コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

森薫 『乙嫁語り(1)』(~続刊)

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
(2009/10/15)
森 薫

商品詳細を見る


山を越えて遠くの村からやって来た花嫁さんは
花婿より8歳年上だった

アミル・ハルガル 20歳
カルルク・エイホン 12歳

ふたりが暮らし始めたのは
つい先日のことである
 
(第一話 「乙嫁と婿花」 より)

さて・・・
今だからついでに白状しますが、横文字がたんと苦手です・・・。
なので、昔、嵐が丘読んだときも名前がぜんぜん覚えられず、付録の系譜図みながらひいひい言いながら読了しました・・・(同じ名前多いしっ!(ToT))。

なので・・・この物語も今だにどっちがエイホン家でどっちがハルガル家で、そもそも主人公はっ??みたいな読み方をしばらくしてて、でも物語が上質なので自然と何度も読み返し、いつのまにか覚えました。

以上、長い前振りでしたが、本文に入りますね。

舞台は19世紀中央アジア。カスピ海周辺の地方都市。
定住民族のカルルクのもとにやって来た、遊牧民の姉さんお嫁さん、アミル。
ふたりが暮らし始めて少しばかり。
お互いがお互いを大事に想い合い、カルルクの家族もアミルを大事に想いながら、
美しい民族衣装を纏い、毎日を馬とともに過ごしているのだが・・・・・・。

の、ようなお話です。
登場人物が、カルルク、アミルも含めたエイホン家のひとがみんな人間味のある良い人柄で、たゆたう時間も穏やかで、草原の香り、風邪のゆらめき、馬の息遣い、しゃくしゃくとしたたしかな生活の音、ゆったりとした会話が聞こえてくるようで、読んでるとすごく時間の流れがゆったりになります。
なんでしょう、すごく読み手さんを引き込む、包み込む、やさしい絹衣のような世界です。


みんないい人ですね

うん

帰りにまたザクロ取って行きましょうね

うん 
ホントに好きなんだね



こんな他愛も無い会話でも、なんだか身体の芯に残る残る。

それに、丹念に織り込まれつくりこまれた衣装は、いつまで眺めていても飽きない不思議な魅力をたたえています(この衣装に魅せられて、ジャケ買いしたひとは何人いることだか)。
エイホン家には文化人類学者(?)っぽいひとが同伴していますが、ちょいとそのひとがうらやましいです(笑)

さてさて、ここまでのこともすごくこの作品の魅力なんですが、主軸はやっぱりカルルクとアミルのハートフル夫婦物語。
日本で言えば子どもの年齢のカルルクと、成人女性のアミルという、こちらでは「大丈夫なん・・・??」と思わず思ってしまいますが、大事に大事に暮らしています。

とはいえ、この歳の差を快く思わないカルルクの親戚の小言もときにあったり。
そんな日の夜、カルルクがアミルをまっすぐ見つめて言った言葉が、それを象徴していました(あえて引用しませんけども。言葉のひとつひとつが混じりけなくてうつくしくて、引用ならぬ下手なぶつ切りにするのは避けたいので)。
・・・やっぱし好き合うのはいいなあと、なんかそんなことをほんとに思いますねー。

ですが終盤、アミルの故郷、ハルガル家から遣いが来て、なんとも不穏な事態になります(当人らは知りませんが)。このことについては2巻で急展開するようなので、今日バイト帰りに買ってきます。

中央アジアが舞台ということで、人によっては読みにくさがあるんじゃなんて先入観とかもたれそうですし、実際そうでしたけど。
ぜんぜん気になりません。自然に入れるし、入ってくるものをすうっと受けいれてくれます。

機会がありましたら、是非ともこの上質な時間、お楽しみあれ。
そんなふうに、思いましたよ。

森薫 『乙嫁語り(1)』 エンターブレイン BEAM COMIX
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

UPさせていただきました♪

ツキミさんこんばんは^^
本日、頂いた感想文をUPさせていただきました!
訂正するところや、この背景はイメージと違う~など、なんでも仰って下さいね。
東さんの本は未読なので、これを機会に読んでみたいと思います。
今回も本当にありがとうございました(*^^*)

マンガの「HER」面白そうですね~。
ツキミさんのブログは本だけじゃなくマンガの紹介があるのがとても嬉しいです。
ツキミさんのブログがきっかけで読んだ漫画、たくさんあるんですよ~(^^)v

No title

追伸

お体の具合はいかがですか?
バイトも大事だけれど、お体大切にしてくださいね^^

もろりんさんへ

もろりんさん、こんばんは。
お知らせをいただいてすぐ飛んでいきました(笑)

書き込みさせていただきましたけども、あらためまして、素敵な背景、場所をありがとうございますっ!(^^)v

体調はおかげさまなのか何なのか、だいぶマシになりましたー。

それにしても。
ここがきっかけで~というのに、すんごくびっくりして昇天しそうでした(大げさ・・・でもないかもです)
何年か前に初めてもろりんさんのサイトを見て、「こんなサイトがつくれたらいいなー・・・」と薄ぼんやりおもってた自分が知ったら、卒倒したことでしょうね(笑)

とにもかくにも、いろいろとありがとうございます。
じっくり本を読む時間がなく、とうぶんマンガの比重が多くなりそうですが、また来ていただけますとうれしいです(^^)

コメント、お知らせ、ありがとうございました!
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。