コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

野中柊 『シュガー&スパイス』

シュガー アンド スパイスシュガー アンド スパイス
(2009/10/30)
野中 柊

商品詳細を見る



砂糖を焦がす加減は、恋によって身を焦がす加減と同じくらいが、ちょうどいいのかもしれないなと思いつつ。
甘く。ほろ苦く。かりっと香ばしく。
私はそんな恋をしたことがあるだろうか。


自他認める甘党の身です。ので、こんな表紙にされると買っちまうんです。。
ついでに香ばしいスコーンまで買ってきてしまうんです。。
さすが角川さん、戦略が効いてますわー。。

という阿呆な独り言はさておき。
先に断っておきますね。今回の記事は書き手の主観、いつにもまして全開です。

ひとまずあらすじ。

マンションの一室に看板もなしに店を構える、知る人ぞ知る名洋菓子店、パティスリー・ルージュ。
天才パティシエ・柳原雅也のもとで、見習い仲間・近藤と奮闘する晴香、21歳。
女優兼オーナー兼パトロンの紅子。その紅子の、口の悪い美少年風の妹、碧。いかにもな中年ゲイ、マシュマロ。ゆで卵系マネージャーの篠田。
柳原さんをめぐる晴香vs紅子の戦い(ぶっちゃけ勝負になってない)を抱えながらも、穏やかな日常と修行の日々。
そんなある日、紅子のフランス人元彼(大物映画監督)が現れたことから、店に波乱の予感が・・・!

シビアじゃない方の野中さん作品の特徴というか見所というか。
登場人物がみんな活き活きしてて、とにかく自然な活気がある!
軽やかなんだけどうるさくなくて、心地よく読める。
なので、小説を読んでるというより、テレビ画面を見てるかのように光景が浮かんでくる。
それも、ところどころに気の効いてる必殺が、ひそかに隠されてたり。
たとえば、ある日のパティスリー・ルージュの、こんなやり取り。

エントランスの扉を押して、ふとマシュマロは振り向いた。
「ねえ。雅也。永遠に続く恋って、この世には存在しないのかしら?」
まるで、その問いを待ち構えていたみたいに、
「あのさ、長く保存できないものほど、純度が高いって場合もあるよ。生菓子の賞味期限だって、めちゃくちゃ短いだろ?」すらっと柳原さんが答えると、
「物は言いようね」マシュマロは肩をすくめて、微笑んだ。


質問者、失恋直後の泣き兎、マシュマロさん。
うわ、なんつーストレートな問いだよ!と思いながらも、やっぱし人情(?)、
こういう気持ちはうちにだってあったりしたわけで、柳原パティシエの回答には、ううむ、巧いことを・・・!(うちの相方にも効くだろか?)と唸った。

ときにキザだったりするのに、そのくせさりげない会話の妙。
参加型猫』なんか、その見所が最大限溢れてると思うし、だからあの本は大のお気に入り。

けど・・・今回のは・・・・・・甘い。。
軽く胸焼けしそうなくらい甘い。。
フランソアのミルクチョコ大福くらい甘い。。(といいつつ、ちょくちょく買ってくるひとがここに一名・・・)

主人公、晴香も、周りのメンバーもキャラがたってて魅力的なんだけど、やっぱしなんか甘すぎる。。(だいたい、「女の子ってそういう生き物」みたいな考えが、うちは嫌いなんだった・・・)
もちろん色恋沙汰につきもののビターな想いを味わう場面もきちんと描かれてるけど、でもバランスがいまいち。。

というわけで、さくさく読めて楽しめたけど(特にケーキの描写なんか。横文字アレルギーのうちですら、いらない食欲が沸いて沸いて本気で困った・・・)、やっぱりお気に入りとはいえない一冊。

もうちょいビターテイスト効かせたほうが良かったかもしんない。。
少なくともそのほうがうちは好みです。。島本理生さんとか。

好き嫌いの分かれる本ですので(ホントに、砂糖の加減の好みみたいに)、表紙に心惹かれた方、ちょっと立ち読みの後に買うのが無難です。

野中柊 『シュガー&スパイス』 角川書店
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。