コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

飛鳥井千砂 『はるがいったら』

はるがいったら (集英社文庫)はるがいったら (集英社文庫)
(2009/01/20)
飛鳥井 千砂

商品詳細を見る


ハル ―――。行はどうするつもりだろう?
この間の行との会話を思い出す。「もういつ死んでもおかしくない」と行は言った。
ハルに会える最後のチャンスかもしれない。
この部屋に、尿の吸収シートを敷き詰めるところを想像した。
無理ではない。
 (2章「ハルを迎えに」)

いつのまにかもう何度も読み直していて思うのは、何度か噛みしめてじっくり味が出てくる本です。

めちゃくちゃ好き、というわけではないんですが、いつのまにか手元にはずいぶん長くあるなぁという感じです。
老犬介護、というめずらしい場面を扱いながら、じつは・・・という、ちょっとめずらしい物語。

園(その)と行(ゆき)は、両親の離婚を期に離れて暮らす姉弟。
けれど姉弟で性格はぜんぜんちがい、社会人で、自他ともに対し完壁主義であるが、婚約者のいる幼なじみと不毛な関係を続けている姉、園。
対し、弟の行は、「冷めた」性格というか、何事もそんなもんだろうと抗わない、けれどそんな自分の性格に、こんなのでいいのか?ってなったり、進路や、ときに友だち関係に悩んでいる高校生。
そして、今は弟、行の部屋にいる、姉弟とともに生きてきた、今では寝たきりの老犬ハル。
ある日、病弱の行が入院し、ハルは行の部屋から園のアパートに移ることに。
傍らにいる、あるいは傍らにいた老犬ハルの介護の合間、ふたりが抱える問題は表出し、ふたりを悩ませる。
そんなふたりに訪れた転機は―――。

主人公である2人の姉弟、それぞれの一人称で語られる物語です。

姉の園は自分にも他人にも完全主義で、(心の中での)同僚のファッションチェックや、母親に作ってもらった弁当に文句をつける同僚に対しての、それはちがうでしょう?という指摘とかが、けっこういつも頭をめぐっている。
それと同時に、自分に対しても、例えば一日のスケジュールは必ず遵守したり、摂取カロリーは自分で設定した範囲内に必ず収めるとか、行曰く「自分を追い詰める」し、「自分の決めた行動の内容が大事だから守るというよりも、何かを決めて、それをしっかり守るために頑張るという、行為そのものが大事」。

弟の行は姉の園とはちがい、園曰く「若いのに落ち着きすぎ」、「熱くならない、怒らない、泣かない」、そんなところがあり、本人もそれが気になっている。
我慢している、というわけでもなく、ほんとに自分でも「冷めている」というようなそんな性格なのだけど、それがなんだかちがうような気もして、それはそれでそんなものかと思うけれど、やっぱりなんだかな、というような。

そんなふたりに、それぞれの抱えることに直面せざるをえない出来事が生じる。
園に対する正体不明の人物からの誹謗・中傷。じつは何のためなのかもわからない、幼なじみとの関係。
高校3年の行が直面する、進路の問題。その選択をめぐり(というより、進路に対する行の気持ちをめぐり)、仲の良い、信頼できる女子友達との、初めてのケンカ。

それぞれ問題と向き合う、対峙するふたりの隣にいるのは、寝たきりのハル。
元捨て犬で、春に子どもだったふたりに拾われたから、ハル。
今は自分で起き上がることも排泄することもできないハルが、それでもふたりのそばにいるし、いなくても、いる。

私にはハルがいる。そう思っていた。どんなに他人から嫌われても、ハルは必ず私を受け入れてくれる。
今だって変わらないはずだ。ハルの体を撫で続けた。
 (6章「シンプルイズベスト」)

ハルが死んでしまったら、今のこの不自然な気がする部屋毎日帰って来ることになるんだな。そして俺のことだから、すぐにそんな状態にも慣れてしまうんだろうな。 (8章「お隣さん」)

そんなことを時折思いつつ、ふたりは悩み、もがき、そして物語は動き始めます。
(ふたりが対峙する問題や悪意にも、なにかしらの難しさがにじんでいるのがまたきつい、けれどふたりは進んでゆく、その過程がリアル)
人間って・・・・・・どうしてこう妬ましいんでしょうね。

と書きつつも、物語にハルが登場するシーンはそんなに多くはないし、出てもたいていは眠ったまま。
でもときどきその名前が出てくるときに、ほんの些細なことだけど、園と行のなかにいる。
いないのに、いる。うちにも犬がいるからなのか、この気持ちは入り込みすぎずシンプルに、けれどすごく掬ってる気がします。(ハルの介護にしても)

そして終盤。
タイトルにあるようにハルはいってしまい、少しずつ変化したふたりと、いつのまにか集まっていた何の必然性があるのかわからないような妙なメンツに見送られる。
そのとき、涙腺とかじゃなくて、なにか奥底を刺激したり、しみこんだりします。

