コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

里見蘭・槇えびし 『DOLL STAR言霊使い異本(1)』(~2・完結)

DOLL STAR言霊使い異本 1 (1) (マガジンZコミックス)DOLL STAR言霊使い異本 1 (1) (マガジンZコミックス)
(2008/11/21)
里見 蘭

商品詳細を見る


“アンタのイチバンこわいもの なぁに?”

とある高校に転校してきた福堂沙穂が出会ったのは、
クラス中の嫌がらせの標的になりながらも欠片も動じず、つっぷして眠り続ける柚木乃々果。
柚木乃々果は人形たちの声を聴き、さらにはフランケンウルフという人形を用いて、
対峙する相手に相手の“イチバンこわいもの”を幻視させる能力を持っている少女。
ある事件をきっかけに、沙穂はこの奇妙な少女と関わっていくことになるのだけれど・・・・・・。

一巻を読んだときは、「これ、久々に(自分にとっての)大ヒットかも」と思った。
画も全体の雰囲気も、私的にかなり好きな部類だし、各々の人間の隠し持つ、
何者かへの恐怖という弱さを根っこからえぐりだして突きつける、
思い浮かべてみればこれ以上にないかもしれない、静かな刑罰に似た、容赦ない幻想。

「血の匂いがするよ・・・・あんたの手」

声を出せない人形たちの声を聴き、持ち主の人間を虚勢から叩き出し、あるいは逃避から目覚めさせる乃々果の、一切の無駄のない台詞も、ストーリーの雰囲気を高めるのに最適。
奇抜で独特なストーリーなんだけど、絶妙で丁寧な物語の描き方が読んでてアレルギーを起こさせないし、不思議さと不気味さがまざりあったこの物語を読むことが何よりホントにおもしろくて爽快で、最後まで気を抜くことなく一気に1巻読了。

蛇足っぽいことを言えばその中でも、登場人物(じつは後半のキーキャラクター)の栗栖くんの言う、
いじめの構造、その奥にある人間の恐怖の本質は、すごくひかれるものがあった。けどそれを直視できるような強靭さを持ち合わせてるようなら、そもそもいじめなど起きないとは思うけど。

何にせよ、人間の持つ“恐怖”という原始的な感情。
各々の人間の持つその本質について、いろいろと考えさせられる、けっこう重量感のある読了感。

ただし。

最終巻の2巻まで読んでみたけれど、意外と「すげえ!」って驚くありがたみのない終わり方。
そこそこ凝ってて、そのくせわかりやすいんだけど、1巻を読んでるときに比べると、
なんかイマイチって感じの。(ネタばれ防止のため、以後略)

書けば書くほど傲慢ちきな言葉しか出てこないんだけど、
個人的には2巻と言わずもう少し巻を重ねてほしかったというのが正直・・・。

けれどやっぱり、お勧め本です。

里見蘭・槇えびし 『DOLL STAR言霊使い異本(1)』 講談社 マガジンZコミックス
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。