コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

小川洋子 『犬のしっぽを撫でながら』

犬のしっぽを撫でながら (集英社文庫)犬のしっぽを撫でながら (集英社文庫)
(2009/01/20)
小川 洋子

商品詳細を見る


人はただ、目に見える、手で触れる現実の世界のみに生きているわけではありません。
人は現実を物語に変えることで、死の恐怖を受け入れ、つらい記憶を消化してゆくのです。
人間はだれでも物語なくしては生きてゆけない、私はそう思います。

(『数の不思議を小説に』より)

小川洋子さんのエッセイ初読。

なんていうか、この本は読んでて至福。
まだ余韻が残るというか、やさしい味わいがほのかに残ってて、
なんかまた小川洋子さんの作品を読みたい、という感じ。
(『博士の愛した数式』よりも『沈黙博物館』とか、『寡黙な死骸、みだらな弔い』とかのが好きだけど)
『まぶた』や『偶然の祝福』なんかの、今までの作品についてのエピソードもあって、
それもファンとしてはうれしいところ。(何気にそれだけでちょいと感激してしまったり)
で、そんなわけで。(どんなわけだよ)

数の不思議、「書く」ということ、アンネ・フランクへの想い、犬や野球(虎)のこと、家族のこと・・・。
小説での硬質な印象とはちがい、やわらかでシンプルな文章を読んでるとすとんすとんと落ちてきて、するとなんだか落ち着いてきて、そこにある日常や人間へのあふれんばかりの想いに、ちょっと感動してしまう。
こんな人が書いている物語だから、きっと多くの人の心に残る物語になれているっていうことに、
読んでてものすごく納得する。
人、物、想いの「消失」を書き続けても、それがたとえ、無機質で硬質で冷たい世界の中でも。

振り返ってみれば、人がどこかに閉じこもる、または閉じこめられる話をたくさん書いてきたなあと思う。
病院、図書館、学生寮、島、標本室・・・・・・。
登場人物たちは皆、ある時は止むに止まれぬ事情から、またある時は本人も気づかないまま、
それぞれの場所に身を潜めることになる。
 (『沈黙博物館に閉じこめられる』より)

↑あれだけすごい!って思わせる話をたくさん書いているのに、当のご本人からしてみればずいぶんあっさりした回想なんだな、って読んでてちょっと可笑しかったり。ま、それはそれとして。

やっぱり読んでて一番興味が沸くのは、「人がどこかに閉じこもる、または閉じこめられる話」を生み出す小川さんの、小説を書くことへの想い、自分の書いたものを読んでくれる人への想い、そして小説を書くきっかけとなった、今は亡きアンネ・フランクという、ひとりの少女への想い・・・・・・。

そこにある想いのひとつひとつは、胸を張って誠実というより、つつましやかで真摯。けれどけして、脆さを感じさせない、確かな想い。
そんな小川さんの魅力が、あますところなく伝わる、かなりお勧めエッセイ。

にしても小川さんの、あれだけすごい物語を生み出せるというのに、謙虚をとうに通り越したようなこの自信のなさはなんなんだろ。
「んなバカな!ネガティブスイッチ入りすぎだろ!」(豊島さん流突込み。詳しくは『底辺女子高生』)と突っ込みたくなるくらいなんだけど。

小川洋子 『犬のしっぽを撫でながら』 集英社文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。