コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

福岡伸一 『生物と無生物の間』

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る

トリバネアゲハを追った博物学者が求めたのは、とりもなおさず世界の構造を明らかにすることに他ならなかった。(中略)私たち分子生物学者もまた世界の構造を知りたかったのだ。

おもしろい本ってホント意外なところから顔を出す。
理系アレルギーの私ですら、ほとんどかじりつくように読んでしまったという逸品。

しかしまあ、すらすら簡単に読める読み物じゃーない。わたしみたく「アミノ酸?タンパク質?あわわわわ何それちょっと待って!」みたくなるよなひと(いないのか?)には、ちょっとというかだいぶ頭使わないと読めない。

けれどまあ、心配ご無用と言いますか。

著者の福岡さん、教授さんだけあって難しいことをかみ砕いて説明するのがすんごく上手い。(教授だろーが先生だろーが下手な人もたくさんいるけど)

ただちょっと気になるのは、帯に見ての通り「生命とは何か?」ってでかでかと書かれてるけど、読んだ感じそれがそのまま主題、というわけではないような気がする。
失礼を承知でもっと言えば、「生物と無生物の間」ってタイトルも、たしかにそういったことにも触れられてるけどこの本全体をくくるタイトルにするのは、ちょっとちがうと思う。

自分の意見が曖昧なままで人様の著作をつつく真似をしてしまうけれど、わたしはこの本、

「生物学者たちの知られざる苦境」みたいな人間ドラマ的なものと、
「(本編でなくわたしの表現なのでめっちゃ月並みですが)生命の神秘と何とかしてそれに触れようとした福岡さんたち生物学者の試行錯誤の日々」、よーするに研究譚みたいな内容がメインで、
「生命とは何か?」っていう問いかけと、それに対する考察ってのはじつはメインでなくてサブの内容なんじゃないの?と思ったけど。完全素人目からみた感想なのですが。

でも誤解のないように(というかわたしの下手な説明のせいで変な誤解をされたらはてしなく困るので)追記。

本編ではもちろん「生命とは何か?」という問いかけは置き去りにはされておらず、ページ数は少ないけれどけっこう鋭い考察がなされてます。
終章の最後の一文なんか、それだけで「生命とは何か?」って問いに対する答えとなり得るくらいの、静かで劇的なラスト。(と思うんですが、どうでしょう?既読の方)

まとまりのない説明しかできなくてホントにすみませんが、福岡さんの文章は新書の、難解で堅いイメージのそれというより、小説、物語でも読んでるかのようにすらすら入り込める。

内容をすらすらきちんと理解できるかはもちろん別問題だけど、そんなに肩肘張って読まなくてもいいよ、まーちょっと聞いてくれるかい?って、なんか気さくな読み物。

ぐだぐだ説明したけどよーするに「これはおもしろい本なのでオススメですよ!」って、伝えたいのはただそれだけなんですが。

福岡伸一 『生物と無生物の間』 講談社現代新書
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。