コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

島本理生 『あなたの呼吸が止まるまで』

あなたの呼吸が止まるまであなたの呼吸が止まるまで
(2007/08)
島本 理生

商品詳細を見る


淋しいからってすぐに誰かに寄りかかろうとしない。そんなふうに、私もなりたかった。だけどなれなかった。
だから自分があの人に捕まってしまったのだと思いました。


好き嫌いで言えば嫌いな話だけど、それは生理的な嫌悪感に近い・・・・・・。
こんなややこしい感情抜きで読めるとしたら、もっと自分の中で評価できたのかもしれません。
それはそれとして、本編へ。

舞踏家の父と暮らす12歳の朔は、童話作家になるのが夢。
「人生とか魂とか、堂々と口に出すのが恥ずかしい言葉を当たり前みたいに使う」父。
クラスメートよりも父やその同志たちといっしょにいる時間がどうしても長くなるから、
同級生とは話も波長も合わず、一部からは疎まれている。
そんな中でも朔は物語をつづり、仲の良い友だちを見つけることもできたし、おそらくは初めて、自分の淋しさをわかってくれそうな大人、佐倉さんにも出会えた。
クラスメートの逆風もあれど健やかに成長していく朔。
けれどどうしようもなく突然の出来事が、彼女を襲う。
そして彼女が選んだ、たったひとつの復讐のかたちは・・・・・・。

ネタばれ注意警報がわんわん鳴り響くのであんまり書きませんけど、後味が悪い話です。(と、書き終わって見直してみたら、ネタばれゼロで書くのは無理でした・・・。ところどころネタばれしてますので、気になる方は続きはご遠慮ください)

ナラタージュ」では男性(葉山先生)の善人ぶった卑劣な弱さを描いていた島本さんが、今回描いたのははっきりとしたゆがみと実害と傷。
自分の歪みを好き勝手に投影して、あげくその結果まですべてなすりつける。
そんな腐った人間。言葉は悪いけど、反吐が出たし、自分のことしか考えてないわけではないのにけっきょくは自分しか見えていない周りの大人たちにも辟易しました。

そんな中でも、何一つ知らないままで、わからないままで、気づかないままで、けれど朔といっしょにいてくれた友だちの存在だけが、希望といえないくらいの、小さな希望でした。
そして朔が選ぶたったひとつの復讐。
長い時間がかかり、できるかどうかもわからない非現実的な方法ですが、朔という少女ができるたったひとつの手段だったのかもしれません。

と書いてみて、「復讐」の内容がもう帯に書かれてしまってるのがすごい痛手です・・・。
売り込みたかったのかどうか。にしても、これは物語を殺しかねないんじゃないかと思いました。
事前に知りたくなければ、帯なしの中古本でも買ったほうが断然良いかと思います。

「奪う」ということに何も感じない人間は、そんなにはいないと闇雲にでも信じ込みたいです。
と思いつつ、あなたが何も何一つ奪わない人間かといえば、そんなことはいえない。

反吐の出る人間たちに与えられた単なる言葉を、いつまでもかわしきれず侵食を許している、あげくだれの手もとれない場所にまで踏み込んでしまう私ですが。
けれどこんな傷は、はっきりとした意思をもってして与えられたこんな傷は、本来ならば誰にも与えられてはならなくて、残されてはならないのだと、それははっきりとしています。

島本理生 『あなたの呼吸が止まるまで』 新潮社
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

さとうさくら 『スイッチ』

スイッチ (宝島社文庫 607)スイッチ (宝島社文庫 607)
(2008/04/11)
さとう さくら

商品詳細を見る


普通にしているようにすることはできても、普通にしていることはできなかった。
わかってほしいことは何一つ理解されないのに、やってしまったことは、安易に本質として見られてしまう。
言い訳をするほど嘘臭くなるが、黙っていれば誤解される。
自分の言動にいちいち説明や言い訳を要する、人の遠さが疎ましかった。


ずいぶん前に買って何度か途中まで読んでやめて最初から読む、を繰り返し、
昨日の夜中にまた最初から読み出して、今度は一気読みしました。
たくさん染みました。こーいうの、カタルシスというのでしょうか。

26歳、フリーター、彼氏なし、処女。友人なし、仕事ありときどきなしの苫子。
交通量調査のバイトをしながら、ひとの首の後ろのありもしないスイッチを押し、消していくと空想する。
何者とも普通に関わるということができない苫子が、掃除婦→熟女ホステス志願のおばちゃん、オヤジ専門のギャル、嫁よりも家具、という家具オタク、あげく家具のせいで離婚したサル男。そしてかつての、同級生以上の意味あいのない知り合いたち。
衝動と自己嫌悪、制御できない浮き沈み。「学習も成長もしない自分」に飽き始めていた苫子の人生は、翻弄されながら変わり、変え始めていく・・・・・・。

前に読んだ『my sweet aunt』も良かったです。けれどその比ではなく、後ろ向きながら終始魅力的な物語でした。

人に関わることで生じる軋轢、不条理、その他もろもろ。
たいていのひとが半目くらいで見てやり過ごすものを苫子は直視し、黒ーい太陽でも見て目が潰れたみたいに、じくじくとしている。
バイト先の店長やら社長やら、こういう地位はあるけど中身腐ってる、けれどのうのうと生きているやつ。
バイト先の同僚とか、同級生とか、相手の立場をかんがみない、そもそもその発想すらないやつとか。
そう見えるだけなのかもしれないけれど、見える部分でしかたいてい判断できないのだから、関われないと自負する苫子の思いは他人事でもなく。(というか自分もね。「学習も成長もない」のは、まぎれなく、こちらの問題)

