コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ヤマシタトモコ 『HER』

HER (Feelコミックス)HER (Feelコミックス)
(2010/07/08)
ヤマシタ トモコ

商品詳細を見る


女は醜くて 
男は愚かだ

でもそんな醜さを
そんな愚かさを
――愛さずにいられるわけがないのだ
ぼくらは


「オンナたちの本音を描く 可憐で獰猛な全6編の連作オムニバス」

どこにでもありそうな宣伝文句に、
表紙から見ればなんだかポップでフランクな印象なんですが、
意外とえぐります。そういうのが、すごい巧いです。

特に白髪のレズビアンの写真家と女子高校生の話と、ワンナイトを繰り返す地味女の回は好きです。
とりあえず全話さらっといきますね。

ケース1・・・
あたしはそんな彼女たちをさしおいて世界中の男から愛されるような靴をはきたいのです

自分のほうが美しいし素敵な靴をはいている
けれどあなたがあたしを好きになったらあなたを選ぶ準備はできていた男子から選ばれなかったし、
後輩男子からはこわい靴をはいているとぬかされる
選ぶ準備はできているのに、あたしだけが選ばれない
そんなあたしに、最後のほうで近づいたのは・・・・・・

スマートなのに率直です。好かれたい、愛されたい。
モテルックには反吐が出るけど、実際問題選ばれないといううまくいかなさ。
そんなあたしに現実ってのは限りなくやさしくなくて、でも時々ちょっとおもしろいことをするんですね。

ケース2・・・
たとえばわたしが年をとって ひとりでどれぐらいさびしかろうと ひっかかるまいこの男(ひと)だけには

美容師である自分の客は、毎度モテ自慢を繰り返す、その性癖で、職場ではビョーキ扱いされるような男。
相槌を打ちながらも、ぜったいにこの男にはひっかからないと思う。けれど。

もしかしてこのままひたすら働いていずれ一人で死ぬんじゃないか
そう思うと、見え見えのジョーカーに手が伸びそうになる不穏の気持ち。
そんな中来店した女性客は、あの男が妻にプレゼントしたというペンダントを飾ってて・・・

いろんな意味で、いろんな邪推であー危ない・・・ぐらつくぐらつく、こんな橋渡りなんかしたくないしジョーカーだってひきたくない。
けれど・・・ってところから抜け出すラストシーンが好きです。
にしてもこの男、自慢がほんとに気持ち悪い・・・・・・美容師さん、お疲れ様です。。

ケース3・・・
・・・だから安心しなさい 
・・・あと何万年生きたって悩まない日はないし
誰が隣にいても孤独じゃなくなる日は来ないから

・・・・・・安心?

隣の白髪の写真家のキスシーンを目撃して以来、レズビアンであるその女性が気になって仕方ない高校生処女。
とにかくフツーの枠内でいなければ排除される世界の中で息をしてるのに、そのひとはあたしの決まりとはなにひとつ一致しなかった光景の中でフツーの顔して生きている
フツーじゃないのはこわいこと。そのフツーを逃した高校生に彼女が言った言葉の意味は・・・

「貧しい友だちだね」とだけ言うような大人がいるのは、すごくおもしろいことなんだろう。
「あまねく世界の呪い」の中で、それを体得しながら、息をすることを生きることに変えてゆけたらいいのですけどね。

ケース4・・・
噛み砕きも吐き出しもできない飴玉のように
秘密はもう19年も口の中を転がっている

あのときのお母さんみたいな女の匂いとか
だからおしゃれもお化粧も
でも性欲はあんのよ
くそったれ

目が覚めて、隣には見ず知らずの男が寝ている。またやっちまった。でも繰り返す。
飴玉が口の中でじゃりっとなるときもあるけれど、飲み込まないし吐き出さない。くだらない切り札。
職場関係の女子に誘われるも断って、実家暮らしなのに一人酒というルートをたどってたまたま行き着いたのは、
なんとついこのまえのワンナイトの男が切り盛りしている店で・・・・・・

少なくとも本人にはシリアスな話なのに、重苦しくなくつるっと読めました。
とりあえずそこに行き着くまで、変なのに遭遇しなかっただけでもよかったですね。
それにしても。「娘に訪れるすべての幸福も災厄も母親に由来する」と、
この台詞、さりげなーくヘビーパンチですね・・・。

