コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

石井睦美 『卵と小麦粉それからマドレーヌ』

卵と小麦粉それからマドレーヌ (ピュアフル文庫)卵と小麦粉それからマドレーヌ (ピュアフル文庫)
(2006/03/02)
石井 睦美

商品詳細を見る


「ねえ、じぶんがもう子どもじゃないって思ったときって、いつだった?」

中学に入って二日目の朝、菜穂は前の席にいた亜矢にこんなことを聞かれた。
やなやつだと思ってた亜矢と菜穂は、けれどいつしか友達になり、
ふたりで図書館に通ったり、誕生日プレゼントをもらったりと、素敵な学校生活を過ごしてた。
けれど13歳の誕生日、ママの衝撃の一言で事態は一変する・・・。

と書くと、なんかものすごいヘビーなお話に見えそうですけど、そんなことないです。
表紙のとおり、すんごく温かい話。
それでいて、きっちりまっすぐと芯のとおった話。
じつは何気に、月見さんの2007年読了本ベスト10の中の1冊です。

中学生と思って侮ることなかれ。

20歳にもなった私ですが、物語中の菜穂さんや亜矢さんに教えられたことがいっぱいあります。(単に私が幼いだけなのかもしれませんが)

たくさんあるその中の1つ。とくにお気に入りは、
「両手がある」ということ、でしょうか。

本当に、宝物のように大切な言葉と時間がつまってます。
ぜひ一度、読んでみてください。

石井睦美 『卵と小麦粉それからマドレーヌ』 ピュアフル文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

卵と小麦粉それからマドレーヌ 石井睦美

中学に入学したばかりの菜穂は、「もう子どもじゃないって思ったときって、 いつだった?」と話しかけてきた亜矢と仲良くなる。 彼女と一緒に図書室に通いつめるなどして学校生活を送る菜穂。 しかし、13...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても素直な展開で心地よかったです。
今年もよろしくお願いします。
こちらと生きてるだけで~とキャベツにもトラックバックさせていただきました。

藍色さんへ

明けましておめでとうございます。(今さらですが)
変な飾りがなく、それも計算された飾らなさじゃないぶん、たしかにほんとうに「とても素直な~」という感じがしました。

ずいぶんと時間が経ってしまいましたが、またこうしてここを訪れてくださって、たくさんのトラバもしてくださり、ありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします(^^)
またぜひいらしてください。
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。