たぶんバッハやシューマンやワルツや、トムとジェリーの音楽を知らないひとでも、ひとつひとつの物語がそのつどその人の中で1番心地よく聞ける音を引き出して、聞かせてくれると思います。

森絵都 『アーモンド入りチョコレートのワルツ』 角川文庫
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。