コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

イシデ電 『月光橋はつこい銀座』

月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス)月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス)
(2009/02/24)
イシデ 電

商品詳細を見る


思いもよらない自分に変わるきっかけはきっと
そこらじゅうに散らばってるんだから


なーんか最近私事と感想文がえらいごっちゃまぜになってて、あちゃー。。な気分でしたので、そろそろ本来に戻ります。。目指せ純読書感想ブログキャンペーン実施中。

某所にある、昭和ムード満載の商店街。その名も「月光橋商店街」。
その一角、「竹屋乾物店」の、中学生と小学生のケンカばかりの仲良し姉弟。
想像力(妄想力)豊か、それでいて、ばーちゃん曰く「不憫なくらい堅実な子」、ノリ。
わんぱくボウズで少しおバカで単純、だけれど熱い心意気の弟・タケ。

年上の大学生への恋心や思い描く夢と、現実の自分の雲泥の差ってダブルパンチに喘いだり、こまっしゃくれた美少年転校生が現れて、おまけに父ちゃんを馬鹿にするから大喧嘩してしまったり。

いつまで続くかわからない「昭和の風景」の中にある我が家の将来が心配になったり、父ちゃんといっしょに作るって約束した海賊船が、いきなりの出稼ぎ宣言でご破算になっちゃったり。

いつでも何でも大忙しっ!なふたりと、なんだか凸凹な仲間たちと大人たちの、下町人情物語。

個人的にゃ思春期真っ只中かつ妄想炸裂!ののりもだけど、タケの単純明快な真っ直ぐさがいいなぁと。「かーちゃんランドセルなくした!!」なんてな感じだけども、なかなかうちには持てないものだし。(でも少しは変われそうな感じです)

いろんなものたくさん好きになりな のり 
そのせいでつらい思いもこわい思いもするし
面倒はあとからあとから出てくるけど

なんにしろ「これだ」ってまっすぐに思える「好き」を
ひとつでも見つけられたら

ふしぎといつのまにか
片づけちゃってんのさ


こちらはそんなのりとタケの粋なばーちゃんがのりに言う、最高の台詞。
でも見えないときは見えないし、思えないときは思えない。
だからこの言葉が噛み締められる今、忘れることのないように叩き込んでおこうと思った言葉。

何も子どもに限ったことでなく、いろんなものたくさん好きになって(それに伴うものも受け止めて)成長してくんかも。
それは単純明快で臆することない、大人よりも子どもに近い、けれどそうは持てない強さなのかも。

このふたり、どんな大人になるんだろーか。イシデさま、続編希望デス。

イシデ電 『月光橋はつこい銀座』 幻冬舎バーズコミックス
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

桐野夏生 イシデ電 『リアルワールド』(上下巻・完結)

リアルワールド 上リアルワールド 上
(2007/03/30)
桐野 夏生イシデ 電

商品詳細を見る


おとなりのおくさん、ころされたらしいのよ。

光化学スモッグ注意報が発令された、昼下がりの都市部。
女子高生のホリニンナ(山中十四子)がまゆげ失敗したか電話してたそのとき、
隣の家では高校生の息子が母親を撲殺してた。

殺人犯への興味関心、摑めないリアルの投影、己に孕んだ影への愛憎。
それぞれの理由から殺人犯・ミミズの逃亡に加担、あるいは同行することになった4人の女子高生、
トシ(ホリニンナ)、ユウザン、キラリン、テラウチ。
けれどそれぞれが予想もしない探究心、裏切り、決断の果てに、
5人の逃亡劇はいつしか取り返しのつかない結末へ・・・・・・。

前に記事を書いた「私という猫」とか「月光橋はつこい銀座」(←これまた超名作!そのうち記事に)からは想像つかない、
桐野夏生さん&イシデ電さんのコラボ作品。
読み応え、十分どころかもう十二分デス・・・・・・。
内容をあんまし書くとなんとなく削げる気がするので、今回はホントに感想だけを。

