コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

渡辺ペコ 『にこたま(1)』(~続刊)

にこたま 1 (モーニングKC)にこたま 1 (モーニングKC)
(2010/01/22)
渡辺 ペコ

商品詳細を見る


私たち 29歳で最後の思春期迎えます。

セブンスターよこんにちは。
マナー重視のお煙草吸いとなり(メンソールオンリー)、なんだか本もあんまし読めない毎日です、お久しぶりの小津ツキミです。

一方的な休止期間中(すみません・・・ってだれに謝っているのだろ。)、小説も何冊か読みましたが(主に島本理生さん)、なんといっても渡辺ペコさま。
神戸在住」の木村紺クラスの、もうダントツで好きな漫画家さんになってます。
お勧めはもういろいろあるんですが、とりあえず今回はこちらから。

交際9年・同棲5年の浅尾温子(あっちゃん)と岩城晃平(コーへー)。
周りの友人が結婚、子作りしていく中、踏み出さない生活だったり。
仕事上でのトラブルだったり、世に言う過ちだったり。
そんなアレコレを抱えたまま、ひたひたと過ごしていく毎日とその続き。

物語はあっちゃん、コーへーの両人サイドから進み、直面するそれぞれの問題が描かれます。

三十路を目前にかまえた両人の前には、仕事先での関係とか、そこかしこからの「ケッコン」関連のいろんな圧力がかかってきたり。
「ほっといてちょんまげ」、「ただ呼吸するだけの丸いいきもの」になりたいとか思ってても、
現実というか周囲というか、そんなものとかかわる以上、みだされないことなんてないし、逆に、みださないこともない。

それをおもしろーと思うこともできるし、めんどーだとも思うこともできる。
けどそれはこちらの気の持ちようとかじゃなく、それ自体がもともとそういうものなのだろうという気がする。

あっちゃんは冷めてるもんねー

女友達からもらう、なんてことない、だけど妙にざらっと残ってしまう一言。

理由はちがえど、うちもあんましケッコンだとか、それどころかレンアイにもあんまし興味ないひとなので、ざらっとまではいかなくても、なんとなく残ってしまったりするのです。

扱うテーマは重くてシリアス。けど渡辺ペコ流の、ちょっとした可笑しみは損なわず。(ぬいぐるみの「るみたん」に胸中語りしながらのファブリーズするコーへーとかね。やりません?、こーいうの。個人的にとてもツボなのですが)

重いだけの日常はともかく、軽いだけの日常だなんて考えられないし、
そんな意味で、そんなむずかしめの「29歳最後の思春期」の毎日をホントにいい感じに描いてくれていて、いつもながらにすごく好感がもてます。(という自分がまだ22だということに今気が付いた・・・あう)

「人間の技術と知恵とエゴのつまった 0.03ミリの うすかわいちまい」

つまり避妊具。
それを手放す日がくるのかどうか。別にそれがゴールだとは思わないけど、そんなところが気になります。

にしても「にこたま」の意味、おまけ漫画読むまで気が付かなかった・・・。
いろんな意味こめた渡辺さんにはすみませんけれど・・・・・・変なところで、笑わせてもらいました。

渡辺ペコ 『にこたま(1)』 講談社モーニングKC

>拍手コメ
お久しぶりです(^^)v
きわどいヒントは、後藤深津紀さんのなぞなぞです。
気になるようでしたら、本編をお楽しみくださいませ(回し者か・・・)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

渡辺ペコ 『東京膜』

東京膜 (クイーンズコミックス)東京膜 (クイーンズコミックス)
(2006/01/19)
渡辺 ペコ

商品詳細を見る


そんなこと考えていたら
頭の中が少しだけ明るくなったんだ
 (「9時から5時までのチャコ」より)

渡辺ペコ、渡辺ペコ。
不二家じゃなくて、あーどっかで聞いたような聞かなかったようなと思えば、
「蛇のピアス(コミック版)のひとか!!」と得たり。
ちょこちょこっと調べてみて、おもしろそうだったんでこれまた購入。
手持ちの諭吉はこれで消えたけど、おもしろかったからまあいいか。(いいのか?)