ケース5・・・
はじめから
はじめからキライでした
・・・嘘
とてもすきでした

知り合った彼氏の女友達は、可愛い可愛いと言われる、そういってもらわなければ何もない自分になにひとつないものをたくさん持っていて、裏表も悪気もなく、育ちの良い顔をして笑っている。
ずるいずるいずるいずるいずるいずるい・・・・・・
その気持ちはキライですきなぶん、とめどもなく、崩壊して目の前の女を呑み込んでいく・・・・・・

「女なんて全員きらい」

(誤解曲解その他を承知で、同じく、と書いておきます)キライだけどすき、すきだからこそキライ。すきとキライは表裏一体を経由してたどり着いた同一なんでしょうね。人間がちがっていいところもあるけど、それしか見えないならそりゃ盲目です。さすがにこんなファイトを吹っかけられるのはごめんですけどね。この前先輩と深夜までしたケンカは、めちゃくちゃおもしろかったですけど。

ケース6・・・
・・・女のひとってずるい ・・・超ずるい!

などと言ってしどもどしてる男子と、ニヤッとしてる女子の居酒屋帰りの帰り道の歩き話(ケース5に遭遇したうえで)。〆にとってもいい話です。(オチも好きです)

ああほんと、女は醜く男は愚か。そういう自分は醜く愚か。
だけれどもそれを愛せるようには、(個人的には)ならないだろうけどなってもそんなに悪くないかも。
なんかそれぞれそんな許しポイントがあるようなお話じゃないでしょうか。

・・・さて。まとめます?まとめましょうかね。

タイトル、HERは、じつは「Hate or Envy somebody. Rude gilrs, who must be loved」の略だそうです。
(ハーとも読まず、ヘル(地獄)の当て字か?と思ってた自分は、やっぱしアホなんだなーと思う今日)

女子さんターゲットなんて狭いこと言わないで、男子さんにもひろく読んでほしい話ではあるけれど。
わからなくてもわかってもいいけど(でもわかんねーですよね、人様のことですから。そんなこと、そういえば前記事紹介本にもありました)、読めないなんてのがいたらまず友達になれないような気がする。

とは言いすぎですが、人間ってめんどい生き物だよね、めんどいけど時々おもしろいよねって笑いあうひとがほしくなります。
なかなか好きです。かなり売れてるみたいですし、この際書店で見つけたら即お求めをオススメします(笑)

ヤマシタトモコ 『HER』 祥伝社Feelコミックス
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

山崎ナオコーラ 『カツラ美容室別室』

カツラ美容室別室 (河出文庫)カツラ美容室別室 (河出文庫)
(2010/10/05)
山崎 ナオコーラ

商品詳細を見る


梅田さんが、
「エリちゃんと友だちになったのか?良かったなあ」
と頬杖をついてオレの顔を見た。
「妙齢の男女が出会って友だちになれるものですかね?」
オレが聞くと、
「そりゃ、なれるよ」
あっさり、梅田さんは言って、三本目のエビスの缶ビールを開けた。


よく言えばお茶目、悪く言えば破天荒な先輩(友だち?)に誘われて、髪を切りにいくことになった会社員27歳のオレ。
そこはカツラをかぶった桂さんが店長を勤める「カツラ美容室別室」という店で、そしてオレはそこで、同い年の美容師、エリと知り合う。
「こんな感じは、恋の始まりに似ている。しかし、きっと、実際は違う・・・・・・」
はたしてオレたちの関係は、どこに向かう?

裏表紙のあらすじがすんごくきれいにまとまってたおかげで、ほとんど似たようなあらすじ紹介になってしまいました・・・・・・。いや、いいんだけど。けどなんか、微妙に負けた気分。。。(だれにだ)

それはさておき、おもしろかったです。文章も物語も、人間も。
あと、別に闘ってるわけじゃないんだろうけど、言葉がすごく武器だ。人を傷つけない武器。
こういう小説って、あんましない気がする。・・・そんなにたくさん本読んでないけれど。

27歳会社員のオレ、佐藤淳之介がいつのまにやら知り合っていた美容師のエリ。
エリは「カツラ美容室別室」というカツラをかぶった桂さんの経営する店で、同僚の桃井さん23歳と修行中で、
オレをそこに行き着かせたのは、32歳の気ままに過ごす梅田さん。

だいたいこのメンバーの中で、浮気男の家に突撃したり花見したり、よくわからないことをやる。
そんでそのうち、オレとエリがちょこちょこふたりで話したり、会ったりしだす。

・・・・・・いや、手抜きしてるわけじゃなくて、ほんとにそんな話です。
もちろん花見のエピソードも、エリと出かけた美術館とか、いろいろおもしろい物語が転がってるし、
どっちつかずのままのオレとエリとの関係にもゆるーっと興味がつきなくて、いい感じに読めます。
晩酌みたいな本です。エビスは嫌いですが。プレモル派ですが何か?

