コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

こうの史代 『街角花だより』

街角花だより (アクションコミックス)街角花だより (アクションコミックス)
(2007/03/12)
こうの 史代

商品詳細を見る


1つの花に想いを託せば、新しい人生までも見えてくる・・・
花を心から愛している花屋の店長と店を訪れる客たちのハートフル・ストーリー。(帯より)

久々にこうの史代さん作品の紹介。
wiki読んでて知ったんだけど、これ(街角)がデビュー作だたんですね。
「さんさん録」や「こっこさん」みたくほのぼのしたのも好きですが、
こーいうちょっと遊び心?ちょっとわるふざけ?じみた物語も好きです。
4話収録。(うち2話、街角花だよりの「日和版」「明石版」)

街角花だより(日和、明石版)・・・

花屋の店長、日和うららさんのもとへ、不動産会社の清川凛さんが家賃の取り立てに来たところから物語はスタート。
現金代わりに受け取る手はずだったコスモスの(500年前の)鉢をうららさん、凛さんがうっかり割ってしまったことから凛さんは会社をクビになり、うらら店長の店で働くことに。
最初は何となくつんけんしてた凛さんも、ぼわーっととぼけたうらら店長の店で(うらら店長からの、妙に熱い視線を受けながら)ざくざく働き、そのうち花やお客を通していろいろなことに触れてゆく・・・・・・という、おおまかに言えばこんな感じの話。(いいのかこんな説明で・・・)
 
ちなみに「明石版」では、店長のめちゃくちゃ意外な素顔(?)が判明!

俺様!・・・
町の小さな本屋でバイトしてる小川俺様くんはうだつのあがらない眼鏡男子。
そんな俺様が、店にやってきた年上(なのか?)の女性に恋をした。
好きな女性に見てもらおうと心機一転、仕事に精を出す俺様だったんだけれど・・・。

願いのすべて・・・
犬のノンがサンタクロースにお願いしたこと。
それは人間の女の子になって、大好きな秀さん(飼い主)と暮らすこと。
そうしてノンの願いは叶った。けれど正体がばれたらもとのノンに戻ってしまう。
ばれないように、けれど大胆に秀さんに接近するノン。
そんなノンは、姿形は完全に人間だけれど犬の習慣はそのまま。
そんなこんなで、実際は思ったようにはいかなくて・・・。

「願いのすべて」はもちろん、収録作品すべてに言えることなんだと思うけれど。

こうのさんの作品って単一色じゃない。

たとえば「可愛い」とか「心温まる」ってだけの話にしないで、ところどころでさりげなく、読んでるひとをく「くくくっ」って笑わせてくれる。←(個人的には、日和店長の凛さんへの「熱い視線」が代表格)

キャラクターにしろ、日和店長はぼんやり天然キャラかと思えば「案外キレ者?」ともとれるし、凛さんは凛さんで「つっけんどんなぐーたら+ちょいとナルシスト風」女かと思えば案外純真じみたところもあり?と思わせたり。(もちろん、さりげなく)

劇的な展開もすんごくドラマチックな展開もないのだけれど(「願いのすべて」ですら、けっこーコメディタッチで描かれてるし)、のんびり読んでくすくす笑って、そのうちじんわりなんか暖まる気がする。そんで読んだ後、ちょっと目立つところにさりげなーく立てかけておいて、「この本ちょっと良かったよー」ってちょっと小声でつぶやきたいような、そんな本。

よくわからない? まー物は試し。 
まず一度、ちょいと読んでみてくださいな。
意外とね、気に入ると思いますよ。

こうの史代 『街角花だより』 アクションコミックス
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。