コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

野中柊 『シュガー&スパイス』

シュガー アンド スパイスシュガー アンド スパイス
(2009/10/30)
野中 柊

商品詳細を見る



砂糖を焦がす加減は、恋によって身を焦がす加減と同じくらいが、ちょうどいいのかもしれないなと思いつつ。
甘く。ほろ苦く。かりっと香ばしく。
私はそんな恋をしたことがあるだろうか。


自他認める甘党の身です。ので、こんな表紙にされると買っちまうんです。。
ついでに香ばしいスコーンまで買ってきてしまうんです。。
さすが角川さん、戦略が効いてますわー。。

という阿呆な独り言はさておき。
先に断っておきますね。今回の記事は書き手の主観、いつにもまして全開です。

ひとまずあらすじ。

マンションの一室に看板もなしに店を構える、知る人ぞ知る名洋菓子店、パティスリー・ルージュ。
天才パティシエ・柳原雅也のもとで、見習い仲間・近藤と奮闘する晴香、21歳。
女優兼オーナー兼パトロンの紅子。その紅子の、口の悪い美少年風の妹、碧。いかにもな中年ゲイ、マシュマロ。ゆで卵系マネージャーの篠田。
柳原さんをめぐる晴香vs紅子の戦い(ぶっちゃけ勝負になってない)を抱えながらも、穏やかな日常と修行の日々。
そんなある日、紅子のフランス人元彼(大物映画監督)が現れたことから、店に波乱の予感が・・・!

シビアじゃない方の野中さん作品の特徴というか見所というか。
登場人物がみんな活き活きしてて、とにかく自然な活気がある!
軽やかなんだけどうるさくなくて、心地よく読める。
なので、小説を読んでるというより、テレビ画面を見てるかのように光景が浮かんでくる。
それも、ところどころに気の効いてる必殺が、ひそかに隠されてたり。
たとえば、ある日のパティスリー・ルージュの、こんなやり取り。

エントランスの扉を押して、ふとマシュマロは振り向いた。
「ねえ。雅也。永遠に続く恋って、この世には存在しないのかしら?」
まるで、その問いを待ち構えていたみたいに、
「あのさ、長く保存できないものほど、純度が高いって場合もあるよ。生菓子の賞味期限だって、めちゃくちゃ短いだろ?」すらっと柳原さんが答えると、
「物は言いようね」マシュマロは肩をすくめて、微笑んだ。


質問者、失恋直後の泣き兎、マシュマロさん。
うわ、なんつーストレートな問いだよ!と思いながらも、やっぱし人情(?)、
こういう気持ちはうちにだってあったりしたわけで、柳原パティシエの回答には、ううむ、巧いことを・・・!(うちの相方にも効くだろか?)と唸った。

ときにキザだったりするのに、そのくせさりげない会話の妙。
参加型猫』なんか、その見所が最大限溢れてると思うし、だからあの本は大のお気に入り。

けど・・・今回のは・・・・・・甘い。。
軽く胸焼けしそうなくらい甘い。。
フランソアのミルクチョコ大福くらい甘い。。(といいつつ、ちょくちょく買ってくるひとがここに一名・・・)

主人公、晴香も、周りのメンバーもキャラがたってて魅力的なんだけど、やっぱしなんか甘すぎる。。(だいたい、「女の子ってそういう生き物」みたいな考えが、うちは嫌いなんだった・・・)
もちろん色恋沙汰につきもののビターな想いを味わう場面もきちんと描かれてるけど、でもバランスがいまいち。。

というわけで、さくさく読めて楽しめたけど(特にケーキの描写なんか。横文字アレルギーのうちですら、いらない食欲が沸いて沸いて本気で困った・・・)、やっぱりお気に入りとはいえない一冊。

もうちょいビターテイスト効かせたほうが良かったかもしんない。。
少なくともそのほうがうちは好みです。。島本理生さんとか。

好き嫌いの分かれる本ですので(ホントに、砂糖の加減の好みみたいに)、表紙に心惹かれた方、ちょっと立ち読みの後に買うのが無難です。

野中柊 『シュガー&スパイス』 角川書店
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

木村紺 『からん(1)』(~3・続刊)

からん 1 (アフタヌーンKC)からん 1 (アフタヌーンKC)
(2008/10/23)
木村 紺

商品詳細を見る


身体が疼くやろ 血が騒ぐやろ やりたくなるやろ!

京都、私立望月女学院。
名門女子高として知られる学校内の柔道部に入部した2人。
京都2位の実力の高瀬にライバル意識むき出しの先輩、その高瀬が憧れる全国大会優勝候補の先輩。
素人でしかも小さな体躯ながら、高瀬も避けるしがらみに真っ向勝負する度胸者、九条。
その他、テンパリもじゃもじゃ頭の比嘉、そして比嘉に染みいるストーカー女、穂積。
4人の柔道生活が、今始まる!