「どこかが行き過ぎで、何かが足りない」 (出版社/著者からの内容紹介より) 

だれかが抱える生きにくさ。
それならどうしたらいいって、それでだれかに出された答えだってもしかして、「どこかが行き過ぎで、何かが足りない」代物なのかもしれません。
ならば自分で、けれどだれかなにかの想いにつながりながら、進んでいくのかもしれませんね。

さらーっと読もうと思えばそれでもおもしろく読めるのでしょうが、そんな読み方はしてほしくない本。
人それぞれ抱える世界観がちがうのでしょうが、どこかで一度でも噛み締められれば、たとえば何度目かに読んだいつか、どこかでしごく極上の物語になるんじゃないかなと思っています。

それにしてもこの表紙、どうしてこうもぴったりなのか。
単行本持ってましたけど、おかげで文庫まで即買いしてしまいました。

飛鳥井千砂 『はるがいったら』 集英社文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

こうの史代 『ぴっぴら帳(1)』(~2・完結)

ぴっぴら帳 1 (双葉文庫 こ 18-2 名作シリーズ)ぴっぴら帳 1 (双葉文庫 こ 18-2 名作シリーズ)
(2009/01/20)
こうの 史代

商品詳細を見る


すごくへんなものを見つけたんだけど
これ何だと思う?

「へんなことり」だった


ここ数日、このブログの特徴が顕著に出てきてますねー。
つまり、「更新しないときはとことんしないけど、しだすととめどなく更新しだす」

というのはつまり、書きたい本に会って、書きたい気分ということですね、ようするに。そんな時期です。
明日発表の研究計画書の最後のほうがなかなか書けないから現実逃避してるとか、そ、そんなんじゃないんですよ?!(しどもど)

さて。
長い間手元にあるけどなぜだかずっと感想未UPで、もしかしたら書くこともないかなーと思っている本というのがじつは何冊かあって、これはその中の1冊(2巻も持ってるので2冊ですが)。
今でも寝る前なんかにちょっと読んで寝ます。ちょっとイラついてたりするときなんか、穏やか、の半歩手前くらいの気持ちになれて寝れます(半歩、っていうのがミソなんです)。もちろん昼間だったり、良いことあった日にも読みますし、そんなときはすんごく気分が和みます。なんかお手玉2,3個持ってるようなきぶんになります。

玉村キミ子がある日見つけたへんなもの、それは変なインコ、ぴっぴらさん(自称)だった。
とてもインコとは思えない、人間くさいインコさんがついてくるのでとりあえず家に入れたキミ子は、
とりあえず職場の小さな食堂にポスターを貼って、インコさんの飼い主を探すことに。

まもなく現れたぴっぴらさんの飼い主、串田かつみのもとへぴっぴらさんは戻るのだけれど、
ちゃっかりキミ子を気に入ったぴっぴらさんはキミ子の家に逆戻り。
そんなことからぴっぴらさんはキミ子宅に住まうことになり、そこにはかつみさんはじめ、ぴっぴらさんを通して知り合ういろんな個性豊かな面々が集まるようになって・・・・・・。

というような、実は連作4コママンガです(だから冒頭の引用文選びが大変でした)。

物語は、ちょっとおとぼけだけどたくましく生きる(けれどナイーブな一面もあり)キミ子と、変な余裕がある、もしかすると人間よりも人間のような顔をしてキミ子宅に住まうぴっぴらさんの、ひきこもごも。
そこに前述のかつみさんやキミ子の友だち、そしてちょっとだけ気になる小鳥屋のお兄さんツナさん(キミ子の実家の犬に顔が似ている、ちょっといろいろずれてるけどやさしいひと)など、よく見たらすごい名前の人間味のある面々が訪れて、いろいろ話したり関わったり、遊んだり、出かけたり。そんなお話。

とだけ書いても物足りないかもしれませんが、じっさいそうなのだから仕方ないです(オイ)

でもその生活の中心にはいつもぴっぴらさんがいて、ぴっぴたさんをこころから大事に想っているキミ子がいて、そんなキミ子を好きな友達たちが周りにいつもいる。
土壇場とかはないんですが、1巻から2巻までゆらーっと安定、リラックスして、ときどきこうのさんお得意のシュールな笑い(商店街新聞に職場の紹介文を書いているキミ子。その文章を見て「ふっ・・・」と息をもらすぴっぴらさん・・・等)にはまりつつも、なんだかほっとできる、くつろぎの本です。

小さなセキセイインコ・ぴっぴらさんとの暮らしは、
小さな発見と驚きの連続。
やがてその小さなシアワセは、キミちゃんにとって、
かけがえのない宝物のような毎日になっていきました。
 (裏表紙より)

書きながら小休止して、ちょっとだけ読み返してみました。(何度も読み返しているので、もう内容はほとんど頭に入っているのですが)
あー・・・・・・これ、好きだーやっぱし。