根拠の無いプラス思考はときに良い方向に作用するけれど、その逆は負のスパイラルを生み出すばかり。
その中でもがき、ときにもがくことも投げ出したような苫子を、けれどこころから疎んだり、軽蔑することなんてだれができるんでしょうか。(できるひとも多からず少なからずいるでしょうけど。私にはわかりません)

その中で圧巻なのは、やっぱりサル男との出会い、そして苫子がよせた恋心の顛末でしょうか。
苫子の重めの内面話はちゃかさずに聞く事ができるくせに、家具にしか興味の無いサル男。
そんなサル男に恋しちまった苫子も苫子っといえばそうですけど、自分が苫子ならわかる、気がします。じつはサル男も、けっこうダメ人間ですが。

「世間のそれとは別のところに、君の本当があるんだよ、きっと」

これはbyサル男。安心した?と聞かれた気がした。けれど、その「本当すらもない」という苫子。置いてけぼりになりそうな気がした。けれどそんな苫子に安心しました。

「大丈夫。悩んでいれば、そのうちわかる」

これは某お偉い方。わかるんだろーか。そんなこと、いつになったらわかるんだろーね。
「本一冊読んだくらいで人生変わることなんてありえない」とか、だれかが言っていた気がします。
自分については、じつのところ同感なんです。けれどけして無視できない言葉がそこかしこに落ちている、そんな道を一周してきたような、そんな不確かなくせに、なんだか確かなような不思議な読後感。

ぐだぐだですが、かっこうよかったです、苫子。
今まで読んだ本の中で、私的にベストスリー以内は確実です。

さとうさくら 『スイッチ』 宝島社文庫
コンテントヘッダー

渡辺ペコ 『にこたま(1)』(~続刊)

にこたま 1 (モーニングKC)にこたま 1 (モーニングKC)
(2010/01/22)
渡辺 ペコ

商品詳細を見る


私たち 29歳で最後の思春期迎えます。

セブンスターよこんにちは。
マナー重視のお煙草吸いとなり(メンソールオンリー)、なんだか本もあんまし読めない毎日です、お久しぶりの小津ツキミです。

一方的な休止期間中(すみません・・・ってだれに謝っているのだろ。)、小説も何冊か読みましたが(主に島本理生さん)、なんといっても渡辺ペコさま。
神戸在住」の木村紺クラスの、もうダントツで好きな漫画家さんになってます。
お勧めはもういろいろあるんですが、とりあえず今回はこちらから。

交際9年・同棲5年の浅尾温子(あっちゃん)と岩城晃平(コーへー)。
周りの友人が結婚、子作りしていく中、踏み出さない生活だったり。
仕事上でのトラブルだったり、世に言う過ちだったり。
そんなアレコレを抱えたまま、ひたひたと過ごしていく毎日とその続き。

物語はあっちゃん、コーへーの両人サイドから進み、直面するそれぞれの問題が描かれます。

三十路を目前にかまえた両人の前には、仕事先での関係とか、そこかしこからの「ケッコン」関連のいろんな圧力がかかってきたり。
「ほっといてちょんまげ」、「ただ呼吸するだけの丸いいきもの」になりたいとか思ってても、
現実というか周囲というか、そんなものとかかわる以上、みだされないことなんてないし、逆に、みださないこともない。

それをおもしろーと思うこともできるし、めんどーだとも思うこともできる。
けどそれはこちらの気の持ちようとかじゃなく、それ自体がもともとそういうものなのだろうという気がする。

あっちゃんは冷めてるもんねー

女友達からもらう、なんてことない、だけど妙にざらっと残ってしまう一言。

理由はちがえど、うちもあんましケッコンだとか、それどころかレンアイにもあんまし興味ないひとなので、ざらっとまではいかなくても、なんとなく残ってしまったりするのです。

扱うテーマは重くてシリアス。けど渡辺ペコ流の、ちょっとした可笑しみは損なわず。(ぬいぐるみの「るみたん」に胸中語りしながらのファブリーズするコーへーとかね。やりません?、こーいうの。個人的にとてもツボなのですが)

重いだけの日常はともかく、軽いだけの日常だなんて考えられないし、
そんな意味で、そんなむずかしめの「29歳最後の思春期」の毎日をホントにいい感じに描いてくれていて、いつもながらにすごく好感がもてます。(という自分がまだ22だということに今気が付いた・・・あう)

「人間の技術と知恵とエゴのつまった 0.03ミリの うすかわいちまい」

つまり避妊具。
それを手放す日がくるのかどうか。別にそれがゴールだとは思わないけど、そんなところが気になります。

にしても「にこたま」の意味、おまけ漫画読むまで気が付かなかった・・・。
いろんな意味こめた渡辺さんにはすみませんけれど・・・・・・変なところで、笑わせてもらいました。

渡辺ペコ 『にこたま(1)』 講談社モーニングKC

>拍手コメ
お久しぶりです(^^)v
きわどいヒントは、後藤深津紀さんのなぞなぞです。
気になるようでしたら、本編をお楽しみくださいませ(回し者か・・・)
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。