・・・何の話だっけ。
なんでしょう、真剣に、まじめに「書こうっ!」って力んで書くと、すごく物語からずれた場所にワープしそうで、風邪で頭くらくらしてるときに「気持ち悪いけど、こんくらいのテンションが合うよねーこの本」ってな気分で書いています。

「さっきの文庫、なんの本ですか?」
オレが質問を投げてみると、
「昔の画家について、今の画家が語っている本」
とエリは短く答える。詳しく教えてはくれないようだ。
「絵が好きなんですか?」
と聞いてみると、
「うん。好き好き。今度一緒に美術館へ行きましょうか」
などと言うので、
「行きます」
いきおい、そう答えた。


ドライというかなんていうか、つかみどころがないオレ。エリも。
けれどそのつかめなさのまま、つるつる流れていくように物語がすすんでいく。
そのかたちが、なんかいい。

おまけにオレなんて、落ちてるものがだいたい死骸に見えるとか、花見の人だかり見て「本当に楽しいんだろうか?」なんて平坦に思うような男だから、余計にわかんない、つかめない。ぼうぼう。わくわく。ぼうわく。
おかげでこっちは、「べつに生きたくないひとなのかこのひと?」とか、いらない邪推までしてしまったくらい。
エリもエリで、いろいろあるし。
そんでいろいろありながら、オレがときどきしれっと思うことがまた何気なくいい。
川上弘美さんがオクラの大根おろし和えに出会ったとき(エッセイ集『ゆっくりさよならをとなえる』参照)みたいな感じかもしんない。たとえば、

男女の間にも友情は湧く。湧かないと思っている人は友情をきれいなものだと思い過ぎている。

これとぜんぜんちがう切り口で、いろいろ気に入った文章が本文中何個も何個もあって、どれか2、3個くらい引用しようかと思ったけど、ここでぶつ切りにして出しても美味しくなさそうなのでやめときます。
実物をご参照ください。

あー感想の着地点を見つけたいけど煙にまかれたというか、本人らはまた煙なんて焚いた気すらないんだろーけど焚いてるんだよあんたらーと抗議したくなるような気分。悪い気じゃないですが。好きですが、こういうの。

さあ、いっくら感想文書いてもぜったい伝えきれないんだろーなあと思いますとても。
カツラさんのこととかほとんど書いてないし。まあいいけど(いいのかよ)。
でも個人的には素敵な1冊でした。
ぜひ、ご賞味あれ。気に入られるとうれしいです。なんか一時共有してみたくなる、そんな1冊です。

山崎ナオコーラ 『カツラ美容室別室』 河出文庫

私信:今お邪魔して、今気が付きました。ちょっと笑いました(^^)

コンテントヘッダー

水月とーこ 『がんばれ!消えるな!!色素薄子さん(1)』(~続刊)

がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 1 (IDコミックス REXコミックス)がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 1 (IDコミックス REXコミックス)
(2009/07/09)
水月 とーこ

商品詳細を見る


人々は語る 
彼女ほど薄い人はいないと

それって幸が薄いってこと?

いいえ

これはそんな彼女の幸せなものがたりです


どなたかが指摘されてましたが、主人公はバス停ではなく、その横にうすーくたたずんでいる方です。
彼女の名前は、色素薄子さん。
その名前の通り、限りなく薄い存在感。
その薄さのせいでいろいろ苦労するけれど、今日もちいさな幸せを見つけて幸せを感じているのです。

というような、ふわーとした語り口で語りたくなるような、やわらかーな物語です。
どうにもこんなふうな目の大きな絵は苦手で、だから本来なら買わないのですけど、あいにくとツキミさんは心理学関連の本(しかも皆さんに不評気味な精神分析系)の読みすぎでいっつもとちがう回路が開いていたようで。

