コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

木村紺 『からん(1)』(~3・続刊)

からん 1 (アフタヌーンKC)からん 1 (アフタヌーンKC)
(2008/10/23)
木村 紺

商品詳細を見る


身体が疼くやろ 血が騒ぐやろ やりたくなるやろ!

京都、私立望月女学院。
名門女子高として知られる学校内の柔道部に入部した2人。
京都2位の実力の高瀬にライバル意識むき出しの先輩、その高瀬が憧れる全国大会優勝候補の先輩。
素人でしかも小さな体躯ながら、高瀬も避けるしがらみに真っ向勝負する度胸者、九条。
その他、テンパリもじゃもじゃ頭の比嘉、そして比嘉に染みいるストーカー女、穂積。
4人の柔道生活が、今始まる!

と書きつつ、じつは主人公が高瀬なのか九条なのか、それがよくわかんないという不思議な構成。
というか読めば読むほど、主人公不在の感がしてくる。というより元からそんな区別を必要にしていない感じ。
キャラ描写が全員深いってのはいつもの木村さんのことだけど、今回はそこからもう何かしかけがあるような。
なんともいえない味わいです。もうこの時点で、底が見えない!

さて本編。

とりあえず・・・・・・
木村紺さん作品の引き出しの多さにほんっと脱帽。。
『神戸在住』は言わずもがな、『巨娘』、『からん』、この3作どれも一級品。
メジャーになることはないだろうけど、最高級品の類。

強い者が弱い者に勝つ そんなんあたりまえ それが勝負や!

(新入生の高瀬に敗れて難癖つける先輩格に、素人の九条が言い放つ一言。2巻では、この一言から始まる因縁の対決がどうやら見もの)

柔道のじゅの字も知らないうちでも、もうめちゃくちゃはまった。
まず、もちろん息もつかない真剣勝負が一番の見もの!なのだけど、キャラひとりひとりの魅力が細部まで存分。

主人公らしい(?)高瀬の大らかさと勝負強さが一番魅力的なんだけど、最強大石先輩に、のんびり京風美人の百先輩、大石先輩すらも恐れる、曰く本職並みの顧問みっちゃんとか、いろんな面子の集まり。

おまけに縄張り意識だとか、利権問題(?)だとか、そこにいろんな外因内因もからんでくる。
読んでて楽しい、けど一筋縄ではいかない、愉快で激しくて、けれど緻密な物語。

細部にわたり、とても見所が多いのでスポーツの楽しさを知ることに+、人間(京都人)や土地(京都)の中身に触れることのできるような、そんなコアな部分も引き込まれる魅力。

読んでると何かを極めたくなるのと、というか雅や大石先輩みたく、半端じゃない自信持った笑みが浮かべられるひとになりたいなーとしみじみ思ったりもする。

今後の展開が予告はあるけど予想もできず、2、3巻をまとめ買いしなかったことを大いに後悔してる(近場の本屋には売ってない)、今日。

からん(1) アフタヌーンKC 講談社
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー
おお、これ楽しみです。ある程度巻数がたまったら読もうと思っています^^
どうなのかなあと思っているのですが、感想を読ませていただく限り神戸在住とも巨娘ともまた違う雰囲気のようですね。ずいぶん昔ですが高校生の頃に柔道やっていたのでちょっとみるのが怖かったりなんですがでもやっぱり楽しみです^^

kyokomさんへ

あらら、こんにちは、お久しぶりです(^^)

うちも買うのだいぶ躊躇して、やっと買ったクチですw
そして昨日、2、3巻読破しました!

某神戸在住のキャラにそっくりな方が出てきたり、そんなこんなも楽しいですよー。ギャグは巨娘っぽく豪快で。

けどけっこうシリアスかつ難解な箇所あり。
やっぱり今までとは似て非なる、新しい作品なんですよね。
すごい!圧巻!!

読まれた折には、ぜひご感想聞かせてくださいませ(>。<)

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。