本邦初(?)の間取りマンガ、「東京膜」三部作他、読みきり3編収録。
今回はとりあえず、三部作のあらすじから。読みきり3篇も、併せて。

東京膜#1 真昼の客・・・
あたしきっと 後悔しないわ―――

不満とまではいかなくても、一緒に生活してると少しずつ積もってくるもの。
若夫婦、「みこ」と「じゅん」。そんな埃なんてものともしない。
けど真昼にやってきた訪問販売員。それをきっかけに、小さなひと騒動が巻き起こって・・・。

どっこでもあるようなストーリーなんだけど、なぜにこうもおもしろいのか。
隅っこの埃とあなどることなかれ。
小さなとっかかりに、知らずおたおたさせられてるふたりが、
ものすごくキュートでおとなしいけどコミカルに書かれてる。
変な言い方だけど、そこにたしかに温かな人間がいて、読んでてすごくほっとした。

この本は当たりだ!って、まずこれ読んで直感した。

東京膜#2 適正距離・・・
あたし 意気地なしの大人になっちゃったのかなあ

本当は飲まなくたって、素面で世界と対峙したい
けれどいつのまにかそうはいかなくなってる、酒飲みの佐和子。
いつものように厨房の男子を眺めながら仲間と酒を飲み、
今日も今日とて部屋のベッドにたどり着く前にぶっ倒れる。
その繰り返し。のはずだったけれど・・・。

今度はちょいと恋愛絡んでる、三部作二作目。
別に恋愛体質でもなんでもないけれど、ああちきしょう、なんだよ
すっごくいいじゃんかこういうの、と感じてしまうような一とき。
恋愛とくれば即座に「センセイの鞄」を思いつくんだけど、こういうの話も案外好きではある。

東京膜#3 かぶと山トレッキング・・・
おぼえてる? ちっさいころの かぶと山

風邪で出られなかった遠足。
楽しみで楽しみで仕方なくて、それでも行けないとわかったので、
だから弟と登ることにした、急な家の階段。
思い返したずっとむかし。今もこうして、登ってるんだけど。

ピュアで小さな、しっかり姉と泣き虫弟の冒険物語。
読んでたらむかし登った山なんか(小学校の行事で)思い出したけど、
どうせならこんなふうな、かぶと山みたいなのに登りたかったなー、なんて思ったり。
ま、一人っ子だからそれも無理なんだけど。

9時から5時までのチャコ・・・
そろそろくるかも って おもってました

彼にもっとずっと好きな女の人ができて、フラれたばかりのチャコ。
やけ酒おかわりしたら拍子に隣の男性にビールをこぼし、
そしてその男性も3日前に妻に出て行かれたばかりだいう。
見ず知らずの男性とささやかながら意気投合し、けれど店は閉店時間。
さて・・・・・・?

「真昼の客」に輪をかけてハートフル、んでコミカルストーリー。
明日もっと落ち込むか、朝日といっしょに明るい頭になれるかは、
意外と意外とシンプルな分かれ道。健気で健やかな、大人たち。
収録作の中で、ダントツで好きな話。最高に好きだ、これ。

たんの3兄妹・・・
そしてわたしたちも オトナになる

兄→弁護士 妹→和菓子屋バイト 趣味・音楽作成 弟→MC

凸凹3兄妹の、久々の集まり。
ぎこちなさから安心感、くだけてくだけて、親密感。
3人そろってとりとめもない会話しながら、いろんなことを想ってみる。

一人っ子なのであんまり想像がつかないけど、兄妹ってこういうものかーと思った。
親でもなく友人でもなく、恋人でもない、3人つどって親密空間。
3人みんなすくすく育ってこんなになること、だれか想像できたでしょうか。
すくすく育った私は、願ってるものにちゃんとなれるんでしょうか。

リビングルーム・・・
あんなこと 覚えてなくて 当たり前か

部屋の鍵が開いている。
おとといケンカした彼かと思えば、そこには空き巣にさんざ物色された我が部屋が。
彼は妻と子がいる。こんなときに頼れる友人もいない。親にも心配かけたくない。
あげく、4年前の秋に知り合ったっきりの、広瀬くんを訪ねることにしたのだけれど、
そこにはもう、エロ漫画書きの美人の彼女さんがいて・・・・・・。

読み終わって、川上弘美さんが「おでんは大根でしめる」とかなんとか
エッセイで言ってたの思い出した。「ゆっくりさよならをとなえる」だっけか。

何が言いたいかって、まーなんとなくだけど、しめの大根みたいな味の、いい話だった。
エロ漫画書きの戸田さんも、食べ物の皮むき大好きな広瀬くんも、
空き巣に入られたりなんたりで凹んで泣いちまったりする主人公も。

こういうの、ほんと好きだなーと思う。この話に限らず、これは全編通してだけど。

人間嫌い、人間好き。
たぶん私は6割4割で、その6割って大部分こんな感覚で出来上がってるものだったりする。
愛すべき隣人。
そんな気さくさがあって、そんでその隣人のとっても人間くさい日常の何コマか。
もしかしたらどうしようもないくらい、私はそんな物語が大好きだ。

買ってから、もう何度読んでることか。
渡辺ペコ。年末に、新しくとっておきの、とっても好きなマンガ家さんが増えました。
ラッキー。

渡辺ペコ 『東京膜』 クイーンズコミックス
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。