コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

木村紺 『からん(1)』(~3・続刊)

からん 1 (アフタヌーンKC)からん 1 (アフタヌーンKC)
(2008/10/23)
木村 紺

商品詳細を見る


身体が疼くやろ 血が騒ぐやろ やりたくなるやろ!

京都、私立望月女学院。
名門女子高として知られる学校内の柔道部に入部した2人。
京都2位の実力の高瀬にライバル意識むき出しの先輩、その高瀬が憧れる全国大会優勝候補の先輩。
素人でしかも小さな体躯ながら、高瀬も避けるしがらみに真っ向勝負する度胸者、九条。
その他、テンパリもじゃもじゃ頭の比嘉、そして比嘉に染みいるストーカー女、穂積。
4人の柔道生活が、今始まる!

と書きつつ、じつは主人公が高瀬なのか九条なのか、それがよくわかんないという不思議な構成。
というか読めば読むほど、主人公不在の感がしてくる。というより元からそんな区別を必要にしていない感じ。
キャラ描写が全員深いってのはいつもの木村さんのことだけど、今回はそこからもう何かしかけがあるような。
なんともいえない味わいです。もうこの時点で、底が見えない!

さて本編。

とりあえず・・・・・・
木村紺さん作品の引き出しの多さにほんっと脱帽。。
『神戸在住』は言わずもがな、『巨娘』、『からん』、この3作どれも一級品。
メジャーになることはないだろうけど、最高級品の類。

強い者が弱い者に勝つ そんなんあたりまえ それが勝負や!

(新入生の高瀬に敗れて難癖つける先輩格に、素人の九条が言い放つ一言。2巻では、この一言から始まる因縁の対決がどうやら見もの)

柔道のじゅの字も知らないうちでも、もうめちゃくちゃはまった。
まず、もちろん息もつかない真剣勝負が一番の見もの!なのだけど、キャラひとりひとりの魅力が細部まで存分。

主人公らしい(?)高瀬の大らかさと勝負強さが一番魅力的なんだけど、最強大石先輩に、のんびり京風美人の百先輩、大石先輩すらも恐れる、曰く本職並みの顧問みっちゃんとか、いろんな面子の集まり。

おまけに縄張り意識だとか、利権問題(?)だとか、そこにいろんな外因内因もからんでくる。
読んでて楽しい、けど一筋縄ではいかない、愉快で激しくて、けれど緻密な物語。

細部にわたり、とても見所が多いのでスポーツの楽しさを知ることに+、人間(京都人)や土地(京都)の中身に触れることのできるような、そんなコアな部分も引き込まれる魅力。

読んでると何かを極めたくなるのと、というか雅や大石先輩みたく、半端じゃない自信持った笑みが浮かべられるひとになりたいなーとしみじみ思ったりもする。

今後の展開が予告はあるけど予想もできず、2、3巻をまとめ買いしなかったことを大いに後悔してる(近場の本屋には売ってない)、今日。

からん(1) アフタヌーンKC 講談社
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

木村紺 『巨娘(1)』(~続刊)

巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC)巨娘 1 (1) (アフタヌーンKC)
(2007/12/21)
木村 紺

商品詳細を見る


ジョーさんは巨娘です。
その上あろうことか 焼き鳥屋さんの店長さんです。


ジョーさんは巨娘(身長181cm)で、焼き鳥屋「鳥吉」4号店の店長。
働き者で怠け者には容赦なく、おそろしく怪力でケンカは今のところ無敵。
自らの欲望に忠実。
付き合った男はジョーさんが一方的に襲い掛かったぶんを含め20名ほど。

今日もジョーさんは、埒外ギャルのトオルさん(身長171cmの巨娘にして、凶悪無比。すべてのこころのボタンをかけちがえて生まれてきた、あちらの世界の住人。けれど頭脳明晰。「クカカカ」とか、「キキキ」と笑う)、
ダメ人間で怠け者のポン子ちゃん(だからジョーさんに毎度ぶっ飛ばされるし、研修中にジョーさんに手をあげたときには、前髪を鳥といっしょに唐上げにされた)、
サチさん(仕事の出来る普通人間。1週間でホールの総責任者に抜擢)、
以下何人かのバイトさんたちと、今日も焼き鳥をじゃんじゃん売りさばいている(叩きつけてる?)。

久々に読んだ、痛快ギャグマンガ(ちょいと下ネタあり)。
しかもこれ書いてるの、あの木村紺さん。
「神戸在住」のあの茫漠というかもの静かな、モノトーンの印象があまりに強く、
そういう点じゃ正直読んで大混乱したけれど(でも絵の描き方とかセリフの入れ方なんか、まぎれもなく木村紺さん流)、これはこれでめちゃくちゃおもしろかった!

