コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

村山由佳 『すべての雲は銀の… Silver Lining〈上〉(下)』

すべての雲は銀の… Silver Lining〈上〉(講談社文庫)すべての雲は銀の… Silver Lining〈上〉(講談社文庫)
(2004/04)
村山 由佳

商品詳細を見る


とにかく東京から離れたい。兄貴と由美子の気配を感じないで済むところならどこでもいい。そういう状態にあった僕には、タカハシの誘いが一筋の光明のように思えたのだ。
暗闇の中で緑色に光る<非常口>の案内板みたいに。


なんか読書自体が久しぶりで、だからこんな好きな本を読んだのも久しぶりで
ああ、やっぱ本読んでないと調子出らんのが自分なんだなーと、読書熱を再確認。
とまあ、どーでもいいけどお久しぶりです。辞めてはいません、ツキミです。

なんだかいろいろ忙しく、いろいろ小さなごたごたに見舞われしばらく本から遠ざかっていました。
それでもこれは!、と思って読んでみれば、なかなか素敵な物語でした。

恋人、由美子を実の兄貴に奪われ、傷心からいつまでも回復できないでいる、主人公の祐介。
見かねた大学の友人、タカハシの誘いで、大学の冬休みを、信州は菅平の宿“かむなび”で働くことに。
無農薬農業に熱く、おっかないけど一本筋の通った“かむなび”園主、神山十兵衛。
園主の姪で、やんちゃ息子健太とつきぬけてるキャラが際立つ、けれどじつはワケありらしい瞳子さんに、
面倒見の良いコックさん源さんに、花屋を夢見る女性、美里ちゃんに花綾ちゃん。
最初はつんけんと、特にいたずらキャラの瞳子さんにはこころを閉ざし気味だった祐介も、
園主のもとで、みんなといっしょに宿の仕事をこなすなか、徐々に抱えた傷を思い出すことも少なくなってくる。けれど突然園主がロバや馬を飼い出したり、不登校の少女を預かることになったり、そのお母さんが乗り込んできたり、一方で、仲間からさりげない好意を向けられたりと、事態は思うようにはいかなくて・・・・・・。

主人公の年齢が私とものすごく近いのと、何より村山さん作品の魅力で、上下巻およそ600ページをあっというまに読了。
あっと驚くような劇的な出来事はないけれど、毎日の仕事や生活の中で生まれる出来事や気持ちのひとつひとつを、丁寧に書きあげてる。
っていうのがど素人の私でも感じられるくらい、どこまでも普通のことを、どこまでも丁寧に掬い上げてくれている。

それと、登場人物たちの、ひとりひとりの気持ちも、すんごく丁寧に拾いあげるところ。

恋人と兄貴の手ひどい裏切りに苦しみながら、その気持ちを汲んでやることもできずいつまでもじくじくと痛んでばかりいる、そしてそんな自分に愛想がつきそうな祐介の気持ち。
女性の村山さんが書いているのに、まったく不自然がなくて、むしろものすごく自然で不思議。
それだけでなく、かつての大きな傷を抱えたままで豪快に笑う瞳子さん、花屋を目指しながらも迷い悩む美里ちゃん、花綾ちゃんや、学校に行きたくてもいけないでいる桜子ちゃん、そして今でも許せない兄貴と由美子の気持ち・・・・・・。

だれひとりの気持ちとして、手を抜いたり、粗末に扱われたりはしない。ほとんど同一線。
登場人物は少なくないはずなのに、これはすごいなあ、って思った。

だからよけいに物語が、この森の中の宿で繰り広げられる普通の日々や、
それに伴ういろんな気持ちや想いの果てが、いつか読んでる私にもすごく身近で、愛おしいものになってた。

――雲の形が、また少し変わったようだ。

とても不思議なタイトルを持つこの物語の終盤は、徐々に変わるようで変わらない。
『すべての雲は銀の・・・』
この言葉の意味は意外にそっけなくてうすっぺらだけど、そんな能天気さだってきっと必要なもの。
元気になれる時間は、いつでもどこかに転がってると信じていたい。
失恋したての大学生や、夢を追いながらも迷ってるひとなんかには特にオススメ。

祐介のかなりの女々しさがちょっと鼻につくけれど、だからってけしてわるいやつじゃない。
だからちょっとだけ、たまにはこんな長めの物語に付き合ってみてはどうでしょうか。

村山由佳 『すべての雲は銀の… Silver Lining〈上〉(下)』 講談社文庫
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。