と書きつつ、じつは主人公が高瀬なのか九条なのか、それがよくわかんないという不思議な構成。
というか読めば読むほど、主人公不在の感がしてくる。というより元からそんな区別を必要にしていない感じ。
キャラ描写が全員深いってのはいつもの木村さんのことだけど、今回はそこからもう何かしかけがあるような。
なんともいえない味わいです。もうこの時点で、底が見えない!

さて本編。

とりあえず・・・・・・
木村紺さん作品の引き出しの多さにほんっと脱帽。。
『神戸在住』は言わずもがな、『巨娘』、『からん』、この3作どれも一級品。
メジャーになることはないだろうけど、最高級品の類。

強い者が弱い者に勝つ そんなんあたりまえ それが勝負や!

(新入生の高瀬に敗れて難癖つける先輩格に、素人の九条が言い放つ一言。2巻では、この一言から始まる因縁の対決がどうやら見もの)

柔道のじゅの字も知らないうちでも、もうめちゃくちゃはまった。
まず、もちろん息もつかない真剣勝負が一番の見もの!なのだけど、キャラひとりひとりの魅力が細部まで存分。

主人公らしい(?)高瀬の大らかさと勝負強さが一番魅力的なんだけど、最強大石先輩に、のんびり京風美人の百先輩、大石先輩すらも恐れる、曰く本職並みの顧問みっちゃんとか、いろんな面子の集まり。

おまけに縄張り意識だとか、利権問題(?)だとか、そこにいろんな外因内因もからんでくる。
読んでて楽しい、けど一筋縄ではいかない、愉快で激しくて、けれど緻密な物語。

細部にわたり、とても見所が多いのでスポーツの楽しさを知ることに+、人間(京都人)や土地(京都)の中身に触れることのできるような、そんなコアな部分も引き込まれる魅力。

読んでると何かを極めたくなるのと、というか雅や大石先輩みたく、半端じゃない自信持った笑みが浮かべられるひとになりたいなーとしみじみ思ったりもする。

今後の展開が予告はあるけど予想もできず、2、3巻をまとめ買いしなかったことを大いに後悔してる(近場の本屋には売ってない)、今日。

からん(1) アフタヌーンKC 講談社
コンテントヘッダー

碓井尻尾 『店長の憂鬱』

店長の憂鬱1(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)店長の憂鬱1(バンブーコミックス) (バンブー・コミックス)
(2009/05/16)
碓井 尻尾

商品詳細を見る


朝から夜中まで 魚を仕込み 寿司を握り 売り上げ計算 シフト作り 発注 部下の教育 ツッコミ ノリツッコミ 店長は大変です


某所の回転寿司チェーン店。
激務&休みのなさ。さらにはドジ娘にツッコミ眼鏡に強面乙女な板前に、お一人様の姉御風・・・個性派従業員&客に囲まれたせいで、だんだんどんどん憂鬱になってく店長、スズキ。
「俺達の寿司食いねぇ!!」 
思わずお寿司が食べたくなる、めずらしい回転寿司屋4コマ漫画。

とにかくスズキ店長どんまい・・・。この一言。

週に2、3日は店内に泊り込み、雇われなのに店内に私物は増える一方。
短冊に願いごと書こうとして、「休み」以外の願いごとが思いつかねー・・・とか。
休憩中に店内でサンマ焼かれたり、社長から引きこもり+ニートの親戚押し付けられたり。
年越しくらいは家でしたいと言いながら、いつの間にか店内でのひとり年越しの準備してたり。

奇人変人の真っ只中にいるマジメ人間かつ中間管理職。
振り回されて、自分のペースも休みもどこへやら。

ワーキング!!に比べると絵柄はどうも大雑把に見えるけれど、中身は引けをとらない面白さ!

的確なツッコミ隊長エビハラくんに、ドジ&天然なヒロイン、アユカワのボケも良いけど、強面かつ寡黙な生粋の板前風にして、猫、ファンシーグッズ、イチゴミルク、アニソン好き、魚をさばく前に涙を流す鮫島さんが微妙にツボです。

そんな店員たちに振り回されつつ社長にも振り回され仕事にもおわれ、「お疲れ様です」と帰る店員一同を「おやすみ」(←泊まる気)で見送るスズキ店長がさらにツボです。

いや 忙しいのはいいんだ 売り上げ上がるし稼げるときに稼がなきゃ・・・
ただ休みさえ・・・休みさえあれば―――
 (←in厨房 でかい独り言)

店員をみんな「くん」「さん」付けで呼ぶあたり、生真面目なひとなんでしょうね、スズキ。
浮き沈みなくて安定して笑えるギャグ漫画なんだけど、激務のせいでスズキがだんだん変なテンションに陥っていくのは、ハッと気が付けば妙なリアリティーがあったりもする二面性もあり。