何もかもに容赦ない、そしてあまりにあけっぴろげな行動パターン。
もういっそ、見てて胸がすくような快感。
金の無心にきた男は東京からさいたま県までぶっ飛ばすし、
職業的クレーマーの脅しにも、逆に脅しで追い返す。
働く気のない同僚はおろか、煮えきれない社長にも容赦なく噛み付くし、
いうことを聞かない怠け者バイト(ポン子)には、容赦ない鉄拳制裁。

これを痛快といわずして何と言う!的な勢いですすめたいマンガ。
神戸在住のイメージはぶっ壊れるかもしれないけれど、
きちんと最初から別々のマンガとして読めれば、
これだけの本だし、ものすごくおもしろく読めると思う。

セリフもコマ数も多いので、読み応えも充分。
個人的には、神戸在住に固執しないこのやり方、けっこう気に入ってるんだけど。

木村紺 『巨娘(1)』(~続刊) 講談社アフタヌーンKC 
コンテントヘッダー

木村紺 『神戸在住(1)』(~10 完結)

神戸在住 1 (1) (アフタヌーンKC)神戸在住 1 (1) (アフタヌーンKC)
(1999/08)
木村 紺

商品詳細を見る


それが 生きる ということ なのだろう

kyokyomさんからの紹介本。

「月見さんに読まれるのを待ってる本かも」と言って知らせてくれたのだけれど
これはほかでもなく、私のほうが待ってた本かもしれない。

タイトルだけではいまいち想像がつかなかったけれど、内容はごくシンプル。
文字通り「神戸在住」の女子大生、桂辰木(かつらたつき)。
彼女の暮らす町、神戸やそこで過ごす毎日が、丁寧なですます調で語られてる。

下手なガイドブックなんか買わずに、「神戸好きなんだけどもっと好きになりたい!」ってひとは、これ一冊持っていけば十分行きたいところに行けるような気がする。

好きなひとが飾らないで伝えてくれる言葉って、どこにでも出会わせてくれるような。
つよさとやさしさ。ひっくるめて、いとおしさ。そんなものが一項ごとにきちんとしみこんでて、だから読んでる私がこんなにやさしくたのしい気持ちになれる。
だけど神戸の街にあるのは、爪跡だってそう。

1995年の、阪神淡路大震災。

死者:6,437名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名 (wikiより)という甚大な被害を出したこの出来事は、けれど関東出身の辰木と神戸生まれの友達とは、いくら仲が良くてもちがう経験。

神戸出身でもなく、それどころかこの物語の外にいるばかりの私なんてそういう意味では完全に部外者なのだけれど、震災の跡をふりむく辰木のまなざしはどっかで虚ろな感じがする。

仮設住宅を眺めるまなざしとか、しがみついた友達の指の跡とか、友人が語る震災の記憶とか。
自分の中にはない爪跡を、いったいどう眺めたらいいんだろ。

古いものと新しいもの 純和風と異国の薫り
さまざまな事柄が 渾然とした街
神戸は いい処だと思う


抜き取ったのは始まりの何気ない言葉だけど、神戸の街に住む辰木の気持ちがひと言につまってる。
だからこそ、もしかするとここでは共有できない記憶を、思ってしまうこともあるのかもしれない。

大人しくて控えめで、けれどどこかで鋭い女の子。
物語は10巻で完結してしまうそうだけれど、辰木たちの生活がもっとずっと続けばいいなと思う。
なんか読んでると、いろんな人が好きになれそうだから。

そーいうわけで、kyokyomさん。
私はこのまま10巻まで買い続けますので、責任とってパンク寸前のうちの本棚の増設資金を送ったりは、してくれませんか?(半ばマジ)

ちなみに毎度おなじみの記事の最初の引用は、さんざん迷ったけれどけっきょくあのひと言にした。
この物語を必殺のひと言で伝えたくて拾ってきたひと言。
この記事を読んでくれた方に届くことを、こころから祈ってます。

木村紺 『神戸在住(1)』(~10 完結) 講談社 アフタヌーンKC
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。