コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

江國香織 『落下する夕方』

落下する夕方 (角川文庫)落下する夕方 (角川文庫)
(1999/06)
江國 香織

商品詳細を見る


そのときの私にはなにもわかっていなかったのだ。
健吾がどんな場所にいるかについて。
華子がどんな場所にいるかについて。
あるいはまた、私自身がどんな場所にいるかについて。


梨香と8年間一緒だった健吾が家を出た。自分よりも好きな女ができたという健吾との別れに浸る間もなく梨香のもとに現れたのは、健吾が好きになった女、華子。
そんな華子が言うところの、「私たち3人にとって、完璧な解決策」として、健吾のいなくなった梨香の部屋に棲むことに。
華子の真意をはかりかねる梨香だったがだれよりも奔放なのにけして邪魔にならない、無口なのに、不思議な存在感を放つ華子の魅力に対峙するうち、この不可思議な日常に慣れきっていく。
愛することも憎むことも逃げることもできず、いつまでも続く3人の奇妙な日常。
その続きは・・・・・・。

これはきついなー・・・と、だれにともなく思いつつ読んでました。
なにがきついのか、だってここに転がってるのは、絶望的な愛情、恋情、そして場所。

恋人を奪われたはずの梨香は感情もうろんなときに訪れてきた華子と暮らしはじめ、健吾はそんな2人の関係に動揺しつつも華子に会いにいけることがうれしくて隠し切れない。
けれど華子は健吾のことをまったく好きになることは今もこれからもなく、それを知っている梨香は、だんだんと傷ついていく健吾を痛みを感じながら見続けるしかない。

「梨香は、平気なのか?」
理解できない、という顔で健吾が訊き、私は正直にうなずいた。
「結構気があうよ、私、華子と」
私たちのテーブルに、四度目の沈黙が訪れた。


それでも、華子の不思議な魅力は、いつしか2人を巻き込んでとりついていく。
とうの本人は、ふらりといなくなったり戻ってきたりしつつ、けしてこちらに気を遣わせない奔放さで梨香の部屋と外との間を行き来する。ときに本人が知らない、そしてきっと永遠に知ることもできないところで、たしかにだれかを傷つけながら。

「私にも信じているものはあるのよ」
カウンターのうしろ、メニューの張り紙あたりをみながら、華子は小さな声で言った。
「そのことを見せたかったの」
「・・・・・・・・・・・・」
私はなにも信じてない。いつだったか絶望的な真実さでそう言った華子のことを思いだした。愛情も友情も、人も自分も信じていない。幸福も不幸も信じていない。


勝手な合点ですが、だから少しわかったような気がしてしまったんです。
華子の奔放さ、奔放なのにけして楽しそうでもなく、魅力と隣り合わせの、ただそこにいるだけの存在感。
梨香だけでなく、自分自身にとっても華子はどこまでも他人で、けれどどこまでも他人ではいられないととっさに痛感して、悪い予感がして。

高校のときに読んだときは、なにがなんだかさっぱりわからないとしか思わなかったけれど。
今はすごく翻弄されるというか、気持ちの奥深くをゆすられた気がします。
江國さんらしい、すごい作品。ここまであっさりと、けれど絶望的に好きになれる華子のようなひとを、殊小説の世界では、他に知りません。

江國香織 『落下する夕方』 角川文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。