コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

島本理生 『生まれる森』

生まれる森 (講談社文庫 し 75-3)生まれる森 (講談社文庫 し 75-3)
(2007/05/15)
島本 理生

商品詳細を見る


まずはビックニュース。

角川書店から、『ナラタージュ』と『コイノカオリ』の文庫版が出るそうです

待ってました! 即買決定!!

とはいえ、給料日10日後にして早くも金欠な月見。

今日もバイト帰りに預金通帳を持っていそいそと銀行へ、その後本屋へ出向くのです。

ちなみに、『ナラタージュ』は単行本で一度読んでいて、月見が島本理生さんの作品にはまるきっかけになった本なのですが。

月見はこちらのほうが好きです。

島本理生 『生まれる森』 講談社文庫

主人公は、大学生の野田。

塾講師のサイトウさんとの関係の終わり。

中絶した、サイトウさんのではない子ども。

両親との関係もぎくしゃくして居場所がない。

そんな野田が、部屋をしばらく留守にするという友人、キクの部屋を借り1人で住み始める。

友人キク、素敵なキクの家族、開かれなかったドアをたたくキクの元恋人、近づけない両親。

いろんなひとと関わって、また立ちあがる、一夏の物語。

失ったもの。静かに壊れた感情。立ちあがれない時間。

そして何より、それらを否定せず、ゆっくりと癒してゆく感覚。

主人公、野田の感情の動きもだけれど、野田のまわりのひとも、島本さん独特のほの暗く、静かな文章でとても丁寧に書かれていて、読んでると、なんかそのまま物語に沈んでゆくような気がして。

読後、どことも知れない奥底から浮かび上がったような、とても不思議な気持ちになりました。

なんとなく、小川洋子さん、栗田有起さんあたりの作品がすきなひとにオススメです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生まれる森 島本理生

失恋で心に深い傷を負った「わたし」。夏休みの間だけ部屋を借りて 一人暮らしをはじめるが、心の穴は埋められない。 そんなときに再会した...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日は、トラックバックありがとうございました。
そして、大変、お手数をおかけしました(汗)。
トラックバックの返し方、一番早くてわかりやすい方法は、
管理ページのホーム、トラックバックの管理から「送信元」で相手記事が出ます。
「返信」を押して、出てきた記事のトラックバック欄に相手のトラバURLが書き込まれています。
「記事を保存」を押せば送れます。
ブラウザの「更新」を押して、日時と「管理人の承認後に表示されます」が表示されれば大丈夫です。

こちらにもさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色さんへ

こんばんは。お返事遅くなりまして、すみません(汗)

丁寧なご説明ありがとうございます!
なんかこっちのほうがお手間とらせてしまって恐縮なんですけれど(滝汗)

ずいぶん前に、まだブログ始めて間もない記事だったので、
トラバいただいてから読み返してみて、
なんか、懐かしくて新鮮でした。

こちらからもちょこちょこお邪魔させていただきますね(^^)

No title

トラックバック未到着です。

お待ちしていますね。

藍色さんへ

すみません、かなり遅れてしまいました。。

過去記事への新しくトラックバック、ありがとうございます!

今回はトラバお返しできたと思いますが、二重送りなどミスがあれば、すみませんが削除をお願いします(汗)
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。