コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

小山宙哉 「ジジジイ GGG (1)」(~続刊)

ジジジイ-GGG 1 (1) (モーニングKC)ジジジイ-GGG 1 (1) (モーニングKC)
(2007/06/22)
小山 宙哉

商品詳細を見る

「でも俺はそんなのはいらねんだ」
「人が悲しむ物は盗らねえよ」


歯ブラシ、うまい棒、えんどもあ。
なぜだか安い物しか盗まず、たとえだれかが追いかけても人間離れしたスーパー脚力でさっさと逃げ去ってしまう謎のヘンテコ怪盗、通称「ハープ」。
その正体は暁利一、御年70歳。

ありえねーよ!ってツッコミはこのさいなしとして。

「これは素晴らしい! これこそこの疲弊した高齢化社会における一縷の希望の光となり得る傑作だ!」ってでたらめな解説文書くのもなしにして。

変な話、怪盗ハープが盗みを通して伝えるものが、じつはすごく大切なものだったりする。
やってることはまぎれもなく「窃盗」だけど、ハープならいいやって気になる。

この本のタイトルが、たとえば「快足怪盗 ハープ!」とかじゃなくて「ジジジイ」なのも納得。というかそれ以外はありえない。

優秀刑事・春日さんと快足ヘンテコ怪盗ハープの対決(漫才?)も見物。

年取るんなら、こーいう年寄りになりたいですね。マジ。
「今が青春だし俺!」なんて言ってみたりして。

次の巻早くでないかなーと、首をながーくして待つ数少ない漫画の1冊。

小山宙哉 「ジジジイ GGG (1)」 モーニングKC
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。