コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

川上弘美 『なんとなくな日々』

なんとなくな日々 (新潮文庫)なんとなくな日々 (新潮文庫)
(2009/02)
川上 弘美

商品詳細を見る


考えてみればわたしの人生、いつもこのような「なんとなく」の連続であった。
(なんとなくな日々 1 より)

久々に読了本。
なんか最近不安定かつ無気力で・・・とこれ以上書くとメンタルブログになっちまうので省略。
でもそんなとき、それこそなんとなく毒抜きになったのは、この本。

台所の冷蔵庫の泣き声を聞いたり、あまのじゃくな日々を過ごしたり。
上の息子さんと「ぺたぺた」散歩したり、本屋に寄ったり小さな子供の言葉に「教えられてしまった」り。
なんとなくな、曖昧な世界を描く川上さん作品の、
ぼわぼわした感じそのまんまの、「なんとなくな日々」。

不思議なもので、何もたいしたことは書いてない。
ほんとに些細なことばかりが綴られていて、なんていうか、せん無い出来事ばかり。
けれどもそんな一項一項が、めくればなんとなく可笑しくなって、
「あはは」ではないけど、「くふふ」とこころの中でこっそり含み笑いしてしまう。

とどめに、「あ、これはわかる!」って箇所にあうと、やっぱりなんか嬉しいじゃないですか。

なんだろ、たとえば・・・

いちにち家の中にいて夜が来ると、自然に気持ちが台所に向かうことがある。
何かをつくったり洗ったりするというわけでもなく、台所にただ佇んでじっとしていたいような心もちになるのである。冷蔵庫がぶうんと唸る音を聞いたり、電子レンジの時計の表示がぷつんぷつんと移り変わっていくのを眺めたり、湯沸しのかすかな炎の音を聞いたり、棚の上にいつも置いてある大きな鍋を見つめたり、ただそんなことをしたくなるのである。
 (『台所の闇』より)

ポットのお湯、湯沸しの音がことこと、ぶーんと鳴ってる音が、寝てると台所から聞こえてくる。

というの状況というか場面が私は何気に好きなんで、それでなんとなく川上さんの文章に近しいものを感じてしまって、なんかひとりで勝手に親近感覚えたり、ちょっと得心してみたり。

この感覚っていうのが、私がその人を好ましくなる(別に恋愛沙汰でなく)第一基準。
何気ない場面をちゃんと頭のかたすみでもってて、そういう小さな何気ない大事を、
それとなく、けれどしっかりと知っているひと。
好き嫌い抜きにして、こういう感覚というか感性って、本当に素敵なものだと思う。
河童なんかが出てくるのは(しかもごくふつーに、なんでもないことのごとく扱われてるのは)、
なんかいろいろツッコミたくなるけど(笑)。

あとは一方での話。
こちらはもうなんか慧眼というか、日常なんだけどその中で、どきっとしたり思わず唸らされてしるするような文章が時折顔をのぞかせて。
そのたんび、ぼわぼわした川上さんの、すくっと芯のとおった気配を感じて、こっちまでしゃきっとかまえてしまったりもする。(たとえば、「蝋燭の光」など)
そんなことを感じるのも、またおもしろいんだけど。

「なんとなく」暮らす(別に怠惰とか、そんな意味ではなく)ことにしんどくなったら、
おかしな方向に回転する頭の気休めに、すんごく有効な本。

読んでて感じたプラスでもマイナスでもない感覚が、やさしい気がして好きでした。

川上弘美 『なんとなくな日々』 新潮文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

川上弘美さん

月見さん、こんにちは。
3月に入って、少し春を感じられる日も出てきましたね。
久しぶりの更新、嬉しいです♪

川上弘美さん、私も最近何冊か読みました。
え~と、「ほかに踊りをしらない」「此処彼処」
「あるようなないような」「ゆっくりさよならをとなえる」を読みました。

どれもほーっと力が抜けて癒されました。
ほんとう、毒抜きって感じですね^^
いつか、「なんとなくな日々」も読んでみようと思います。

月見さんは今度大学4年生になられるのですね。
私もこのあいだまで大学生だったのに、なんだか遠い、懐かしいことのような気がします。

不安定だったりどうしようもなく無気力になってしまうこと、ありますよね。
辛いことだけど、でも、月見さんのあたたかく素敵な感想やお話は、
そういうところからも生まれているんじゃないかなあ、なんて思います^^

サイトも、最後の大学生活も、月見さんのペースで、色々なことを楽しまれてくださいね。
のんびり楽しみにお待ちしています^^

もろりんさんへ

こんにちは、お久しぶりです(^^)
少しは暖かかったと思ったら、今日のこちらは一転して寒いです。落差がこたえる!

川上さんの本に、今日の本谷さんの本(支離滅裂一歩手前の、なんかもうプチカオス感想文ですが(汗)、
そして今しがた気づいたもろりんさんのコメント。

おかげでだんだん持ち直してきました。
さっきも学校で使う資料を作りながら、短い絵本を読み終えたところです(近くアップしますね)。

がんばれとか励ましとか、意味があるかないかは自分次第だとか、そんな言葉があったのを覚えてるんですが。

なんか思い出しました(^^)

もろりんさんの感想文も、毎回読ませていただいてますよ♪
本も読めないでいるときなんかでも、楽しそうに本を読んでるひとがいるってのが、少しだけほっとしたり。

企画もできれば参加したいと思ってますので、そのときはよろしくお願いしますね!

それでは、また(^^)v
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。