とりあえずスズキ店長が胃潰瘍やら何やらにならないことを祈りつつ。
2巻も楽しみにさせていただいてます。

碓井尻尾 『店長の憂鬱』 バンブー・コミックス
コンテントヘッダー

豊島ミホ 『やさぐれるには、まだ早い!』

やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)やさぐれるには、まだ早い! (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/12/02)
豊島ミホ

商品詳細を見る


今目の前にある光に、思い出の小さなきらめきは呑まれてしまう。
それこそが幸福のパワーなんだろうけど。
 (「初恋の時効」)

久々に、記事を書けるくらいにはなりました。
もしかしたら今年はもう更新しないかもと自分でも思ってたけど(というか読めるかどうかという感じでしたけど)、なんだろ、ダウナーなんだけどなんかいい本でした。
東京都と首都圏の一部で配布されてたフリーペーパー『L25』に連載されてたエッセイを単行本化。
ちょっと寄り道して、昨日の某書店にて。

あ、豊島さんのエッセイ出てるー。。と思って、どれどれー。。とあとがきを見てみる小津(じつはまだちょいとダウナーなのです)。

そして感想→ ・・・・・・オーイ。。豊島さーん。。。

長くなるから書かないけど、なんだか自信ない・・・自信ないよう・・・て感じが力な~く伝わってくるような。。
なんか意外なことに、「売り上げの悪さなんかに絶望」するらしいけど。
「地味」だとか、「ない」ものづくしだってこんなあとがきじゃあ拍車をかけちまうんじゃと、本気で心配になった。。(実際、一度は本棚に戻した。単行本の新刊を買うってのには慎重になる性質)

それでもけっきょく買って、けっきょく一気読みした今なら言えること。
「あとがき」は、ホントに後に読むのが吉。。
紆余曲折しましたけど、うちはこの本けっこう気に入ってます。

かつて「底辺女子高生」だった豊島さんのここ最近。
日記に職業、捨てらんない物、プレゼント一考、彼氏の話、同棲問題、自分のいたらなさ、情けなさ、その他。
前半はけっこーポップに(十年パンツが発覚した彼氏さんに「おま、そのパンツで何人の女♯@*☆×■!」とつかみかかるくだりなんか、本気で爆笑したし、懐かしのKくん再登場!のくだりはちょいと色めきたった)、
けど後半はわりとヘビーかつダウナーに(同棲問題なんか、ずーんときた。。軽ーく使われがちな言葉だけど、そーいやここまで考えれてたっけ・・・)。

川上未映子さんのエッセイなんかも最近では読み始めて、まさに鬼才!奇才!!って毎度度肝を抜かれるような気分なんだけど、うーあーなーんか身にしみるんだよーってのはこっちのほう。五臓六腑って感じじゃなく、どっか片隅にじわっと。

私はただこのまんまの私で、他人に許されたいだけだ。そうして相手にもそのまんまでいてもらうような――言い方は悪いけれども、子ども同士の恋のようなものを、なるべく長く続けていたいだけなのだ。 (家庭の成分)

「使われる」ためなんかに生きてるんじゃない。みんなみんなそうだ。
それをこの歳まで知らなかった私は、多分自分だけじゃなくて、他人にもやさしくなかっただろう。
 (絶望とごはん)

成熟してる立派なひとがいれば、なんだそりゃ!あったりめーだろが!!て感じなんだろけど。うちはなんにもわかってない途中のお馬鹿ものですので、それも、わかったつもりになってたお馬鹿ものですので、あらら、いちいち立ち止まってしまうんです。

・・・・・・な、なんか久々なんに、ダウナー街道まっしぐら。。(いやいや、笑いどころってけっこう多いんだけど、と大慌てでフォロー。・・・愚行。。)
・・・でもこの本、ほんとに読めてよかった。

目線がなんとなしに近いというか同じくらい(同じってのは、そもそもありえないけど。というかこんなこと書くのがかなりあつかましいしおこがましいんだけど・・・)って感じられるひとが、うちなんかが気づけないようなことを、自分にも表せないようなことを、ちゃんとした文章で綴ってくれること。ほぼカタルシス?それを何て呼べばいいのかはわからないけど、必要だろって思う。
ルール厳守でお気に入りの煙草なんざ吸ってても、昔よりはマシにはなっても、自分だけでなにもかも反省できるなんてそんな大人じゃないんです、うちはまだまだ。

同時発売の『リテイク・シックスティーン』は実はもう読了済みで、そちらにもえらくいろいろ揺さぶられたのだけど、そんなことたちはまた後日。

ぐだぐだっていうか、なんか全体的にくたくたしてますが、今回はこれまで、デス。
といって、『やさぐれるには、まだ早い!』のかもしんない。さて?
読んでくださった方、ありがとうございました。

豊島ミホ 『やさぐれるには、まだ早い!』 ダ・ヴィンチブックス
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。