コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

松尾由美 『ハートブレイク・レストラン』

ハートブレイク・レストラン (光文社文庫)ハートブレイク・レストラン (光文社文庫)
(2008/07/10)
松尾 由美

商品詳細を見る


「それがうまく説明できさえすれば、何ですか、
お嬢さんのお仕事がうまくお運びになるということですか」
「ええ、まあ、そんなところです」
「でしたらお力になれるかもしれません」
お婆ちゃんは心底うれしそうだ。
「年寄りの考えを聞いていただけますか」
 (「ケーキと指輪の問題」より、一部略)

フリーライターの寺坂真以が仕事場代わりに使う、街道沿いのファミリーレストラン。
別にふつうのチェーンのファミレスなのだけど、なぜか店長はじめ従業員の様子が薄暗いようで、
ランチ、夕食のラッシュ時以外、ことに禁煙ゾーンには、ほとんど客の入りはない。
ただひとり、常連客であろう、マンガにでも出てきそうな、可愛らしいお婆ちゃんを除いて・・・。

ある日、真以が仕事場で起こった奇妙な事件(というよりは出来事)に頭を悩ませていると、
「あの――」とかぼそい声。
声の主はもちろんそのお婆ちゃん、ハルさんで、なんと彼女はどんな不思議もたちどころに
解決してしまう、心優しき名探偵お婆ちゃんだったのだ!(第一話 「ケーキと指輪の問題」)

前回読んだ『雨恋』がよかったので、続けて購入。
読み終わったとき、松尾さん充てに「ぜひシリーズ化を!」と
ファンレターでも出そうかと思った。
まあ出さないけど(オイ)、けれどそのくらい気に入った一冊。
加納朋子さんの、佐々良シリーズにひけをとらない、素敵な物語。
ハートブレイクどころかめちゃくちゃハートウォーミングな、連作短編集。

物語の主人公、フリーライターの寺坂真以が立ち寄るレストラン。
そこに来るお客が抱えて、解決しかねてる「不思議な話」を、真以に次々と謎解きしてみせる
お婆ちゃん探偵、ハルさん。(じつはこのお婆ちゃんもすごい秘密を持っているのだけれど、
それは本編と、本編後編をお楽しみに)

まるで「ちびまるこちゃんのおばあさん」のようなひっつめた銀髪、上品な和服。
「フィギュアにでもすれば売れるんじゃないだろうか」と真以が思うような、ご愛嬌。
日常の中の「あれ?なんかおかしいな」と思う小さな出来事から、不思議な強盗傷害事件まで、
ハルお婆ちゃんの手にかかればお茶の子さいさい。一挙解決。
"お婆ちゃん”的なイメージどおりののんびり口調で語る、シンプルだけど思いもよらない真相。
毎回「あ、そういうことか!!」と、完全に驚かされた。

「この世のどこにこんなお婆ちゃんがいるんだよ!これなら高齢化社会も少しは安泰だよ!!」
ってツッコミたくなるくらい、毎度鮮やかな解決。
毎回度肝を抜かれたり感心しきりの真以だけど、ある事件をきっかけに
(というかあるひととの出会いをきっかけに)、そんな自分に歯がゆさを感じるようになる。
そんな真以の奮闘劇も見ものだったり、お婆ちゃん本人の謎も見ものだったり。
ちょっと長めの物語だけど、あっというまに読了。

中身も後味もすんごくいいので、長くてもけっこう気軽にさくさく読める本。

それにしても。
ハートブレイクって失恋かと思って、表紙を見た友人も「何これ?失恋レストラン?」って変な顔してたけど。
今思いついたけど、ハートブレイクのブレイクってもしや「休息」のことかも。
のんびりハートウォーミングしながら休めるレストラン!行ってみたい!

さりとて。

このへんであるのってジョ○フルだけだけど、あそこだと休息もなにもないし・・・。
・・・ほんとのファミリーレストランで読むには、もしかしたら不向きかも。

けどこれ、すんごくお勧めです。

松尾由美 『ハートウォーミング・レストラン』 光文社文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。