コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

川上弘美 『ゆっくりさよならをとなえる』

ゆっくりさよならをとなえる (新潮文庫)ゆっくりさよならをとなえる (新潮文庫)
(2004/11)
川上 弘美

商品詳細を見る


友人に『いいネックレスじゃん、それいくらしたん?』って聞かれて『んー、180円』と返したら『安ッ、安すぎだよあんた!!』と叫ばれました。

・・・安いのは、オレか?

というわけでこんにちは、月見です。

最近なんかちょっとずつあったかくなってきて、なんか月見のまわりのみなさまは活動的なのですが。

月見は基本のんびり屋、というかぐうたら屋なので、なんつーか『あれもこれもやりたい!』って空気はものすごく苦手です。(けして嫌いではないですけど)

そ-いえばこの前バイトしてて、店長と東京の話をしてたら、『お前には東京は合わんだろうな、絶対』って言われました。
そのとおりです、さすがは店長。
ま、そんなこたーどーでもいいんですが。

今回は、オレは天気いい日は日向でごろごろしながら本読みたいのよー、って気持ちのわかるのんびり屋なひとに特にオススメの本をご紹介。

川上弘美 『ゆっくりさよならをとなえる』 新潮文庫

のんびりゆるやか系のエッセイです。

書かれてるのはどこにでもあるようなちまちましたことばかり。

けど川上さんの目を通してみると、なんでこんなに退屈しないのかなーと不思議です。
なんか読んでると、そのままふらーっと散歩にでも行きたくなります。
いろんな小さなものたちを探しにいくんです、みたいな。

きっと川上さんは、なんでもない小さなことのひとつひとつをとってもあいしてるんだなって思います。
それが文章からふわふわぼんやり伝わってきて、なんかすんごく幸せな気持ちになる。
そういうのって、とても憧れます。

あとね、食べ物についての文章がすんげー好き。
しょうがパンとか、そらまめとか。なんか食べたくなってきます。

後半では川上さんの読んだ本の紹介もされていて、ものすごく満ち足りた感じがします。
(町田庚さんの『耳そぎ饅頭』(←大好きな本!)も紹介されてました。ちょっと意外?)

川上さんファンなら必読。川上さんを知らないひとでも、オススメ。

月見のよなのんびり屋兼ぐうたら屋さんにも、もちろんオススメです。

あー外はいい天気です。
月見はこれから犬と散歩に行ってきますよう。

枯れ葉を踏む音って、なにげにすんごく癒される気がするのは月見だけでしょうか?

終わり。

にほんブログ村 読書日記
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。