なんかがらにもなく、小さなシアワセを見つけることがシアワセの中身なのかもしれない、なんてことを想います。
ラストシーンも、こうのさんらしい、なんともとぼけた、けれど読み手はすごくうれしいほっこりした気持ちになれるものでした。詳細は・・・例によって書きませんけどね(笑)

あと、インコのことについてもけっこう豆知識的なことが書かれていて、実際にこうのさんがインコを飼われていたときのエピソードなんかもちらほら出てきますので、こちらもけっこうおもしろく読めますよと、追記を。

単行本時と比べて、コンパクトになりましたので持ち運びも便利!(双葉社員かおまえは)
ただ、あまり書店では見かけませんが、出会う機会と、読んでみようかなという気になればぜひ。
前記事の乙嫁とはまたちがった、けれど“大切に想うこと”がいっぱい詰まった物語です。

こうの史代 ぴっぴら帳(1) 双葉文庫名作シリーズ

そういや今日は、小津ツキミの誕生日でした。
なんか微妙な日に生まれたもんだなーと毎年思いながら実は23歳です。
早いとこ臨床心理士の資格とって、仕事したいです(ToT)
コンテントヘッダー

森薫 『乙嫁語り(1)』(~続刊)

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る


山を越えて遠くの村からやって来た花嫁さんは
花婿より8歳年上だった

アミル・ハルガル 20歳
カルルク・エイホン 12歳

ふたりが暮らし始めたのは
つい先日のことである
 
(第一話 「乙嫁と婿花」 より)

さて・・・
今だからついでに白状しますが、横文字がたんと苦手です・・・。
なので、昔、嵐が丘読んだときも名前がぜんぜん覚えられず、付録の系譜図みながらひいひい言いながら読了しました・・・(同じ名前多いしっ!(ToT))。

なので・・・この物語も今だにどっちがエイホン家でどっちがハルガル家で、そもそも主人公はっ??みたいな読み方をしばらくしてて、でも物語が上質なので自然と何度も読み返し、いつのまにか覚えました。

以上、長い前振りでしたが、本文に入りますね。

舞台は19世紀中央アジア。カスピ海周辺の地方都市。
定住民族のカルルクのもとにやって来た、遊牧民の姉さんお嫁さん、アミル。
ふたりが暮らし始めて少しばかり。
お互いがお互いを大事に想い合い、カルルクの家族もアミルを大事に想いながら、
美しい民族衣装を纏い、毎日を馬とともに過ごしているのだが・・・・・・。

の、ようなお話です。
登場人物が、カルルク、アミルも含めたエイホン家のひとがみんな人間味のある良い人柄で、たゆたう時間も穏やかで、草原の香り、風邪のゆらめき、馬の息遣い、しゃくしゃくとしたたしかな生活の音、ゆったりとした会話が聞こえてくるようで、読んでるとすごく時間の流れがゆったりになります。
なんでしょう、すごく読み手さんを引き込む、包み込む、やさしい絹衣のような世界です。


みんないい人ですね

うん

帰りにまたザクロ取って行きましょうね

うん 
ホントに好きなんだね



こんな他愛も無い会話でも、なんだか身体の芯に残る残る。

それに、丹念に織り込まれつくりこまれた衣装は、いつまで眺めていても飽きない不思議な魅力をたたえています(この衣装に魅せられて、ジャケ買いしたひとは何人いることだか)。
エイホン家には文化人類学者(?)っぽいひとが同伴していますが、ちょいとそのひとがうらやましいです(笑)

さてさて、ここまでのこともすごくこの作品の魅力なんですが、主軸はやっぱりカルルクとアミルのハートフル夫婦物語。
日本で言えば子どもの年齢のカルルクと、成人女性のアミルという、こちらでは「大丈夫なん・・・??」と思わず思ってしまいますが、大事に大事に暮らしています。

とはいえ、この歳の差を快く思わないカルルクの親戚の小言もときにあったり。
そんな日の夜、カルルクがアミルをまっすぐ見つめて言った言葉が、それを象徴していました(あえて引用しませんけども。言葉のひとつひとつが混じりけなくてうつくしくて、引用ならぬ下手なぶつ切りにするのは避けたいので)。
・・・やっぱし好き合うのはいいなあと、なんかそんなことをほんとに思いますねー。

ですが終盤、アミルの故郷、ハルガル家から遣いが来て、なんとも不穏な事態になります(当人らは知りませんが)。このことについては2巻で急展開するようなので、今日バイト帰りに買ってきます。

中央アジアが舞台ということで、人によっては読みにくさがあるんじゃなんて先入観とかもたれそうですし、実際そうでしたけど。
ぜんぜん気になりません。自然に入れるし、入ってくるものをすうっと受けいれてくれます。

機会がありましたら、是非ともこの上質な時間、お楽しみあれ。
そんなふうに、思いましたよ。

森薫 『乙嫁語り(1)』 エンターブレイン BEAM COMIX
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。