コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

島本理生 『あなたの呼吸が止まるまで』

あなたの呼吸が止まるまであなたの呼吸が止まるまで
(2007/08)
島本 理生

商品詳細を見る


淋しいからってすぐに誰かに寄りかかろうとしない。そんなふうに、私もなりたかった。だけどなれなかった。
だから自分があの人に捕まってしまったのだと思いました。


好き嫌いで言えば嫌いな話だけど、それは生理的な嫌悪感に近い・・・・・・。
こんなややこしい感情抜きで読めるとしたら、もっと自分の中で評価できたのかもしれません。
それはそれとして、本編へ。

舞踏家の父と暮らす12歳の朔は、童話作家になるのが夢。
「人生とか魂とか、堂々と口に出すのが恥ずかしい言葉を当たり前みたいに使う」父。
クラスメートよりも父やその同志たちといっしょにいる時間がどうしても長くなるから、
同級生とは話も波長も合わず、一部からは疎まれている。
そんな中でも朔は物語をつづり、仲の良い友だちを見つけることもできたし、おそらくは初めて、自分の淋しさをわかってくれそうな大人、佐倉さんにも出会えた。
クラスメートの逆風もあれど健やかに成長していく朔。
けれどどうしようもなく突然の出来事が、彼女を襲う。
そして彼女が選んだ、たったひとつの復讐のかたちは・・・・・・。

ネタばれ注意警報がわんわん鳴り響くのであんまり書きませんけど、後味が悪い話です。(と、書き終わって見直してみたら、ネタばれゼロで書くのは無理でした・・・。ところどころネタばれしてますので、気になる方は続きはご遠慮ください)

ナラタージュ」では男性(葉山先生)の善人ぶった卑劣な弱さを描いていた島本さんが、今回描いたのははっきりとしたゆがみと実害と傷。
自分の歪みを好き勝手に投影して、あげくその結果まですべてなすりつける。
そんな腐った人間。言葉は悪いけど、反吐が出たし、自分のことしか考えてないわけではないのにけっきょくは自分しか見えていない周りの大人たちにも辟易しました。

そんな中でも、何一つ知らないままで、わからないままで、気づかないままで、けれど朔といっしょにいてくれた友だちの存在だけが、希望といえないくらいの、小さな希望でした。
そして朔が選ぶたったひとつの復讐。
長い時間がかかり、できるかどうかもわからない非現実的な方法ですが、朔という少女ができるたったひとつの手段だったのかもしれません。

と書いてみて、「復讐」の内容がもう帯に書かれてしまってるのがすごい痛手です・・・。
売り込みたかったのかどうか。にしても、これは物語を殺しかねないんじゃないかと思いました。
事前に知りたくなければ、帯なしの中古本でも買ったほうが断然良いかと思います。

「奪う」ということに何も感じない人間は、そんなにはいないと闇雲にでも信じ込みたいです。
と思いつつ、あなたが何も何一つ奪わない人間かといえば、そんなことはいえない。

反吐の出る人間たちに与えられた単なる言葉を、いつまでもかわしきれず侵食を許している、あげくだれの手もとれない場所にまで踏み込んでしまう私ですが。
けれどこんな傷は、はっきりとした意思をもってして与えられたこんな傷は、本来ならば誰にも与えられてはならなくて、残されてはならないのだと、それははっきりとしています。

島本理生 『あなたの呼吸が止まるまで』 新潮社
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。