コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

金原ひとみ 『星へ落ちる』

星へ落ちる星へ落ちる
(2007/12)
金原 ひとみ

商品詳細を見る


いつか、私は彼に墜落した。
そして今も炎上している。
 (「星へ落ちる」より)

初めてかもしれない。買って読んで、すぐ読み返したのは。
生々しくむき出しの感情が絶えずあふれ出す、連作短編集。

本編を通して語られる、想われる「彼」。
多くは直接的に、あるいは間接的に、「彼」に関わる3人の人間の、それぞれの絶望の過程。

彼を捨て、新しい彼の恋人の存在に怯える私。(「星へ落ちる」)
彼が女と浮気しているのを非難すらできず、追い詰められ発狂していく僕。(「僕のスープ」)
彼と同じ場所で暮らすはずなのに、ふたりの未来が見えない私。(「サンドストーム」)
彼女が突然蒸発し、それだけしかつながらないケータイでのやりとりに固着する俺。(「左の夢」)
彼との暮らしが始まったのに、淡い日常の中、絶望を深めてゆくばかりの私。(「虫」)

想いの成就のためにひたすらに想い苦しみ、もがいて手に入れてきた場所。
途中で捨ててきた、愛していた誰かへの罪悪すら埋没していくような、今このときの幸福。
「彼」といたいという想いだけで、それぞれの中で培われてきたそれは、
けれどいともたやすく絶望へと姿を変える。
それは「彼」と関わるがゆえの、真綿のように穏やかな、
けれどじわじわとした、底なしの絶望。

彼と暮らし始めた途端、私は彼から遠く離れてしまったような気持ちになった。 (「虫」より)

本編最終章。読み終わってその題の意味に気づき(というか思いつき)、あげく最も冷たい思いをした、「虫」より引用。
ありきたりのこの感覚の中身とその行く末は、ここなんかで知ってしまうよりも、
読んでその身に体験するべき。(ここで書いてしまえないのがじれったくてしかたないけど)

それにしても本編中、唯一一度も一人称で登場しなかった「彼」が、
おそらくは知的でスマートで性格だって悪くないであろう「彼」が、
読み終わるころにはもう薄気味悪くてしかなかった。

そしてそれと同じくらい、そんな無意識の「彼」に翻弄されながらも、
関係を断ち切れず、それどころか自ら進んで埋もれていくような「私」や「僕」も、
もうもどかしくてしかたなかった。

けれどそう感じると同時に、落ちていくことには誰にも抵抗できないよな、とも実感する。

愛し合いなのか依存なのか、もしやその入り口にすら立てていないのか(なんて不気味な想像だろう・・・)。
どれとも知れない「彼」とのかかわりの中で、たしかな絶望だけに落ちていく姿のその先を、
これ以上書かれてもいないその先を、そうとわかってても、ずっと思わずにはいられなかった。

金原ひとみ 『星へ落ちる』 集英社(単行本)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。