コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

山名沢湖  『レモネードBOOKS (1)』(~3巻・完結)

レモネードBOOKS 1 (1) (バンブー・コミックス)レモネードBOOKS 1 (1) (バンブー・コミックス)
(2006/01/27)
山名 沢湖

商品詳細を見る


ここにいるのに ここにいないのは 恋する人の心
ここにいるのに ここにいないのは 本を読む人の心


入学したての大学で森沢可奈は失くしていた思い出の本と再会する。
それは好きだった高校の先輩にもらった思い出の本で、それを拾ってくれたのは同じクラスの岩田くん。
おだやかでかなりの本好きの彼に次第にこころひかれてく可奈。
そしてクールか天然かはっきりしない岩田くんも、じつは可奈にこころひかれてて・・・。

本に恋して、あなたに恋する。
普通の女の子とかなりの読書オタクな彼の、ピュアラブストーリー。

おお、久々の大ヒット!!
ここのところ暑くて暑くて本どころかマンガも満足に読めなく
なんかほのぼのしててさわやかな話はないものかと探してて、タイトルだけみて衝動買い。
したらなんとまあ、大当たり!!

恋愛もののマンガってあんまり好きじゃないんだけど、
これはホントにのんびーりと読めて好き。
このいつでも本を間にはさんでるよーな、ちょっとおかしな雰囲気が好きだなー。

んで、だんだん可奈が本オタクの岩田くんが好きになる、その感じがまた好き。
だんだんとそのひとをまるごと好きになるっていう、その感じがホントによくわかる!

好きになったよ ちょっとだけね

本の中の姫への恋心を語ったり、古本市で仕入れた本を両手にデートに現れたり。
岩田くんのあまりの本オタクぶりに、大丈夫か?なんて傍から見てたら思うけど、やっぱり大丈夫だわ、このふたり。

のんびりまったり。
でもとびきりのシアワセを、たっぷり分けてもらえる物語。

大好きだから、大好きなひとに読んでほしくなる。
そんな本。

それにしても。

可奈の友人(本好き)が「岩田くんがどんなひとか見極める!」と岩田くんと本好き問答をするシーンがあって、もんのすげーうけた。

大切な人が大切な人を認めてくれるのは
素敵なことだなって思った


だれかを大事な想う気持ちは、きっとシアワセに一番近い。

山名沢湖  『レモネードBOOKS (1)』 竹書房 バンブーコミックス
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。