コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

こうの史代 『ぴっぴら帳(1)』(~2・完結)

ぴっぴら帳 1 (双葉文庫 こ 18-2 名作シリーズ)ぴっぴら帳 1 (双葉文庫 こ 18-2 名作シリーズ)
(2009/01/20)
こうの 史代

商品詳細を見る


すごくへんなものを見つけたんだけど
これ何だと思う?

「へんなことり」だった


ここ数日、このブログの特徴が顕著に出てきてますねー。
つまり、「更新しないときはとことんしないけど、しだすととめどなく更新しだす」

というのはつまり、書きたい本に会って、書きたい気分ということですね、ようするに。そんな時期です。
明日発表の研究計画書の最後のほうがなかなか書けないから現実逃避してるとか、そ、そんなんじゃないんですよ?!(しどもど)

さて。
長い間手元にあるけどなぜだかずっと感想未UPで、もしかしたら書くこともないかなーと思っている本というのがじつは何冊かあって、これはその中の1冊(2巻も持ってるので2冊ですが)。
今でも寝る前なんかにちょっと読んで寝ます。ちょっとイラついてたりするときなんか、穏やか、の半歩手前くらいの気持ちになれて寝れます(半歩、っていうのがミソなんです)。もちろん昼間だったり、良いことあった日にも読みますし、そんなときはすんごく気分が和みます。なんかお手玉2,3個持ってるようなきぶんになります。

玉村キミ子がある日見つけたへんなもの、それは変なインコ、ぴっぴらさん(自称)だった。
とてもインコとは思えない、人間くさいインコさんがついてくるのでとりあえず家に入れたキミ子は、
とりあえず職場の小さな食堂にポスターを貼って、インコさんの飼い主を探すことに。

まもなく現れたぴっぴらさんの飼い主、串田かつみのもとへぴっぴらさんは戻るのだけれど、
ちゃっかりキミ子を気に入ったぴっぴらさんはキミ子の家に逆戻り。
そんなことからぴっぴらさんはキミ子宅に住まうことになり、そこにはかつみさんはじめ、ぴっぴらさんを通して知り合ういろんな個性豊かな面々が集まるようになって・・・・・・。

というような、実は連作4コママンガです(だから冒頭の引用文選びが大変でした)。

物語は、ちょっとおとぼけだけどたくましく生きる(けれどナイーブな一面もあり)キミ子と、変な余裕がある、もしかすると人間よりも人間のような顔をしてキミ子宅に住まうぴっぴらさんの、ひきこもごも。
そこに前述のかつみさんやキミ子の友だち、そしてちょっとだけ気になる小鳥屋のお兄さんツナさん(キミ子の実家の犬に顔が似ている、ちょっといろいろずれてるけどやさしいひと)など、よく見たらすごい名前の人間味のある面々が訪れて、いろいろ話したり関わったり、遊んだり、出かけたり。そんなお話。

とだけ書いても物足りないかもしれませんが、じっさいそうなのだから仕方ないです(オイ)

でもその生活の中心にはいつもぴっぴらさんがいて、ぴっぴたさんをこころから大事に想っているキミ子がいて、そんなキミ子を好きな友達たちが周りにいつもいる。
土壇場とかはないんですが、1巻から2巻までゆらーっと安定、リラックスして、ときどきこうのさんお得意のシュールな笑い(商店街新聞に職場の紹介文を書いているキミ子。その文章を見て「ふっ・・・」と息をもらすぴっぴらさん・・・等)にはまりつつも、なんだかほっとできる、くつろぎの本です。

小さなセキセイインコ・ぴっぴらさんとの暮らしは、
小さな発見と驚きの連続。
やがてその小さなシアワセは、キミちゃんにとって、
かけがえのない宝物のような毎日になっていきました。
 (裏表紙より)

書きながら小休止して、ちょっとだけ読み返してみました。(何度も読み返しているので、もう内容はほとんど頭に入っているのですが)
あー・・・・・・これ、好きだーやっぱし。

なんかがらにもなく、小さなシアワセを見つけることがシアワセの中身なのかもしれない、なんてことを想います。
ラストシーンも、こうのさんらしい、なんともとぼけた、けれど読み手はすごくうれしいほっこりした気持ちになれるものでした。詳細は・・・例によって書きませんけどね(笑)

あと、インコのことについてもけっこう豆知識的なことが書かれていて、実際にこうのさんがインコを飼われていたときのエピソードなんかもちらほら出てきますので、こちらもけっこうおもしろく読めますよと、追記を。

単行本時と比べて、コンパクトになりましたので持ち運びも便利!(双葉社員かおまえは)
ただ、あまり書店では見かけませんが、出会う機会と、読んでみようかなという気になればぜひ。
前記事の乙嫁とはまたちがった、けれど“大切に想うこと”がいっぱい詰まった物語です。

こうの史代 ぴっぴら帳(1) 双葉文庫名作シリーズ

そういや今日は、小津ツキミの誕生日でした。
なんか微妙な日に生まれたもんだなーと毎年思いながら実は23歳です。
早いとこ臨床心理士の資格とって、仕事したいです(ToT)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。