コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

加納朋子 『魔法飛行』

魔法飛行 (創元推理文庫)魔法飛行 (創元推理文庫)
(2000/02)
加納 朋子

商品詳細を見る


私の最初の作品は、幾つも名前を持っている女の子の物語です。(どうです、ちょっと興味を惹かれるでしょう?)

前作、『ななつのこ』の続編。
短大1年生の入江駒子が書き付けた、日常の不思議な出来事。
いくつも名前を持った女の子、交差点の幽霊、双子のテレパシー。
それを手紙でなく小説に書いて送ると、おなじみ瀬尾さんからの感想文と、
駒子の感じた「?」に対する答えが返ってきて・・・!

という物語の構成はそのまま。
けれど今回は、瀬尾さんの感想文に続き、何者からかの奇妙な手紙が挿入されている。
駒子の書く物語を知っていて、日常を失い、逃走の日々に追われている、謎の人物。
途中から徐々に浮かび上がり、明らかになる事実たちが、だんだんと不穏な空気をかもし出してくる。

日常の不思議を描いたミステリーの前作と、
日常のどこかに潜む、非日常のミステリー。
ぽかぽかとした日常と、非日常の薄気味悪さもかね揃えた、今回は前よりさらに先が気になる物語。

そして前作、ななつのこの主人公、駒子のこころ根は、だんだんと変わり始めてくる。
甘くゆるやかすぎるくらいの日常の中でそれでもどこかで不安と不穏にたたずんで、
それでも4つの(そして、それが実は1つの)物語を越えて、駒子のこころはゆるやかに変化する。

「人間はもともと、自分たちで考えているよりは、ずっと強いものさ。風邪くらいはひくかもしれないけどね」
そしてときに信じられないほど、弱くもなる。それが人間だ、という気がした。


どうしようもなく弱くなる瞬間。
物語の終盤で、駒子と瀬尾さんは、ある一つの命を救うために奔走する。
間に合うか間に合わないかの瀬戸際。
走りきった駒子が、その先に見つけたもの。

先に限らず、見えないものはなんだって不安になる。
やや甘い味の結末だけれど、こんな物語もあっていい。

というか、「魔法」を完全に否定する人間に、
未来なんかがあるような気がしない。
空を見上げない人間もまた、然り。

それにしても続編「スペース」が文庫になるのは、いったいいつのことなのやら。
かなり楽しみに待っているのだけれど。

加納朋子 『魔法飛行』 創元推理文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。