コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

加納朋子 『ささら さや』

ささらさや (幻冬舎文庫)ささらさや (幻冬舎文庫)
(2004/04)
加納 朋子

商品詳細を見る


「馬鹿っサヤ。おまえがそんなに馬鹿だから・・・・・・そんなに弱くて頼りなくて馬鹿だから、俺は成仏できないんだぞ」

突然の事故で夫を失ったサヤ。残されたのは、まだ首もすわらない赤ん坊のユウスケだけ。
ユウスケを養子にしてくれと迫る夫の親族から逃れ、サヤは名も知らない田舎町、「佐々良」へと移り住むことに。
けれど移り住んだ町、佐々良では不思議な事件が次々と起こる。
消えてしまったおあばさん、一泊した旅館での怪現象、宅配便で送られてきたのに、なぜか空っぽの箱、姿の見えない子ども、何かを待っている老年の女性。
困り果てるサヤを助けにきてくれたのは、つかのま他人の姿を借りて戻ってきた夫だった。
姿亡き夫や、佐々良の町で出会ったひとたちと過ごす時間で、少しずつサヤは立ち直ってゆく。
けれどある夜、高熱を出したユウスケが誘拐されてしまい・・・・・・。

もう何度も読んでるんだけど、読むたんびにぼろぼろとみっともないくらい泣けてしまう物語。
お涙頂戴の物語に見えるんだけど、素朴で極上で、素敵な気持ちのいっぱいつまった物語。

だれかをこころの底から愛して、ときに守りたいと強く想うこと。 

もし必要なら、敵を引き裂く爪を持て。その喉笛に食らいつく、牙を持て。

甘ったれな弱虫だと、自分でも自覚してたサヤがいつのまにかこんなに強くなっていた。
それを見届けた旦那さんの気持ち。
べタかもしんない。でも思い出すだけで泣けてくる。
この本につまってるのは、いつでもどこでもだれかを愛する気持ち。
あったかいんだ。なんでこんなにあったかいんだろ?

宝物。これはホントに、宝物の本。

加納朋子 『ささら さや』 幻冬舎文庫
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ささらさや 加納朋子

事故で夫を失ったサヤは赤ん坊のユウ坊と移住する。 不思議な事件が次々に起こる。その度に亡き夫が他人の姿を借りて助けに来るのだ。 頼...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても心が温かくなるお話でしたね。
トラックバックさせていただきました。

藍色さんへ

藍色さんこんにちは!

ほんとに素敵な物語ですよね(^^)
コミック版もかなりの名作でしたので、ちょいとお勧めですよう。

たくさんトラバしてくださってありがとうございます!

こちらからもトラバさせていただきたい記事がいくつかありますので、トラバの送信を勉強してからお送りします(そこからかよ!)

それではまた。
プロフィール

小津りゆ

Author:小津りゆ
3年ぶりぐらいですが、ログイン。夢だった資格をとってそれなりの仕事始まったはいいものの、現実にどっしん追突し、車体ボロボロ、エンジンぷすんぷすん状態です(なにそれ)。仕事の本ばっかりで、めっきり小説を読む時間が減。もしかしたら引っ越しして続編するかもです。

※since 2008.2.17

※オリジナル物語サイト、始めました。『ことあら』(リンク欄からどうぞ)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。