コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

益田ミリ 『泣き虫チエ子さん(1)』(~続刊)

泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)泣き虫チエ子さん 1 (愛蔵版コミックス)
(2011/12/20)
益田 ミリ

商品詳細を見る


「サクちゃんにとって幸せってなんだと思う?」
「キミがいて仕事があること」


最近マイブームな益田ミリさん本。
特にエッセイなんかは独特すぎて、その独特が好きなんですが、だれにでもすすめられるわけでもなく、正直わりと狭い範囲のひとにしかおすすめできないかもしれません。
その点、この漫画はすごくいい。これはぜひ読んで!と、押しつけて帰りたくなるくらいには(コラ)。

もうすぐ結婚11年の、泣き虫チエ子さんとおとぼけサクちゃん。
サクちゃんは家でくつの修理屋さんを、チエ子さんは会社で秘書をして働いている。
とても仲良しのふたりはたまにケンカもするけれど、お互いがいてくれることをとても大事にして暮らしている。
そんな毎日を、ご賞味あれ。

結婚生活もベテランなふたり。
ふたりで暮らしてきた11年に近い年月を経てきずかれた、ふたり用の過ごし方。これがすごくほんのりといい感じです。

たとえば、2人で行くスーパーで、カゴを押しながら「あっ 小松菜が安い」とか「油あげと炒めようよ」とか、「油あげ見に行く?」「うん」といった暮らし感満点の会話が好きです。
そしてチエ子さんは、この時間がとても好きなのだとか。それは、

チエ子さんは
サクちゃんがカートを押す
その後ろ姿が好きでした

カートのカゴの中には
ふたりの生活が入っています

大切なものを運んでいるって思うと
幸せな気持ちになるのでした


これ、すごくよくわかる気がします。
なんとなし、相方と会うと必ず途中でスーパー行ってしまうんですよね。なんかぽそぽそと心地いいから。

そういやむかしっからスーパー好きで、バイト先も小さいスーパーなのですが、始めたてのころ、カゴの中を流れる商品から、その家の生活って見えてくる気がして、すごく楽しかったのを覚えてます(5年たった今ではレジはスピード命&早打ちで非常勤のストレス解消、になってますが)。
そーいう感覚、相方といっしょにいるときに感じるのってのもまたいいもんじゃないですか。なんて。話逸れてんよツキミさん。

ただ、チエ子さんは泣き虫なんです。
どう泣き虫かというと、サクちゃんがいて幸せだから泣き虫なんです。

テレビをみて泣いて、本を読んで泣いて、サクちゃんがいないとだれが後ろのボタンをとめてくれるのかと思って泣いて、サクちゃんがひとりで老後をすごすことになったらご飯はどうするのかと泣いて、
ボロボロのサクちゃんの歯ブラシを見て、虫歯になって苦しむサクちゃんを想像して泣いて・・・。

泣きすぎだろっ!!とツッコミいれたくなりましたが、チエ子さんがこんなに泣くようになったのにも、それとなく理由というか、きっかけみたいなもの(かもしれないもの)もあったりして。

大人になったチエ子さんは
泣き虫になりました。

本を読んでシクシク泣いたって
テレビを見てうるっときて泣いたって

サクちゃんが当たり前みたいにしていてくれるからなのかもしれません


泣けない涙を流していたチエ子さんが泣き虫チエ子さんになれた。
サクちゃんの存在が、あーいいなあ・・・と思ってみたり。
(自分も不安定で、そういやうちの相方はそんときもいつもどーりだなー・・・なんて、思い返してみたり)

冒頭の2人の会話の続き。
サクちゃんの「幸せ」を聞いたチエ子さんの返答は、「へー」。
「へーってなんだよ」とサクちゃん。アハハハと笑うチエ子さん。

チエ子さんは胸がいっぱいになって
何も言えなかったのです

サクちゃんは幸せって何かを即答した

即答したのです

そしてその答えには美しさが宿っていました


ベタベタした装飾なんてない、ただありのままにかかれたこの場面が一番好きです。
心多くて泣き虫になりがちのチエ子さんと、そんなチエ子さんに「またか」となりつつ、いとしいサクちゃん。
下手な言葉も飾り付けも、もうなにもいらないでしょう。
それに、ただ、あったかいなあと思っただけなのに、このじんわり染みるあたたかさはいったいなんなのでしょう。

下手したら、こっちまでちがう泣き虫になりそうでした。
お気に入りをとおりこして、いっそ宝物にできそうなくらい好きな本でした。

益田ミリ 『泣き虫チエ子さん(1)』 集英社 愛蔵版コミックス
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。