コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

飲まなくても楽しいっ!・・・「ワカコ酒①」(~続刊)

ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)ワカコ酒 1 (ゼノンコミックス)
(2013/05/20)
新久 千映

商品詳細を見る


「堪能した! 堪能してやった!」(14夜 刺身盛り合わせ)

あんまりこれっていうマンガがなくて、えんえんと本屋をうろうろしてたときに見つけたプチゆる本。
以来、かれこれ半年、入れ替わりの激しいうちの本棚の、不動のエースの仲間入りです。

主人公、村崎ワカコ26歳。
鮭の身ではなく皮で日本酒、春らしいソラマメに、「何にでも合う」麦焼酎の水割り、たまにはメニューにない、ジャンクなかき揚げなんかを頼んでみたりして、「だからビールに合うのだ これが !!」

ただナレーションいわく、「酒飲みの舌を持って生まれたがために」、食物と酒の組み合わせはしっかり吟味、かつ自分流!で、けっか「今宵も居場所を求めてさすらう女一人酒・・・」

で、変なところで単細胞バカの小津は、「ワカコ先輩、ぶち格好いいすっ!!」となってしまい、以来はまりつづけてるわけなのですよね・・・・・・。

気に入りポイントとして、「孤独のグルメ」なんかにも通じるのかもしれない、“わくわく”と“自分のスタイル”をきっちりもったひとが、食べ物やらお酒やらにこころ安らぐ瞬間が、そりゃもうウマい味加減で書かれてるわけです。
きわめつけは、これ。

「ぷしゅ―――」

擬音語だけおいてもなんぞ??だと思いますが、井之頭五郎でいうところの「(うまかった・・・)」、おいしいもの食べてしまったひとの、思わずもれるあれこれ。それのワカコ姐さん(姐さん・・・??)版。

ニンニクを感ずる焼き餃子で「ぷっしゅ――」、ハイボール呑んで「ぷしゅ――」、朴葉みそ焼き堪能後の「ぷしゅ――ん」、さざえの不気味なしっぽの海味と冷酒のあとに、太るとわかってて定期的に食べずにいられないあいつを食してビールで「ぷっしゅしゅ――」、「おぷしゅ――」、ピーナツ、アーモンド、カシューナッツ、くるみ、ピスタチオ。ちがうナッツを交互にパリポリ、そんで、んぐっとあおった発泡酒に、思わずほころぶ「ぷしゅ――(3)」、ときにおいどん男子が考案した、女子力大の新メニューに驚愕(?)したりしちゃったりなんかして、けっきょくのところその妙技(??)に「ぷしゅ――ぅ」

・・・・・・「こたえられん」っ!!

「お酒の世界はこれからも広がっていくんだな」

たのしいじゃないですか。
一人酒?・・・・・・こわくてできませんけどさ・・・(石をける)
スポンサーサイト
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。