コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

森絵都 『つきのふね』

つきのふね (角川文庫)つきのふね (角川文庫)
(2005/11/25)
森 絵都

商品詳細を見る


花や木に憧れるのは、人間がいやになったからじゃない。
あたしは、あたし自身がいやになったんだ。


中学生のさくらは、植物や花が羨ましくてしかたない。
所属してた万引きグループとの確執や、同じグループにいた親友莉利(りり)へ、けしてわざとではないけれど、犯してしまった裏切り。
莉利はさくらを見ようともせず、近くにいるのはそんな離れてしまったふたりを心配して、下手な世話を焼き、あげくふたりを尾行までして原因を探ろうとする変わり者男子、勝田くんだけ。
そんなふうにしてつかれきってしまうさくらには、唯一の拠りどころがあった。
とある事件をきっかけに知り合った、こころの病気をもつ、けれどこころやさしい青年、智さん。
智さんは部屋でいつも「人類を救う宇宙船の設計図」を書いていて、さくらが来ればおいしいミルクコーヒーを淹れてくれる・・・。

けれどそんな智さんも、やがて静かに精神を病んでいき、親友莉利には薬物や、売春斡旋の疑惑が。さくらと勝田くんはなんとか事態を収容しようとするけれど、そんな中、近所では連続放火事件が発生。
うずまくあらゆる疑惑を抱えながら、それでも懸命に走るさくらたち。
そしてその結末は・・・・・・。

じつは再読なのだけど、なんていうか、あまりにむきだしの迫力があるもんだから、
終盤はもう読むのが止まらなかった。

大事で大好きで、失いたくない親友だった莉利は、かつての自分の裏切り行為のせいで遠くにいってしまったまま、近くにいても、もう目を合わせることもできない。

幼馴染ではある勝田くんはとにかく探りたがりやで、尾行や聞き込みまでして情報を仕入れようとするし、ときに土足でさくらの気持ちに踏み込むようなことまでしてしまう。

他人のSOSに敏感で、かつてそんなさくらを救ってくれた。けれど自分のSOSには気づかない智さんは、だんだん、そしてどんどんさくらたちの想いの届かない場所に行ってしまう。

いろんなものが壊れてゆく、それか遠くに行ってしまう。
染み入る、侵食するようなこわさ。さくらでなくても、ほんとうにこわい。

とりかえしのつかないことっていうのはたしかにあって、
それは特別でなく、いろんなとこに転がっている。
たぶん大きな、真っ赤な口を開けて。

なにかが壊れてしまうことだって、そうなのかもしれない。
けれどこの物語には、こんな言葉が備わってる。

人より壊れやすいこころに生まれついた人間は、
それでも生きていくだけの強さも同時にもっているもんなんだよ


もちろん小説は現実じゃないけれど、
こんな言葉くらい、本気で信じてみていいと思う。

そんでもって「尊いもの」を、いっこずつ見つけて、大事に大事に、持ち続けたらいい。
そうやって、生きていければいい。

正直ちょっとドラマチックすぎるようなところもあるけれど。
けれどそんな想いがとどまりきれずに、どんとあふれたような一冊。
だからそのぶん、じつは必殺の物語かもしんない。

現実じゃ、もちろんないけれど。
でもそれはけして嘘なんかじゃないから。

たまにはこころして、
こんなあふれる勢いの中に、飛び込んでみたいって思う。

壊れやすいけれど、それだけの強さをもつ物語。
今まで読んだ森さんの作品の中で、一番好きです。

森絵都 『つきのふね』 角川文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。