コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

奥田英朗 『空中ブランコ』

空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)空中ブランコ (文春文庫 お 38-2)
(2008/01/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


ひとつ深呼吸し、ドアをノックした。すると中から「いらっしゃーい」という場違いに明るい声が聞こえた。そこには白衣を着た太った男がいて、一人がけのソファに胡座をかいていた。(「空中サーカス」)

とんでも名医?それともただの変態ヤブ医者? 超ヘンテコ精神科医、伊良部一郎シリーズ第2段にして、第131回直木賞受賞作。5話収録。

伊良部節炸裂! 今回もさんざん笑わせていただきました。(^^)v
まずは手短に、各話のあらすじ紹介。

空中ブランコ・・・
「まだまだ自分は演劇部のエースだ。 この座を人に譲ることはできない」。
けれど突然成功できなくなってしまった、サーカスの空中ブランコ乗り、公平。
これは自分のせいじゃない、周囲のせいか、完全な嫌がらせだと公平は警戒するが・・・。

ハリネズミ・・・
紀尾井一家の若頭、猪野誠司は先端恐怖症。
公園のイラン人を買収してまで強引に注射を打つ伊良部の荒治療(趣味?)の効果か徐々に先端への恐怖が和らいでいく。そんな中、猪野、伊良部に最大の危機が!

義父のヅラ・・・
「実は最近、自分が何か派手なことを仕出かしてしまうんじゃないかと、ひやひやしているわけよ」
大学講師の野村達郎の悩み。それは、「どう見てもヅラとわかる義父(学部長)のヅラを皆の前ではいでみたい」という、バカバカしいけど強迫的な衝動。
藁にもすがる思いで相談に訪れたかつての学友(?)伊良部からの提案は、どれもこれも究極的に最低なものばかり、だったけれど・・・。

ホットコーナー・・・
突如送球のコントロールが利かなくなってしまった板東新一。このままでは開幕、エースの座、ともに絶望的。だめもとで伊良部のもとを訪れた板東。けれど治療してもらえるかと思えばキャッチボールの講師を頼まれるわ、あげくどう見てもおもしろがっているだけの伊良部のせいで、症状は次々と悪化していく一方。
けれどその瞬間は、ある日突然にやってきて・・・。

女流作家・・・
「まったく調子が狂う。こんな人間、初めてだ」
売れっ子女流作家の牛山(星山)は、ある症状に悩まされていた。
小説を書いていると過去にどこかで使用した設定になってないかと不安でたまらなくなる。何度確認しても気が済まない、あげく嘔吐してしまう。
相談先の伊良部は治療どころか「ぼくも本を出す(もちろん印税目当て)」と抜かす始末でまったくたよりにならない。そんな売れっ子作家の牛山が知った、創作者の残酷な現実。
おなじみ、くわえたばこの美人(変人?)看護婦、マユミさんの最後の言葉に、私は牛山さんでも何でもないのに感激してしまう始末。これって最高のラストだって思った。

人の話も聞かず、治療そっちのけで(そもそも治療する気がない?)、いつのまにか空中サーカスデビューしたり極道界に乗り込んだりと、伊良部先生の相変わらずなめちゃくちゃぶりが炸裂。
バカバカしくておもしろい。けれどどっかでめちゃくちゃ切なくなったりもするから不思議。

けっきょく伊良部先生はヤブ(しかもマザコン、注射フェチの3重苦)なのかとんでもない天才(?)名医なのか、今回もさっぱりわからないまま。

けどたまには伊良部総合病院の地下室で注射打たれるのも良いかもしんない。
なんて思った。

奥田英朗 『空中ブランコ』 文春文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

奥田英朗 『イン・ザ・プール』

イン・ザ・プール (文春文庫)イン・ザ・プール (文春文庫)
(2006/03/10)
奥田 英朗

商品詳細を見る


「いらっしゃーい」
ドアをノックすると、やけに明るく甲高い声が響いた。
医師らしき、太った中年男が一人掛けソファにもたれかかっていた。


プール依存症、陰茎強直症、妄想癖・・・・・・訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か?(裏表紙より)

超ヘンテコ精神科医、「伊良部先生シリーズ」第一弾。初めて読んだけど、これは大ヒットの予感。
なにしろホント、おもしろすぎる。

「イン・ザ・プール」(プール依存症)、「勃ちっ放し」(陰茎強直症)、「コンパニオン」(妄想癖)、「フレンズ」(ケータイ依存症)、「いてもたっても」(強迫神経症)の5話収録。

さまざまな悩みややっかいなヘンテコ病を抱えた人たちが訪れたのは、伊良部総合病院の、なぜか地下一階にある神経科。
ドアをノックすれば「いらっしゃーい」と甲高い声がし、超ヘンテコ精神科医、伊良部一郎と、無表情で妙に色っぽい謎の看護婦、マユミに遭遇することになる。

色白で肥満体。45くらいに見えるけど、じつは35歳(後に26歳青年医師と偽って、出会い系サイトでモテモテ状態になる)、患者の話もろくに聞かずに勝手に診断をくだし、何かと言えばやたらとマユミに注射を打たせる。おまけに極度のマザコン。

伊良部先生みてると、診察室に来てる患者さんがすんごいマトモな人に見える。よーするにこの世のどこを探しても滅多に見つからないような超ヘンテコな精神科医。

カウンセリングや療法なんてするだけムダと言い放ち、ひたすら自分の好きな話をするかとんでもない荒治療の提案をするか。
たとえば繁華街でヤクザを闇討ちしろ、そーすれば追われてるくらいだからつまらない悩み事なんか確実にふっとぶ、とか。患者さんが呆れると「たとえばの話だよーん」と大口開けて笑う。
呆れてものも言えないとはこのこと。

でもなんだろ。

けっきょく伊良部先生のところにきた患者さんって、なぜだかみんな治ったり、解決したりしてしまう。
多くは伊良部先生のあまりにヘンテコで破天荒な姿勢をショック療法にしたり反面教師にしてるわけなんだけど、伊良部先生のふざけてるとしか思えない言葉には、それでもところどころ的を射てたりもする。

伊良部一郎は、たぶん馬鹿で変人。だけどある意味、ヤブ医者ではない。(かといって名医?って聞かれても、けしてうなずけないのだけど)
私も心療内科って何度か受診したことがあるんですが、ろくにこちらの顔も見ず、話も聞かずにクスリだけ出して診察終了ってこともけっこーあったし。(もちろん、中には良い先生もいましたけど)

伊良部先生が実在のひとなら、必要になったら私はこの先生のところに行くんだろーなと思う。
たしかにめちゃくちゃなひとだけど、患者さんをちゃんとひとりの人間として見てる。それだけは絶対。

1番好きな話はケータイ依存症の男子高校生の登場する「フレンズ」という話。
最後はふっきれるんだけど、実際こういう子ってけっこういるんじゃないかなー。
それまで「謎の無表情看護婦」だったマユミさんですが、この話読んでからはちがってきました。

あーやばい、くせになりそう。
続編、「空中ブランコ」も購入決定。
文句なしにオススメです。

奥田英朗 『イン・ザ・プール』 文春文庫
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。