これがそれこそリアルな高校生なのかどーかわからないけど、
人間の中には、わりとこういう心情が眠ってると思う。
禁忌とか、それを知りたい気持ちとか、愛憎とか。程度の差こそあれ。

ひとを殺した人間の気持ちを正確に知りたい。

人間の暗部を覗いてみたい、知りたいというホリニンナの心情は、
私にしても十分に覚えのある感情。
事例紹介、考察、客観性の十分あると思うその手のサイトだけ、今でも覗きまわってるくらいだし。

今すぐどっかに行かなくちゃと思ってさ

『リアルワールド』という明確でいて曖昧なタイトルのこの物語の焦点は、
少年による殺人事件を題材にしながらも、
逃れなれない現実、摑めないリアルに文字通りの死闘を挑む、高校生5人の姿。
そしてその死闘の、果てに待つもの。
原作を読んだときにも遭遇した、たとえようもないこわさが、また襲い掛かって、息が詰まった。
私たちが守る世界はどれほどのものなのか?
リアルワールドは、それはどこに、何処にあるのか?
答えなど求めてないのに、そんな問いかけがいつまでもこだまして詰まった。

物語としては、『ミスミソウ』に匹敵するほど、凶悪ではある。
(とはいえ、残酷描写はさすがにこちらがはるかに大人しいけれど)

けれどその凶悪さに真正面から立ち向かって、真摯に丹念に、
精魂こめて『リアルワールド』という物語に仕上げた、桐野さん、イシデさんの仕事に、
知る限りの衝撃に触れてみたいという心があるのなら、迷いながらでも一読をお勧めします。

桐野夏生 イシデ電 『リアルワールド』(上巻) 小学館 IKKICOMPLEX
コンテントヘッダー

イシデ電 『私という猫』

私という猫私という猫
(2008/07)
イシデ 電

商品詳細を見る


誰とも関わらずにこの世界を
ひとりで生きていこうなんて思ったら
死ぬぞおまえ


リアルワールド(原作・桐野夏生)のコミック版をきっかけに知った、
新進気鋭の漫画家さん、イシデ電さんのなんとも粋な一冊。(志村貴子さんとも仲良しのようで。余談)

私のまわりの、いろんなタイプの猫たち。
野良、飼われ、捨てられ、野良の中のボス、飼われ→捨てられ→野良、2位、3位、子ども。
美しっぽをひそかに自慢に思いながら野良として生きて、足跡を残す「私」という猫。

ストーリーもそうだけど、絵のタッチがすんごく印象的な方。
なんか、杉浦日向子さんの「百物語」思い出した、筆文字みたいな。(この季節、また読みたいっすね)

「生きる!」(生きていくんだ!)的なものじゃなくて、ただ単純に「生きる」猫たちのやり取りが、
これがもう粋で困る。粋すぎて困る。もしかすると格好良すぎ。

己の絶対の強さの証を求めるもの。
仲間を守るために命を懸けるもの。
天真爛漫なままで戦火の中を動き回るもの。
美しっぽ同士で死闘を繰り広げるもの。

いろいろいて、いろいろする。
争い、まぐわい、咆哮し、そうして生きて、時が経つ。

あんた ひとりじゃ生きてけないって言ってたね
なら終わり方だっておんなじことだろが


共存という言葉、見ればわかるけど共に存在するという言葉。
憎しみをぶつけながら、あるいは慕い、あるいは認めあいながら、
共存する猫たちの姿が、どうしてこんな目線で描けるのか、どうしてこんなに深いのか。
(今はこーいうの、「深いい」とか言うんだっけ)

登場猫は、みな超個性派ばかり。
根っからのケンカ屋、天性の甘え上手、しゅるり美しっぽ、心優しい加減知らず等々。

ちなみにそのうち、
「私」のライバル、クールな美しっぽと、「ぼくはケンカが苦手なので、殺してしまうかもしれませんがよろしいですか」って心底困ってるハイシローがめちゃ好きです。
(前記事は、ややカオス風味の、久々のごあいさつとなってます。お時間ある方、よけろしれば)

イシデ電 「私という猫」 幻冬舎コミックス
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。