コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

宮部 みゆき オオイシ ヒロト 『スナーク狩り(1)』(~続刊)

スナーク狩り 1 (1) (BUNCH COMICS)スナーク狩り 1 (1) (BUNCH COMICS)
(2008/08/09)
宮部 みゆきオオイシ ヒロト

商品詳細を見る


その時 僕が気づいていれば―――
彼女の運命を変えることができたかもしれない

“最後の復讐”

だけど僕にはその歩みを止めることはできなかったんだ


クリスマスの夜。
新人バーテンダーの佐倉修治はオーナーからひとりっきりの店番を押し付けられ、
ひとりさびしくため息をついていた。
そこへ訪れた女性、関沼慶子。
雪を避けて店を訪れたという慶子が、佐倉は気になってしかたがない。

けれど彼女の抱える大きなカバンには、一丁の散弾銃。
慶子はその時にはもう、すべてを奪った憎い者たちへの復讐を開始していた。
そうと知らない佐倉は、慶子に近づいていこうとするのだけれど・・・・・・。

こんな物語があったんだ、とほんとうに驚いた。
宮部みゆきさんの『クロスファイア』は読んだけれど、これは似ていてちがう気がする。
結末はわかっていてもこれからどうなるのか、本当に想像がつかない。

クリスマスのさえないバーテンダーと、どこか陰のある美人の女性客。
それぞれが抱えているのは、一杯のカクテルに込めた想いと、復讐のための散弾銃。

スナークとは、
「ルイス・キャロルの詩に登場する正体のはっきりしない怪物の名前。
捕まえた人はその瞬間に消えてなくなってしまうと言われている」(表紙裏より)

その影は、佐倉の過去にも現在にも、見え隠れする。
そして関るたびに慶子の身にも同じ影を見つけた佐倉は、慶子にこれからもずっと関ることを決意する。

俺は・・・・・・ あなたに ほれたのかもしれません

たしかに感じる。けれどまだ見ぬ慶子のこころの壁。
けれどそれも少しずつ剥がしてゆけると信じる佐倉。
そして同時に、佐倉に知れず着実に進行する、慶子の計画。

そして来る6月21日の決行日

彼は自らの手で―――
私の復讐を成し遂げてくれる


先を見たくないほどの哀しい物語だというのはもうわかる。
けれど間に合わなくとも、佐倉の想いが届くと、信じていたい。

どうなるかわからないけれど、今一番、早く続きが見たい物語。
救いのある結末になることを祈ってるけど、そうはならないと予感もする。

いつかこのふたりが、本当の笑顔になれる日は、来るのか。

願うけれど、それは本当に、届くかどうか。
原作はまだまだ読まずに、続きを待とうと思う。

宮部 みゆき オオイシ ヒロト 『スナーク狩り(1)』(~続刊)
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。