コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

瀬尾まいこ 『天国はまだ遠く』

天国はまだ遠く (新潮文庫)天国はまだ遠く (新潮文庫)
(2006/10)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


身体も心もすっきりしない。いつもどんより重い。そんな毎日が延々と続いた。早く解放されたいって、心身共に訴えていた。

23歳のOL、千尋はどこか遠くの場所を見つけて死ぬつもりだった。
ところがいざ辿り着いた山奥の民宿で、自殺に失敗。
民宿の大雑把な田村さんや大自然、村の人々との交流で、
千尋のこころはしだいに癒されてゆく千尋。
けれどゆったりと流れる日々の中、千尋はやがて気づいてしまう。
ここにはわたしの居場所はない、と。

素朴。素朴でしんわり良い話。食べ物で言えば丸ボーロ、といったところでしょうか。(なんだそれ)

大雑把なやさしさと、しっかりした食べ物と。
なんてことないけれど、そんなものでけっこうこころに染みわたる。
(千尋だけでなく田村さんがいるおかげで)おおげさすぎないところも、好きです。

あんまり本筋とは関係ないんですが、お米とか魚とか鶏肉とか、とにかくしっかりした食べ物が、これまたしっかりと描かれているのも好きです。その食べ物にまつわる気持ちとか、読んでるとなんか安心する。
たとえば、

食事をすると、自分が生きていることがわかる。
生きているのが良いのか悪いのかは別にして、魚や米や味噌、そういう確かなものを食べていると、ここでこうやって存在しているんだなあって感じる。


この気持ち。
なんかわかるような気がしてしまう。

たしかな生活に癒されて、それでも旅立ちのときはやってくる。
田村さんと千尋の根本的なちがいに、千尋が気づくとき。
だってわたしの場所はここじゃないって気づくとき。

温かな場所を飛び出しても、千尋さんはまだやっていけるって思う。

丸ボーロって空腹は満たされないけど、やさしい甘味があって好きです。
やっぱりこの本、丸ボーロみたいです。

(ところでこの本、映画化されたとか。なんか見たいような見たくないような・・・。複雑です)

瀬尾まいこ 『天国はまだ遠く』 新潮文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天国はまだ遠く 瀬尾まいこ

誰も私を知らない場所へ。そして、そこで終わりにする。 はずだったけど、たどり着いた山奥の民宿で、自分の中の何かが変わった。 仕事や...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トラックバックさせていただきました。
気長にお待ちしていますね。
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。