コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

イシデ電 『私という猫』

私という猫私という猫
(2008/07)
イシデ 電

商品詳細を見る


誰とも関わらずにこの世界を
ひとりで生きていこうなんて思ったら
死ぬぞおまえ


リアルワールド(原作・桐野夏生)のコミック版をきっかけに知った、
新進気鋭の漫画家さん、イシデ電さんのなんとも粋な一冊。(志村貴子さんとも仲良しのようで。余談)

私のまわりの、いろんなタイプの猫たち。
野良、飼われ、捨てられ、野良の中のボス、飼われ→捨てられ→野良、2位、3位、子ども。
美しっぽをひそかに自慢に思いながら野良として生きて、足跡を残す「私」という猫。

ストーリーもそうだけど、絵のタッチがすんごく印象的な方。
なんか、杉浦日向子さんの「百物語」思い出した、筆文字みたいな。(この季節、また読みたいっすね)

「生きる!」(生きていくんだ!)的なものじゃなくて、ただ単純に「生きる」猫たちのやり取りが、
これがもう粋で困る。粋すぎて困る。もしかすると格好良すぎ。

己の絶対の強さの証を求めるもの。
仲間を守るために命を懸けるもの。
天真爛漫なままで戦火の中を動き回るもの。
美しっぽ同士で死闘を繰り広げるもの。

いろいろいて、いろいろする。
争い、まぐわい、咆哮し、そうして生きて、時が経つ。

あんた ひとりじゃ生きてけないって言ってたね
なら終わり方だっておんなじことだろが


共存という言葉、見ればわかるけど共に存在するという言葉。
憎しみをぶつけながら、あるいは慕い、あるいは認めあいながら、
共存する猫たちの姿が、どうしてこんな目線で描けるのか、どうしてこんなに深いのか。
(今はこーいうの、「深いい」とか言うんだっけ)

登場猫は、みな超個性派ばかり。
根っからのケンカ屋、天性の甘え上手、しゅるり美しっぽ、心優しい加減知らず等々。

ちなみにそのうち、
「私」のライバル、クールな美しっぽと、「ぼくはケンカが苦手なので、殺してしまうかもしれませんがよろしいですか」って心底困ってるハイシローがめちゃ好きです。
(前記事は、ややカオス風味の、久々のごあいさつとなってます。お時間ある方、よけろしれば)

イシデ電 「私という猫」 幻冬舎コミックス
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツキミさん、こんにちはー
おお、イシデ電という名前は志村さんのHPに登場するアノ人かな?いや、そんな名前はほかにいないだろうと思いつつ読ませてもらいました。
美しっぽなんてくくり方がさすが猫をよく見て知っているなあと嬉しくなりました。
ぜひ読んでみたいです!
記事の更新嬉しかったです^^

kyokyomさんへ

kyokyomさん、お久しぶりですー(^^)>
ずいぶん空けてしまったのに、また読んでくださって、こちらこそありがとうございます!

イシデさんですが、放浪息子の巻末おまけ4コマなんか、
最近けっこう登場されて、志村さんの暴露話なんかを描いてますので、そちらも併せてお勧めですよ。

あいにくと猫には嫌われる(犬にはわりと懐かれるんですけど)ので、しっぽの美醜を観察する機会なんてめったにないのですが、この本ほんとに素敵ですよー(^^)

ではまた!
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。