じつは正直「やばい・・・すらーっと読めそうでそこそこ良さげって、そんでアマゾンレビューにつられて買ったけど、失敗したかも・・・」とまで思いました(もうしわけないです・・・)
でも、良いもんです。地味にいいお話。感想とかそんなことより、単純に感じたことを書きたいと、そんな気になるマンガでした。

主人公の薄子さん、大人しい性格なのに加え、そのあまりに薄い存在感のおかげで、バスに乗っても誰にも気づいてもらえない、下車しようと声をあげても気づいてもらえないどころか、自動ドアさえも無反応。
大学入試でも、入室してるのに面接官に気づいてもらえない、合格しても、合格番号がなぜだか薄い、そんな徹底ぶり。

・・・書いてて思いましたが、自分みたいにひねた神経してたら軽くいじけてしまいそうです・・・。
やけんど薄子さん、それをぜんぜん苦痛には思わない。困ったなーという顔はよくするけれど。

そんなとき、けして数は多くないけど、本物の親友(これ重要ですよね・・・。HERとか読んだ後だと余計にそう想います)や、新しい友だちといっしょに、いつも小さな幸せを感じる。
例えば、気づかなかったお詫びにもらった白ねぎ1本だったり、ゆううつな雨の日だったり。

ときにはほんとにゆううつになりそうになるけれど、そんなときには友だちが幸せの見つけ方を教えてくれたりする。

そっか・・・ こんな些細なことで 景色ってこんなに色を変えるものだったんだ 

これはちょっときれいすぎる話だけど、でも馬鹿にはできない。
なぜって、よーく考えたら、こんなふうに世界をみることってそうそう簡単にできることでもないってことに、気づいたりしませんか?

純粋ってのは混じりけが無いぶん他のものも一切受けつけないって、そんなイメージが純粋って言葉には個人的にあるのであんまし好きじゃない。(すみません、文法めちゃくちゃで。こんな書き方してみたい気分なので)
というわけでこの本、なんて表そうかと考えたら、存在自体がやさしく薄い白色の本、でしょうか。
(特に1巻最後の話は、すごく好きなというか、読んでるだけなのに大切に想ってしまうようなお話でした)

なーんかよいです。
後半では薄子さんがアルバイトを始めたりもするのですが、出勤してるのに気づかれないなんてお約束をやったり、自分のできることとか自分のいる意味なんて、壮大な言い方だけどそんなことに悩んだりしながらも、
日々をいとおしんで過ごす、そんな毎日。

押し付けがましくなく、こんな些細なことで景色って色を変えるんだということが、ほんのすこし信じられるような気のする、そんな気になるのもたまにはわるくないかもな、という、そんな気にしてくれる一冊です。

水月とーこ 『がんばれ!消えるな!!色素薄子さん(1)』 一迅社 REXコミックス
コンテントヘッダー

新年

あけましておめでとうございます、長らく行方知れずになっていた小津ツキミです。

おめーはいったいどこほっつき歩いてたんだと思われそうですが、
じつはあんまり早く時間が経つので、自分でもよくわからないような・・・(オイ!)

とりあえず、思いつくまま。

大学院で、大学時代には知らなかった心理学の楽しさと、臨床心理の仕事の大変さを痛感しながら、
それでもできることできないこと、いろいろやったりやらなかったり。
メンタル畑の人間がやっていけるのか不安でしたが、なんとかやれてます(安定はしてませんが)

異常に当日休みの多い他のバイトメンバーに「おーい(ToT)」となったり。
(けれど出勤日数が増える → 相方さんと使えるお金UPなので、それはそれでいいかとも思ったり)

それにしても、本が読めてません・・・。
読んではいるけど、みんな心理の学術書です。。(最近クライン派の分析がひそかなブーム)

山崎ナオコーラさんとか、小川洋子さんの本とかを再読したことはしたのですが、
感想を書くまもなく課題やお仕事やバイトに忙殺、というありさまです。

といいつつ、懲りもせずにまた物語を少しずつ書いています。
一番嫌なのは変に心理の乏しい知識とか実習とかお仕事で経験したりしたことを入れて物語をつくることなのですが、いまのところ前作同様、生身の自分、小津ツキミからの自然体の物語が歩いています。

いつの日か、ここを忘れずにいてくださる方々の目に留まることを祈って。

尻切れトンボですが、今回はこのあたりで。
更新の保障もないものの、完全放置や閉鎖等はしませんので、今年もよろしくお願い致します。

小津ツキミ
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。