コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

金原ひとみ 『星へ落ちる』

星へ落ちる星へ落ちる
(2007/12)
金原 ひとみ

商品詳細を見る


いつか、私は彼に墜落した。
そして今も炎上している。
 (「星へ落ちる」より)

初めてかもしれない。買って読んで、すぐ読み返したのは。
生々しくむき出しの感情が絶えずあふれ出す、連作短編集。

本編を通して語られる、想われる「彼」。
多くは直接的に、あるいは間接的に、「彼」に関わる3人の人間の、それぞれの絶望の過程。

彼を捨て、新しい彼の恋人の存在に怯える私。(「星へ落ちる」)
彼が女と浮気しているのを非難すらできず、追い詰められ発狂していく僕。(「僕のスープ」)
彼と同じ場所で暮らすはずなのに、ふたりの未来が見えない私。(「サンドストーム」)
彼女が突然蒸発し、それだけしかつながらないケータイでのやりとりに固着する俺。(「左の夢」)
彼との暮らしが始まったのに、淡い日常の中、絶望を深めてゆくばかりの私。(「虫」)

想いの成就のためにひたすらに想い苦しみ、もがいて手に入れてきた場所。
途中で捨ててきた、愛していた誰かへの罪悪すら埋没していくような、今このときの幸福。
「彼」といたいという想いだけで、それぞれの中で培われてきたそれは、
けれどいともたやすく絶望へと姿を変える。
それは「彼」と関わるがゆえの、真綿のように穏やかな、
けれどじわじわとした、底なしの絶望。

彼と暮らし始めた途端、私は彼から遠く離れてしまったような気持ちになった。 (「虫」より)

本編最終章。読み終わってその題の意味に気づき(というか思いつき)、あげく最も冷たい思いをした、「虫」より引用。
ありきたりのこの感覚の中身とその行く末は、ここなんかで知ってしまうよりも、
読んでその身に体験するべき。(ここで書いてしまえないのがじれったくてしかたないけど)

それにしても本編中、唯一一度も一人称で登場しなかった「彼」が、
おそらくは知的でスマートで性格だって悪くないであろう「彼」が、
読み終わるころにはもう薄気味悪くてしかなかった。

そしてそれと同じくらい、そんな無意識の「彼」に翻弄されながらも、
関係を断ち切れず、それどころか自ら進んで埋もれていくような「私」や「僕」も、
もうもどかしくてしかたなかった。

けれどそう感じると同時に、落ちていくことには誰にも抵抗できないよな、とも実感する。

愛し合いなのか依存なのか、もしやその入り口にすら立てていないのか(なんて不気味な想像だろう・・・)。
どれとも知れない「彼」とのかかわりの中で、たしかな絶望だけに落ちていく姿のその先を、
これ以上書かれてもいないその先を、そうとわかってても、ずっと思わずにはいられなかった。

金原ひとみ 『星へ落ちる』 集英社(単行本)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

イシデ電 『私という猫』

私という猫私という猫
(2008/07)
イシデ 電

商品詳細を見る


誰とも関わらずにこの世界を
ひとりで生きていこうなんて思ったら
死ぬぞおまえ


リアルワールド(原作・桐野夏生)のコミック版をきっかけに知った、
新進気鋭の漫画家さん、イシデ電さんのなんとも粋な一冊。(志村貴子さんとも仲良しのようで。余談)

私のまわりの、いろんなタイプの猫たち。
野良、飼われ、捨てられ、野良の中のボス、飼われ→捨てられ→野良、2位、3位、子ども。
美しっぽをひそかに自慢に思いながら野良として生きて、足跡を残す「私」という猫。

ストーリーもそうだけど、絵のタッチがすんごく印象的な方。
なんか、杉浦日向子さんの「百物語」思い出した、筆文字みたいな。(この季節、また読みたいっすね)

「生きる!」(生きていくんだ!)的なものじゃなくて、ただ単純に「生きる」猫たちのやり取りが、
これがもう粋で困る。粋すぎて困る。もしかすると格好良すぎ。

己の絶対の強さの証を求めるもの。
仲間を守るために命を懸けるもの。
天真爛漫なままで戦火の中を動き回るもの。
美しっぽ同士で死闘を繰り広げるもの。

いろいろいて、いろいろする。
争い、まぐわい、咆哮し、そうして生きて、時が経つ。

あんた ひとりじゃ生きてけないって言ってたね
なら終わり方だっておんなじことだろが


共存という言葉、見ればわかるけど共に存在するという言葉。
憎しみをぶつけながら、あるいは慕い、あるいは認めあいながら、
共存する猫たちの姿が、どうしてこんな目線で描けるのか、どうしてこんなに深いのか。
(今はこーいうの、「深いい」とか言うんだっけ)

登場猫は、みな超個性派ばかり。
根っからのケンカ屋、天性の甘え上手、しゅるり美しっぽ、心優しい加減知らず等々。

ちなみにそのうち、
「私」のライバル、クールな美しっぽと、「ぼくはケンカが苦手なので、殺してしまうかもしれませんがよろしいですか」って心底困ってるハイシローがめちゃ好きです。
(前記事は、ややカオス風味の、久々のごあいさつとなってます。お時間ある方、よけろしれば)

イシデ電 「私という猫」 幻冬舎コミックス
コンテントヘッダー

お知らせ。久々。

あっはーここはどこ、あっしはだあれ?状態。

あまりに不在が長すぎて、荒れてはいたけど壊滅まではしてなくてとりあえずオーライ。
というわけでご無沙汰してます、月見改めまして、ツキミです。(また微妙な変化だなオイ)

なんつーか、ゆるかったり重かったりの集団リンチ的イベントがよりどりみどりきみどりに発生しまくり、
もともとメンタル畑の住人だったりするのでかなーりしなしなしてる状態です。(←見ればわかるか。)

とりあえず何冊か漫画、小説併せて読んで、これは!っていうのもあったので、
ぼちぼち復活していけたらなと思ってます。
(物語も併せて書いてたりするのですが、こちらはかなりの長期戦の予感デス)

それでもお待ちいただけるという、そんな好事家一歩手前の方、
巷のスローライフもびっくりのスロー更新となりますが、これからよろしくお願いします。

あうあ、タイピングつかれた。。。(どんだけだよ)
とりあえずここらで。それではまた。

ツキミ
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。